ごまプリン のすべての投稿

はじめまして^^ 管理人のごまプリンです。   相模湾を中心に釣らせてもらってます。 もう30代後半なのに頭の中が釣りばっかで困ってます…。   東京都在住。  

【トンジギ】【伊豆半島南西沖】ビンチョウマグロ釣ってきました!!(2021/03/23)森竜丸

釣行データ
釣行日

2021/03/23 (火)

船宿 森竜丸/遠征船(ジギング)
スピニングタックル(サブ)

ダイワ キャタリナ J60HS・E
 ダイワ キャタリナ 4500H PE:ヴェラガス船4号300m

ベイトタックル(メイン)

ダイワ キャタリナ AP J59HB 
シマノ  オシアジガー 2000NR-PGPE:PEX84号300m

リーダー(ハリス) プレミアム万鮪 22号 2m(結節はPRノッター) 
アシストフック ブルーチェイサー 7/0
水温

18.2度

澄 緩い メインの棚 70~100m

パターン(式) 若潮  (満潮 7:48 干潮 14:15 )

南西 やや強い

波高 1-1.5M
天候 晴れ
船の釣果

びんちょうマグロ:8-18kg  0-3本

自己釣果 びんちょうマグロ:8-18kg  3本

 

ジギングでマグロが釣りたい!!

77331b胸びれが長いことから「トンボ」と呼ばれるビンチョウマグロ。そのトンボをジギングで釣るから「トンジギ(ノ*>∀<)ノ

 

おもに三重県の沖合で有名なこのトンボがなんと関東圏(伊豆半島南西沖)でも釣れているということで、マグロ好きな関東圏のアングラーにはとてもありがたい状況があるようなのです!!

 

1616490189-1-2860-ckbというわけでこの日はマグロハンターの今泉さんにお誘いいただきまして、今泉さんの友達の浅井さんと3人で森竜丸にお世話になりました。

 

※乗り合い船は6名からの募集だったところ、5名しか集まらなかったので料金を相談して出してもらうことに(*´∇`*)

 

森竜丸

当日は4時集合。

 

南西沖まで約3時間のプチ遠征船です。
場所まで雑魚寝スペースでゆったりしながら現地到着を待ちます。

 

行きも帰りも横になれるのはありがたいですねー^^ 

 

新島

新島と神津島の西沖あたりまでやってきました。

 

さあシャクり倒すよ~
(*´˘`*)٩(ˊᗜˋ*)و
エイオー

 

 

実釣してまず思ったこと

スピニングタックル

キっツい…(°Д°)

 

スピニングリールキッついス…(꒪⌓꒪)

 

sabasaba

棚は終日ほぼ70-100mとそんなに深くはないものの、

 

…最初はサバの猛攻がひどくてねぇ(ノ ̄△ ̄;)

 

スピニングタックルは巻きが重くて、水深100mのサバの連続回収はなかなかにハードですた…( ˘ω˘ ; )

 

ベイトタックル

だもんで、秒でベイトタックルに変更です( •̀∀•́ )b

 

オシアジガー 2000NR-PG
これ本当に楽です。

 

サバの回収もものともせず1日シャクリ倒せる滑らかな巻きごこち。

ただし自分にとって慣れないベイトリールは糸の回収が課題となりました。電動リールのようにレベルワインドがないので糸が自動整列されず、意識してないと糸が偏ってしまうんですよねー^^;

 

スパンカー

なお、森竜丸を含め、見渡す限りの船はスパンカーを張っていたのでおそらくは全船、エンジン流しです。

 

ドテラ流しのように横流しであればスピニングに利があるものの、バーチカル(縦)の釣りではなおさらベイトリールに利があるかもしれません。

 

もちろんリールは好みなんですが^^

 

トンボ弱いかも…

S__13091014

船中ファーストヒットいただき~(๑•ㅂ•)و✧

 

4㌔に設定したドラグをちょろちょろっと出しただけで、すんなり上がってきた9㌔くらいのトンボちゃん。

 

同サイズのキハダと比べると明らかに弱いです。

 

トンボ狙いはブリタックルでOKと言われる理由がわかりました。

 

でも、もし、この日別船で上がった50㌔クラスのキハダが自分のジグに喰ってきたとしたら?

