ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



激熱!? スーパーボイルキメジ船!!(2015/08/11)

カツオ釣行記




釣行データ
釣行日 2015/08/11 (火)
船宿 五エム丸/カツオ・キハダ船
竿 自作(先径2.2mm元径14mmのグラスソリッド)
リール シマノ(SHIMANO) ティアグラ30A
ビシと天秤 青物バスター100号  305式 NH型天秤
天秤とショックリーダーの結節具

トローリングスナップ5号 (ショックリーダー:カーボナイロン24号/100lb3m、結節はPRノット
 PE8号500m

仕掛け ハリス16号4.5メートル 閂キハダ15号
水温 26.8 度
澄み  ゆるい  棚 15~40m 
パターン 中潮1日目  (干潮 8:05)
月輝面 -12.0% 月齢26.1
北東 弱い
波高 0.5-1M
天候 晴れ
船の釣果 キハダ: 0 – 22㌔
キメジ: 0-2本
自己釣果(右舷ミヨシ) (๑ˇεˇ๑;)•*¨*•.¸¸♪

10801693_1571465379735268_7752380825227117056_b
まだまだ始まったばかりのカツオ・キハダ釣り。

 

であるのに最近は各船の釣況があまり芳しくないようで「渋い」と思って敬遠される方も多いようです

 

確かにカツオは少ないですが、
キメジ・キハダはたくさんいます。

 

むしろキメジを釣りたいって方には
チャンスなんじゃないでしょうか 
( ˘•ω•˘ )?

 

8月11日はどんな状況だったのでしょうか。

 

 

さっそくいって参りましょ!ヽ(`Д´;)ノ

DSCN8043b

午前7時10分、

我らがキハダプロジェクトリーダーを発見! (そっくりだったので見間違えました。人違いだったようです

 

ちょうど相模湾のど真ん中で釣りが開始されたころです。

 

 

DSCN8048b

水色は澄んでいました。

 

カツオやキメジは潮が暗いと沈む傾向にありますが、水色が澄んでいるならいつ浮いてもおかしくない状況です。

 

しかしどういうわけか指示棚は40メートル前後と深く、朝のうちは魚が浮いてくる気配がありません

 

それでいて群れのスピードが速いので、各船仕掛けを下すタイミングに苦戦しているようです。

 

 

 

DSCN8050b

なにしろカツオが釣れないのですからとても好調とは言えませんが、キメジの群れを追いかける船団は健在で、

 

 

 

DSCN8046b

ポツポツと

 

 

 

DSCN8060b

各船にヒット!

 

 

 

DSCN8056b五エム丸でも大トモにヒットキタコレ!!ヽ(`Д´;)ノ 

 

 

 

 

DSCN8061b

そしてわたくしにも…!!!!

 

 

 

DSCN8063b

チップがありました(๑ˇεˇ๑)

 

 

…(๑ˇεˇ๑;)チーン

 

 

 

DSCN8097b

状況が変わってきたのは午前10時過ぎです。

 

群れの動きが次第にまったりとしてきました。

 

こうなるとキハダの雰囲気を感じるのは
わたしだけじゃないと思います。

 

各船、魚の行く道を先回りして、その様子をソナーや目で確認しながら、様子を見つつ仕掛け投入の合図を出しています。
 

こんなとき、 

 

 

DSCN8023b

魚はまだ船下に入っていないことが予想されます。

 

そこで、コマセ缶を閉じ気味にして、いざというときコマセが残るように調整するのもアリでしょうか。

 

コマセを振らないのも一手だと思います。

 

もちろん投入の合図でしっかりコマセを振っても、しばらくしてから当たるときは当たりますので…

 

こういった駆け引きはなかなか難しいです(^o^;) 

 

 

 

DSCN8099b11時過ぎ、状況は次第に良くなりはじめ

 

 

 

DSCN8098b

五エム丸でもダブルヒット!!

