ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



まさかの大鯛、イナワラフィーバー!(2013/12/07)

マダイ・ワラサ釣行記



 釣行データ
釣行日 2013/12/7(土)
船宿 五エム丸 / 午後真鯛
竿 ダイワ(Daiwa) ヘルバイパー 270(II)
リール ダイワ(Daiwa) レオブリッツ 270MM
仕掛け1 ハリス3~4号8メートル1本針、 一刀真鯛8号
仕掛け2 ハリス5号1本針6メートル、真鯛王8号
仕掛け3 ハリス8号1本針6メートル、ワラサ王8号
ビシとテンビン 夢の天秤    サニービシL80号
水温 16.5℃
葉山沖:うす濁り、ゆるい  棚40-70m
パターン 中潮3日目  (満潮 8:25 干潮 13:45)
月輝面 +23.0% 月齢4.1
北東、弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 真鯛:0-3  イナダ:0-6  ワラサ:0-4  石鯛、花鯛
自己釣果(左舷ミヨシ) 真鯛:1  イナダ:3  花鯛:1

 

 

DSCN6178b

ぽかぽか陽気の釣り日和。

 

 

 

 

 

DSCN6175b

人数もそこそこ集まり活気づいた真鯛船、
いつもの葉山沖、56メートル立ちから期待をこめてスタートです^^

 

 

 

 

 

 

DSCN6180b

本日は、しょっぱなから左舷側にヒット連発!

同列にすわった私も期待しますが、ここはスルーされ
そのまま右舷側にヒットが移行します。

 

あら…?

こういった時合いは逃すと痛いですね…。

 

 

 

 

真鯛は運なのか、腕なのか

 

「棚いくつ?」

「プラス2メートル」

釣った方と釣れない方の会話が聞こえてきます。

 

みな指示通りのプラス2メートル、
私もプラス2メートルです。

 

では、釣れる方と釣れない方の違いは、なんでしょう

 

「真鯛は運だよね~」と言う方もおられますが、
「運だと思ってたら腕上がんないよ」と、真治船長は言います。

 

棚が同じなら、違うのはコマセワーク。人によって、コマセワークは実に様々です。あえてベタ底でコマセを振って、餌取りを寄せつつ、付け餌が落下しないうちに棚を切る方もおられます。

 

 

DSCN6189B

私の場合、餌取りを嫌って、付け餌が落下しないうちにまず4メートル上げ、そこで何秒か待ちます。ビシからポロポロ出るコマセで鯛を寄せながら、潮になじむ付け餌と、コマセの同調を待つイメージです。

 

本日はいきなりの好活性、思ったより底潮が流れているのかもしれません。待ち時間を短めの5秒とし、2メートルおきに2回、コマセを振りあげると…?

 

 

 

 

 

DSCN6181b

魚信到来!
竿を立てると同時に、弱めておいたドラグが鋭く引き出されます。

 

ごっつい手ごたえ~^^

 

何度となくドラグが滑り、なかなか上がってきませんが、ハリスは3号ですから、ドラグを締めるわけにはいきません。スプールを指で押さえながら、やや強引に竿を立て、引き込まれたら指の圧力を弱めてコントロールするというのが、自分流。

 

「慎重にやったほうがいいよ」とベテランの方。

 

「夕方までやってていいよ」
とは中乗り(兼船長)の中澤さん

 

いつの間にかたくさんの方に見守られ、茶化されながら
浮上したのは…?

 

 

 

 

「おお、でかいよでかいよ!」

 

 

 

DSCN6184b

なんと、大鯛~^^

 

5㌔オーバーなんて初めてです。
嬉し~^^

そうとわかっていたら、
ビビって釣れなかったかもしれませんね(笑)

 

 

ハリスは3号、針は「一刀真鯛8号」です。

 

 

 

 

 

DSCN6199B

次いでイナダのポイントへ。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6186B

ここで試したかったのはイカタンです^^;

もしかするとワラサが掛かるかな~なんて期待したのですが…。

 

 

 

ぼよん、ぼよん、

と竿が跳ねるだけで、針がかりせず
やはりイナダに「イカタン」はデカすぎるのでしょうか 

 

 

 

DSCN6202B

オキアミの抱き合わせに変更すると、すぐに当たり到来^^

 

 

 

 

 

 

DSCN6204B

5号ハリス、6メートルの仕掛けで、出遅れながらも計3本を追加。

ちょうど潮どまりの時間帯だったこともあり、
活性はいまいちでしたが、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6210B

次いで移動した70メートル立ちでは、潮流れだし当たり活発!

 

まるでマグロのようにドラグが出るのでビックリ!?
あわてて竿を立てると、ぶちっと瞬殺!

ハリス切れかと思いきや、なんと針が折れていました

 

正体はワラサです。

 

完全にフィーバータイムに突入し、右で左でワラサのヒット。ここで冷静に、ハリスの号数を上げればよかったのですが、作り置きがなく、4号ハリスで奮闘しながらも、あと一歩のところでハリス切れ連発~

 

 

 

 

DSCN6231b

こうなったら時間のロスを覚悟して仕掛けの作成です。
ハリスは8号、針はワラサ王にて挑戦しますが…

 

 

 

 

 

 

DSCN6187b

時合いを逃してワラサ時間終了~^^;

悔しい~!
イカタン(5mm x 5cm)の食いは良かったですけどね

 

コンスタントに4本釣られた方に聞いてみると、
ハリスは5号だったそうです。

 

 

 

 

 

13864097602253b

最後に55メートル立ちへ移動し…。

 

 

 

 

 

 

 

 

13864096969411b

ロスタイムに花鯛を追加して、終了となりました。

 

花鯛や小鯛は「笹漬け」にすると美味しいので、
これはこれで嬉しいですね~^^

 

 

 

 

 

 

 

CIMG1119-72995B

今回は記念になりました!
真治船長とハイタッチでほくほく気分です~^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top