 

そう思うと、竿は強いに越したことはないと思ってしまうのであります^^;

 

フックセッティング

 フックセッティングのご紹介。人によりこだわりの分かれるところですが、一応ぼくのおすすめです^^

 

トンボ狙いのジグはなんでもいい?

162044041_1143655036058930_5594076717947253997_o

facebookタナジグより

どうやら「あいやージグロング」がもっとも人気があるらしく、次いで「うろこジグ」「剣屋一徹ジグ」などが釣れるジグとしてネットで紹介されています。

 

色は「フルグロー」や「グローヘッド」等のグロー系が良く、次いで「シルバー」系が良いという情報が…。

 

あるんですけど人気ありすぎて全然売ってないんですけどどういうことっ!?ヽ(`Д´;)ノ

 

剣屋一徹JIG

今回は「剣屋一徹ジグ」と「キングスラッシャー」を入手しました。

 

キングスラッシャーはとくに情報はなかったものの、外房でもブリ、サンパク、ヒラマサが釣れるジグです。

 

シルエットはあいやージグロングにも似ているし、
びんちょうマグロにも効くでしょうか?

 

結論から言うと、この3本はどれも釣れました^^

 

18㌔のびんちょう

むしろラスト1投で釣れたこの日最大の18㌔は、

 

キングスラッシャー

キングスラッシャー(アルミシルバー)240gでありんす !!(`д´/;)/

 

キングスラッシャーが良いなら
ロング系のジグは色々試せそうですね^^

 

イワシ

参考までに胃袋から出てきたベイトはよく太った20㌢弱のイワシでした。

 

このイワシを見て思いました。

 

本当にロングタイプのジグがベストなのかなー。

 

色々考えてしまいます。

 

で、

 

スピードスラッシャー

今泉さんはスピードスラッシャー(ピンク)300gで2本ゲット!!

 

まさか、落下速度重視の文鎮とばかり思っていた「スピードスラッシャー」で釣ってしまうのだから、これは腕でしょうねぇ笑

 

あさいさん

浅井さんはうろこジグ 200g (ウロコシルバー)で2本!!

 

今日一のマッチザベイトはこのジグな感じがしました♪

 

当日のヒットパターン

電動ジギング21

今泉さんは電動ジギングです。

 

1秒に1回か、それより若干速いくらいの丁寧なシャクリ。

ビシッ、ビシッと緩急のあるシャクリながら、竿が柔らかいので余計なスライドはなさそうな感じでした。

 

30㌔のキハダを5分で上げる脅威の腕は、10㌔に満たないトンボには可哀そうなくらいの瞬間移動で船上へ… (ノ´∀`*)

 

あさいさん2

ぼくと浅井さんはオシアジガー2000NR-PG、
または2001NR-PGのワンピッチです。

 

浅井さんの1回目は「移動します」のアナウンスで回収しているときに水面直下でヒット。

2回目は、1秒に1回(もしくはそれより気持ち速いくらいの)わりと緩急のある丁寧なワンピッチでした。

 

ぼくのヒットパターンは3回とも
5秒に8回のやや速めのワンピッチでした。 

どうも気が緩んだときにヒットするようで、あまりスライトやフォールを強く意識してシャキシャキ動かしすぎると反応が薄く、

あくまでノーマルかやや緩めのワンピッチで反応があった印象です。

 

9kg

いや~ポツポツ当たる日に来れて良かったです^^

 

「トンボは誰かが掛けると突然スイッチが入りバタバタヒットし始める」とネットに書かれていたような良い日に来れれば、

きっと入れ食いなんでしょうねー( ̄▽ ̄)

 

さて、ビンチョウマグロは旨いのか。

77326b

なんでも漁師さんは沢山釣れると真っ先にこのトンボちゃんを捨てるらしいじゃないですか!ヽ(`Д´;)ノ

 

なんてこった!ヽ(`Д´;)ノ

 

ビンチョウマグロってそんなにおいしくないのかな…(T-T)

 

でも回転寿司のトロビンチョウは人気あるよね!!ヽ(`Д´;)ノ

 

まあ捌いてみればわかることです。

 

DSCN5883b

 

 

DSCN5887b

普通に脂すごいんですけど…

 

sashini

どれどれ。

 

…∑( ̄□ ̄;) !!

 

 

DSCN0236b

うまー(。>д<) 

 

トロの部分は一発で脂がふわって浮きました。

 

熟成2日目だったのでまだ味が薄いですけど旨みはしっかりあります。

 

背中のほうは

まああっさりしてますけど、

お寿司にしたら相性良さそうな味ですわ~(ノ´∀`*)

 

【相模湾キハダマグロ】リアルオキアミ情報2020!