 

 

 

DSCN8103b

そして11時20分には左舷大トモで

 

 

 

 

DSCN8104b

 キハダゲット!

 (๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

 

 

DSCN8149bさらに状況は変化し続け…12時頃でしょうか。

 

ボコボコ…

 

 

DSCN8148b

ボコボコと…(;゚;Д;゚;)

 

 

 

DSCN8123c船団の至るところでボイル多発!!

ヽ(`Д´;)ノ

 

キメジが各船の隙間をぬうように豪快に
跳ねはじめたじゃありませんかっ!(`д´/;)/

 

 

 

DSCN8150b

右にも左にも、 

 

 

 


こんなボイルがあちこちで
出まくり興奮状態!!(`д´/;)/

 

いつどの席でヒットしてもおかしくない状況が最後まで続きました。 

 

キタヨキタヨー=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑=͟͟͞͞(๑•̀д•́๑) 

 

 

DSCN8067b

そんな状況を見て、

 

「餌がこまけぇな」

 

とつぶやくのは同船した丸ちゃん船長。

 

どうやらキメジが捕食しているのは
イワシになりきれていないシラスのようです。

 

つまりベイトが小さく、だからでしょうか
同じ群れを追っている船を見る限り、ジギングよりコマセのほうがこの日は優勢だったように思います。

 

イワシを追う群れより、シラスについた群れのほうが、よっぽどオキアミを食べてくれそうじゃないですか??

 

 

そして終盤戦!

DSCN8144b

ででで出たっ

サメ付きナブラ!! 

 

船団で同じポイントを攻めた結果?!
サメもおびき寄せてしまったようです。

 

そうなんです。

 

サメがいることはわかっていたので…

 

 

DSCN8091b

ヒットと同時にスーパーゴリ巻きいざ勝負!!(`д´/;)/

 

そしてあっさりと
サメに献上!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

数メートルも巻き上げないうちに
とんでもない勢いでドラグを出されて一貫の終わりでした(๑ˇεˇ๑)

 

…(๑ˇεˇ๑;)•*¨*•.¸¸♪

 

 

 

DSCN8171b

それでも獲る方と、
獲れない方の差ってなんでしょうね。

 

シミュレーションその1 
  1. ヒットと同時に合わせを入れて、
    カンヌキに掛けると同時に魚の顔をこちらに向ける。
    -
  2. ドラグを締めて強引に巻く。
    -
  3. しかし一度も走っていないキメジは体力を持て余しているため、ほとんどのケースで巻き上げ中に下に突っ込もうとする。
    -
  4. ドラグを出せるほどのパワーを持っていないキメジはその場に停滞するか、良型だとドラグが引き出されたりする。
    -
  5. こうしてモタモタしている間にサメに狙われる。

 

ならば、はじめにある程度走らせたほうが良いのでしょうか。
こればかりは状況によると思いますが、

 

 

シミュレーションその2 
  1. キメジとは言えファーストランは走らせてあらかじめ体力を奪っておく。
    -
  2. 走りが止まったその一瞬の隙に食われるケースもあるので、
    -
  3. 魚が止まりそうなタイミングを見計らってドラグを増し締め
    -
  4. 一気に巻く!! 

 

 

 

DSCN8169bいずれにしても、アオザメの遊泳能力はサメの中ではもっとも速く、瞬間的には時速35㌔にも達するそうですから、ターゲティングされたらアウト

 

何やったって獲れるときは獲れるので、
一番必要なのはかもしれません ( ˘•ω•˘ )

 

 

DSCN8173b

そんなわけで船中10人で9ヒット、

6ゲット!!(๑•̀ㅂ•́)و✧ 

 

残念ながら
わたしはボウズでしたが…(ノ ̄△ ̄;)

 

そもそもキハダ・カツオは
博打性の高い釣りものです!

 

 

DSCN8166bせっかくの夏のお祭り
楽しんで参りましょっ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top