ダイワ快適リアルオキアミワームが凄い件

 

DSCN4592b

昨今話題のダイワ「快適リアルオキアミワーム」。

そのリアルな出来映えがすごいと評判となっております。

 

DSCN4595b

「ボイルカラー」にもケイムラが仕込んでありますねー^^

 

ボイルオキアミ

触感も柔らかく針も刺しやすいです。

丸掛け、1匹掛け、半丸掛けなど、
針の刺し方で意図した形が作れます。

あんまりグサグサやり過ぎるとボロボロになってしまいますが、最適といえる硬さだと思います。

 

リアルオキアミボイル色b

とにかくリアル^^

ですが、あえてこの「ボイルカラー」にひとつ注文をつけるとしたら、

 

20201021_115249b

並べると色がちょっと違う^^;

ロットにより微妙に色が違うのかな。

色を扱う仕事をしているので
この微妙な差がすこし気になってしまうのです^^;

 

20201021_115249c

画像加工ソフトで青を抜くとほぼ同色になりました。

もしかするとケイムラを仕込んだせいで青に転がったのかも?

どうでしょう^^;

 

…。

 

まあ些細な問題ですね^^;

 

本題です。

 

122466871_1040503963038733_8020318182865683780_n

マグロもターゲットになるこのワーム。

本当にマグロが釣れるのでしょうか?!

 

快適リアルオキアミワームで本当にマグロが釣れる?!

narugin_chouka1 

去る2020年9月23日。

時化前の荒食いデーがありました。

2年連続同日に時化前のXデーとあっては、
来年も同日は要チェックですね^^

 

写真は成銀丸の釣果です。

マグロの釣り方もちょうど「追いかけ」から「流しマグロ」の変換期。

ちょうどこの日の前後あたりから、二宮~小田原寄りの沖でコマセにつくマグロナブラが増えたと思われます。

 

で、

 

narugin_chouka

Facebook友達の秋山さんが釣っちゃったよぉー(((º▽º ;;)

 

ダイワ快適リアルオキアミワーム。

ボイルカラー。

3L。

本当は一番人気のLLが欲しかったそうです。

しかし当時はamazonでも楽天でも手に入らなかったようで3Lを使用。

 

なんと丸掛けだそうです。

針先は出さずに丸掛け1尾!

 

choukadn

「針先を出さずに針掛かりするのだろうか?」という疑問はしかし、釣果が問題ないことを証明しています。 

 

むしろ丸掛けは飲まれにくいのかもしれず、胃袋の中に入ってしまった針さえも引き出してくれるかもしれませんね^^

 

choukac

ご本人さま曰く、

「すでに快適リアルオキアミワームとオキアミの抱き合わせで釣果を出している船宿がありました。その話を聞いて、遊び半分で丸がけにしたら、釣れちゃいました」

 

流石としか言いようがありません^^;

 

さらに
「食い気があるときだけのような気もします」
ともコメントしてくださいました。

 

確かに、2020年、秋も深まり、「小田原沖」から「瀬の海」のあいだに出現するモンスターのサイズがどんどんデカくなってきており、

「流し釣り」の難易度も確実に上がってきています。

そんな中、ワームに期待するのも見当違いなのかもしれません。

 

しかし!ヽ(`Д´;)ノ

 

ボイルオキアミ

「活性が良い」ときや、初期の「追いかけ」など、コマセの振り方が雑になり「オキアミが取れやすい」ときほど活躍するのかもしれず、

タックルケースに一つもっておいても損はないワームだと思うのです^^

 

もし、10月以降の「流し釣り」でもこのワームで釣れたよ!と言う方、いらっしゃいましたらぜひ連絡をください(*≧∀≦*)

 

※追記:facebook友達の古市さんより情報頂きました!

furuichi

 

※写真は過去の釣果写真です。

=================
9月26日 瀬の海あたりで。追いかけ。
3L とLL 生オキアミカラーを抱き合わせで当たりました!
しかしリングを投入したら、リングが針外しになってしまい残り30m位でフックアウト。

海園とリングが海の底に…(T⌓T)
=================

ありがたい情報に感謝です!!

 

ちなみに、昨今の難易度の高い「流し釣り」でもマグロの実績がある疑似餌がありますね。

 

それは…!

 

本家リアルオキアミ

元祖「リアルオキアミ」だぁっ !!(`д´/;)/

ワームに比べ首がユラユラ動くのが良いのかなーなんて思ったりします。

 

2019年から釣果は多数確認されており、
モンスターサイズの実績も確かなようですぞ^^ 

ガイドラッピングは2重巻きとダブルラッピングどっちが良いの?

ガイドラッピングの「2重巻き」

DSCN774b

ガイドラッピングの「2重巻き」とは、

 

  1. ポリスレッドなどの強力なスレッドで通常通りガイドラッピングを行う。
  2. その上から飾り巻きなど(総糸巻き用のスレッド等で)2重にラッピングを行う。

 

①で強度を確保しておき、②で装飾するというラッピング方法が「2重巻き」です。藤沢釣具はこの方法を推奨しており、①のスレッドにはジャストエースのCスレッドなど、太め、強力なポリスレッドを使います。

 

今までは何の疑いもなく
この手法で大物ロッドを何本か作ってきたのですが…

 

同じことをやってると飽きるじゃないですか(^o^;) 

 

そこでメーカーがよく採用している
「ダブルラッピング」というのをやってみようと思ったわけです。

 

「ダブルラッピング」とは

シーケンス 01.Still028c

ダブルラッピングとは、

  1. ブランクにスレッドを巻く。(総糸巻用のスレッドでOKだが、薄く仕上げるなら毛羽立ちの少ないCスレッド等)
  2. その上にガイドを乗せ(強力なスレッドで)ガイドラッピングを行う。

 

ガイドとブランクの間にスレッドを巻くことで、適度な遊びを作り、高付加時の素材への緩衝力を分散することで、ガイドの取り付け強度をアップするというラッピング手法です。

 

さて、この「ダブルラッピング」を行ったロッドメイキング動画を公開したところ、

 

   

「大物竿のガイドラッピングは二重巻きにしないとクラック入りますよ」というコメントを頂きました。

 

ありゃ(。-_-。)?

 

確かに「ダブルラッピング」のガイドラッピングは一重ですが、

しかし多くのメーカーが大物竿にこそ採用している「ダブルラッピング」がダメなんてことはないでしょ?(ノ ̄△ ̄;)

 

と思ったところ。

 

ふと「ダブルラッピング仕様」をHPに謳うロッドの共通点に

( ゚д゚)ハッ!

としました。

 

大物竿にダブルラッピングを採用する理由

DSCN3476c

理由は簡単。

ダブルラッピングを採用する竿のほとんどが「ウレタン塗装」だからです。

 

「ウレタン塗装」に「総糸巻き」と同様のクッション性は期待できないため、「総糸巻き」と同じ原理の「ダブルラッピングの下巻き」を施し、部分的にクッション性を得ようというのがダブルラッピング。

 

DSCN4281d

「総糸巻き」と「ダブルラッピングの下巻き」の違いは、スレッドを全体に巻くか部分的に巻くかの違いのみで、ガイドとブランクの間に適度なクッション性を確保している点では同じです。

 

つまり総糸巻きロッドにダブルラッピングは必要ないわけです。

 

…では (^O^;)?

 

総糸巻きロッドにダブルラッピングした場合は?

 

ダブルダブルラッピング(°д°) ?

 

おそらく無害ですが
わざわざやる意味はなさそうです…(笑

 

…。

 

…(꒪⌓꒪)チーン

 

竿師が「2重巻き」を推奨する理由

DSCN7781b

竿師が2重巻きを推奨する理由。それは「2重巻き」のほうがスレッドの選択肢が多いからです。

 

29089b

総糸巻で仕上げる竿師はやっぱり華やかな竿を作る傾向にあるので、ラメスレッドの選択肢は多いほうが良いです。

 

しかし、強靭なラメスレッドとなると、ラインナップが極端に少なく、知る限りサオヒロの太巻用ラメスレッドくらいしか思い当たりません。

 

そこで「二重巻き」の一重目で強度を確保しておき、二重目でラメスレッドを自由に選択してデザイン性を上げるというわけです。

 

自由にデザインしたいなら「2重巻き」。

 

ごくシンプルな理由ですね^^

 

というわけでスレッド選択の失敗談

シーケンス 01.Still025

バンディットキハダ170のリメイクで使用したスレッドはすべて「スケルターワークスのラメスレッド」です。

 

エポキシを吸って暗く落ち着いてからの発色もよく、立体感があり、独特の色気があって気に入っております^^

 

しかし…。

 

DSCN4380b 

LM01〜LM11ガイドラップに最適です。ブランクに総巻きした場合、やや太めに仕上がります。
LM12〜LM31ブランクの総巻きに最適です。また、ガイドの小さな場合のガイドラップにも適しています。

まさか番手によって強度が違うとは(笑

 

ガイドラッピングに弱いほう使っちゃったじゃんけ~(T-T)モーモーナクヨー

 

早い段階で
クラックしそうです (ノ´∀`*)アハハハ

 

まあ使うけどね(•̀ᴗ•́)و ̑̑

 

DSCN3472c

ちなみにバンディットキハダ170のダブルラッピングに使われていたスレッドは、見た限りでは「JUSTACEのメタリックスレッドC」ぽいです。

 

Cスレッドは強力なポリスレッドなので、
1重巻きでも問題なさそうですよね。

 

DSCN3112c

それでも、4本マグロを獲った後の10番ガイド(高負荷部分)には派手なクラックが入っていました。

 

ダブルラッピング x Cスレッドとはいえ、このくらい派手にクラック入っちゃうんですねぇ。

 

20200206_01311c 

藤沢のSグラスロッド「165-13slim-HH」に使ったスレッドは比較的強いスレッドではあります。

 

 

中物対応ってのが微妙ですけど

 

DSCN4382d

でもほら見て!ヽ(`Д´;)ノ 

 

超強力って書いてあるよね!(`д´/;)/

 

ポリエステルだし!!ヽ(`Д´;)ノ

 

引っ張っても千切れたこと一回もないしーヽ(`Д´;)ノ

 

中巻用
中物小物~中物ロッドのガイド上巻用、グラス・カーボンブランク本体の総巻用に使用できます。

 

なんとか1シーズン持たせたいと思います(笑

ダイワ新スッテ【リフレクト】のみで狙う水深90mチャレンジ!!(2020/02/24)長三朗丸

釣行データ
釣行日 2020/02/24(月)
船宿 長三朗丸 / マルイカ船
竿

自作竿(2019年度版藤沢ブランク
1450H-4を1350にカット(穂先込み全長175cm)
1450H-2Bを1350にカット(穂先込み全長175cm)
(穂先は450×0.8×5.5から削りだしたもの)

リール

Piscifun SAEX ELITE(注:淡水リール)←予備

daiwa スパルタンRT TW 100XH
daiwa エアド 100H

PE

シーガーPEX8 0.8号200m(下糸あり)

オモリ

スカリー60号
ドラゴンシンカー60号

ハリス  トヨフロン船ハリス 4号
仕掛け図 仕掛け図 直結5本 幹間1m、捨て糸1.5m
研ぎ器 カンナくん大成功です
竿休め チョイ置きキーパー or チョイ置きホルダーライト
ツノマット ツノマット300
投入器 Daiwa イカヅノ投入器 6本 ピンク +増設2本 x2
水温 16℃
葉山沖(カメギ~三戸浜):薄濁 ゆるい 60~98M
パターン

大潮3日目  (満潮 05:48  干潮11:20)

北 ⇒ 南 弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 マルイカ:2-10杯(総勢9名)

自己釣果(左舷ミヨシ)

マルイカ:7杯(うちヤリイカ1、麦イカ1)

 

20200222_144644b 

「ネコポスで郵送してください」と言ったら
「入らないので宅急便になります」と言って袋詰めになって送られてきたダイワ・新ミッドスッテ「リフレクト」

 

おー、誰がこんなに注文したんだんだろう(汗)

 

gomap3

というわけで今季初マルイカは長三朗丸からヽ(`Д´;)ノ 

 

20200224_062957b

ダイワ・新ミッドスッテ「リフレクト」のみで狙う「リフレクトチャレンジ」であります!!ヽ(`Д´;)ノ

 

chouzaburo

結論から言うとあまりに渋く
神様やSさんとおしゃべりしにきたようなもので^^;

 

20200224_142754b 

えっ、こんだけ(^O^;)

 

結果

  • ギョクロ4杯
  • ケイムラ2杯
  • グリーン1杯
  • ピンク(足のみ)

 

当日はギョクロが強い印象でした。

 

たいぞう丸の常連さんから頂いた情報によればギョクロ、ギョクロピンク、ブルーピンク、ケイムラの反応が良いらしく、濃ブルーの反応は今のところあまり良くない模様。

 

やるならリフレクトオンリーが吉みたいですよ^^

 

DSCN4315b 

業界初の0.4mmカンナ搭載は30Sに対してバランスよく神様も好感触。

 

個人的にはサクサスから通常の針に戻ったことが何より朗報です^^

 

リフレクトは「中骨がケイムラ反射する」というのが売りのようですが、

実は神様、2019年にダイワの方から「リフレクト」のテストバージョンミラー版リフレクトをもらって試用、そのリフレクトがやたらと強い日があったのを記憶しています。

 

これは期待しちゃいます^^

 

DSCN4317b

でもSさんは当日、一番下のネオン(青)がヒットスッテだったので、大きめのイカが混じるなら明らかにネオンは強いですね…。

 

51Ln4qndKlL._AC_ 51nfojKdynL._AC_ 

中国コロナウィルスの影響で新しいネオンはいつ届くことやら^^;

 

直ブラ

そして当日の水深90mでは直ブラの乗りが良さげでした。

 

直ブラが良いというのは、水深が深いときにありがちな「潮流の影響が大きく糸が張りやすくスッテの動き悪い」ことが原因と予想します。

 

でも不思議とちびまる子ちゃんが活気づいてくると、深場でも直結有利になったりりするから不思議です。

 

あくまで傾向ですが、

 

  • 活性低いと下のほうに乗る。
  • 下に乗るイカは大きめ。
  • 活性高いと小さなイカが上のほうに数付く印象。 

 

よって仕掛けは「直結ブラのブラ2~3」「下にはネオン配置」くらいが万人受けする「深場スペシャル」と言えそうです。

 

gomap2

最後の流しは60mラインで濃反応!!

 

今後浅くなっていくことに期待できそうです^^

 

 
はやくムギイカ釣りたいなぁ (ノ´∀`*)

マジおっかねぇブヨ!!ヽ(`Д´;)ノ 釣り人が語る「磯ブヨに噛まれた後の経過観察と最善の対処法」

釣り人の天敵「ブヨ」

Black_Fly

ブユ(蚋、蟆子、Black fly)は、ハエ目(双翅目)カ亜目ブユ科(Simuliidae)に属する昆虫の総称。ヒトなどの哺乳類から吸血する衛生害虫である。関東ではブヨ、関西ではブトとも呼ばれる。

特に春から夏(3月~9月)にかけて活発に活動する。夏場は気温の低い朝夕に発生し、昼間はあまり活動しない。ただし曇りや雨など湿気が高く日射や気温が低い時は時間に関係なく活動する。

Wikipediaより

 

photo0000-5235

ブヨは体長3~5mm位の吸血性の虫です。蚊と比べるとかなり小さいため、ブヨに刺されるまでは、ほとんど気付かない人が多いようです。

ブヨは皮膚を噛み切って吸血するため、多少の痛みを伴い、患部を中心に赤い出血点が出来、流血することもあります。snowpeakより

 

20190829_121202bブヨって痒いですよね!!

 

まるで呪われたかのように痒い。

 

ブヨに噛まれても「ちょっとした虫刺され」ですむ方もいる一方で、わたしのように完治まで少なくとも1か月はかかる方も多くいます。 

 

問題となるのは「ブヨの唾液」です。

 

ブヨは吸血時、血液凝固を防ぐため患部に唾液を注入するのですが、この唾液がアレルギー反応をおこして痛痒さを引き起こします。

 

このアレルギー反応からできるだけ早く逃れる方法…。

  

それは、

ブヨ毒(唾液)をなるべく早く体外に排出することです。

 

患部に毒が残留すると、いつまでたっても完治しないばかりか傷跡が残り、数年たってもストレスや体調不良などで患部に痒みを復活させることもあります。

 

早々に毒を排出できれば傷跡も残りませんし、痒みも最短で消えます。

 

そもそもブヨに噛まれないために

minato

とくに6~9月の早朝は厳重警戒体制です。わたしはよく「船宿」または「釣船の前」に待機しているときにやられます。

 

もちろん防波堤からの釣りも要注意です。

 

じっとしていると噛まれます。

 

歩いているときには噛まれません。

 

なので「手足をぶらぶらさせておく」など、「常に何かしらの動きをしておく」ことも、ブヨに噛まれないためのひとつの対処法となります。

 

nagasode

↑夏。

ルアーマンお決まりの全身タイツ姿は「針の危険から身を守る」という理由かと思いきや、わたしの場合はブヨ対策。

 

nagasodeBまこっちゃんのTwitterより

マジ完璧だと思います。

 

DSCN3536b

肌が露出する部分は虫避けスプレーを塗りたくります。スプレーした後「塗り伸ばす」のがキモです。

 

よく「ハッカ油が良い」「虫よけスプレーは効果が薄い」などと言いますが、スキンベープやサラテクトも効能としてブヨを含みますので、塗らないよりは塗ったほうがはるかにマシです。

 

たいてい塗り忘れたときにヤられるんですよね^^;

 

42

ブヨに噛まれて数時間は、釣りに熱中しているせいか噛まれたことに気づかないことが多いです。

 

たいてい帰港中か帰路の車中で「虫刺され」に気づき、翌日、腫れあがった患部を見て

 

クソがあああああ(。>д<)

 

ってなります。

 

20190718_030427b 

数日かけて傷口が土手のように隆起し、中心の穴から体液がにじみ出ます。そして耐えがたい痒みが呪いのようにつきまといます。(症状には個人差があります)

 

「ブヨに噛まれない方法」まとめヽ(`Д´;)ノ 

  • 6、7、8、9月の早朝は要注意。
  • できるだけ肌を露出しない。
  • 露出した肌には虫よけスプレーを。
  • 港前でじっとしない(手足をブラブラ = 「ブヨダンス」で回避)

 

「ブヨに噛まれたとき対処」まとめ(`д´/;)/

  • 1に毒抜き!!
  • 2に毒抜き!!
  • 3に毒抜き!!

 

磯ブヨの経過観察1(うまく毒が抜けた例)

20190804_083147cブヨに噛まれた翌日、腫れあがった患部です。

 

よく言われるブヨ対策は、

  • 噛まれたらすぐ(ポイズンリムーバーなどで)毒素を抜き、
  • 患部を温める患部を温めて毒素を変質させることで無毒化する方法。まだ痛みも痒みもない状態であれば有効。
  • しかし痛みや痒みが出はじめたら患部を温めることは逆効果。腫れや痒みを抑えるべく冷やす。

 

というものですが、わたしの場合
ブヨに噛まれた当日は傷跡が見当たらないため、対処のしようがないんですよねぇ^^;

 

20190804_083116b

もとい、ブヨに噛まれた翌日の症状です。

 

時間の経過とともに複数の水泡が出現。まずは水泡を破きます。

 

この水泡が毒素を抜く鍵となります。ライターで焼くなどして消毒したマチ針で穴をあけ、体液とともに毒素を流しだします。

 

20190807_105746b

自然に毒素を抜くならガーゼは邪魔です。なぜならガーゼを当てると「かさぶた」になってしまうからです。

 

かさぶたになると体液が出ません。

 

そうなれば毒素は体内に残留します。

 

残留した毒素を放置すると慢性的な症状が数年残るケースがあるので、なんとしても毒素はすべて体外に排出したいです。

 

なのでかさぶたは邪魔です。

 

20190809_094739b

しつこいようですが、「もういいだろう」と思ってかさぶたを許容すると、かえって痒みがとれず、完治が長引くケースがあります。

 

そんなときは傷口周辺の「しこり」を見てください。患部が「土手」のように盛り上がっているなら毒素はまだ抜けていないと考えられます。

 

「しこり」がなくなるまで「かさぶた」を剥がして毒抜きに専念します。 

 

20190812_210218b

体液が出る以上はどんどん出します。

 

20190829_121202b

だいぶしこりの土手が小さくなってきました。

 

しかしまだ痒いです。

 

患部が隆起しているうちは毒素を出します。

 

20190906_171854b

かさぶたが剥がせなくなったら試合終了です。

 

約1か月の攻防でした。

 

ここまでやれば大抵、痒みも残りませんし、傷跡も残りません^^

 

20190918_143505b

土手消滅。
あとは傷跡が完全に消えるのを待つのみ…。

 

DSCN3526b

4か月後。気にならないくらいに傷跡がなくなりました^^

  

磯ブヨの経過観察2(苦戦した例)

20190626_103737c↑ブヨに噛まれてからおよそ28時間後の状態です。

 

=====================
噛まれた当日は患部に「違和感」を感じた程度の軽傷。まさかブヨとは思ってもみませんでした。
=====================

 

20190626_193428b

35時間後。肘から下がドラ〇もんの手のように…。

 

 20190628_181312b

3日後。腫れは引いたものの、傷跡が小さいため体液がうまく排出されません。

 

20190704_115337b 

体液があまり出てこないので「症状は軽いな」と思って半ば放置してしまったのが一番の敗因かもしれません…。

 

このように体液が出にくいときこそポイズンリムーバーを使う意味がありそうです。

 

20190708_113335c

傷がふさがり体液が出なくなると痒みが増します。

 

20190718_030427c

猛烈な痒み。

 

慌ててかさぶたを剥くも体液はちょびちょびしか出ません。

 

20190906_103247b

2か月が経ちとうとうかさぶたが消滅しました。

 

これにて試合終了ですが「しこり」は残ったままです。

 

もちろん痒いままです。

 

治療失敗…。

 

来年はポイズンリムーバー買います(^o^;)

 

20200103_125807b

ブヨに噛まれてから半年後の写真です。

 

4か月が過ぎたころには「痒み」は消えていました。

 

傷跡はちょっと残ってしまいましたが、可能な限り体液を出したことで最悪の事態は免れたと思います。

 

ブヨ恐るべしですね~^^;

 

ステロイド外用薬について

20190718_030427b

子供にこの痒みが耐えられるでしょうか?

 

掻きむしって化膿するなど大変なことになるかもしれません。

 

なので「痒み止めの塗り薬」が欲しいですよね。

 

DSCN3538b

皮膚科でもらった「スチブロン」の有効成分はジフルプレドナート。抗炎症作用と血管収縮機能の強さによって5段階に分けられるうち、2番目に強いVery Strongのステロイド外用薬でした。

 

アレルギーの免疫反応を抑える抗炎症作用により、皮膚炎の赤みや痒みを抑える薬です。

 

しかし痒みは収まらず、

 

DSCN3539b 

次にもらった「マイアロン」の有効成分はプロピオン酸クロベタゾール。なんとステロイド外用薬の最強レベルです。

 

20190906_103247b

皮膚科の医師は完全にふさがった患部を押して体液が出ないことを確認し、「ブヨは結局毒素が抜けないと痒みがとれないんだよねー」と言っていました。

 

塗り薬は一時的な痒みをおさえるにとどまり、根本的な解決にはならないということですね。

 

というわけでブヨの治療は
「毒素の排出」が一番大事というお話でした^^

 

相模湾キハダマグロ備忘録2019まとめ!!

釣行データ
釣行日

8/3~11/16

船宿 五エム丸長三朗丸一義丸おおもり丸翔太丸/カツオ・キハダ船
竿(コマセ) バンディットキハダ170
リール(コマセ) シマノ(SHIMANO) タリカ25Ⅱ (CCMパワーハンドル)
ビシと天秤(コマセ) 青物バスター120~130号 or ニューサニービシ120~130号
305式 NH型天秤 orハイブリッド天秤マグロ or ランナー天秤
天秤と対マグロショックリーダー、結節具(コマセ) トローリングスナップ5号 (ショックリーダーフロロ50号2.5m・結節はPRノッター) 
 PE10号500m(ラインはフッ素加工済み
マグロ仕掛け(コマセ) フロロ22号6~8メートル  18号 (最強チューブ入り)
フロロ20号6メートル  14号 
結びと強度実験の動画はこちら
水温

21.5~28度

8月 35-40m
9月~11月 40-50m

自己釣果 マグロ11本と頭(マグロ盛況のためカツオはメインでは一回も狙いませんでした)

20191010_125915b2019年は記録的なモンスターサイズのマグロがコマセで11月まで釣れ続くという激熱の年でした!!

 

むしろ10㌔くらいのキメジが希少だったという…^^;

 

というわけで今年の傾向と対策、またはその推移を来年用にメモしてきおたいと思います^^

 

8月頭、フカセ釣り絶好調!!

20190729_125956b20190801

6月中旬から始まったフカセマグロは南沖にて8月1週目くらいまで
マグロモード全開ウルトラ絶好調!ヽ(`Д´;)ノ

 

2971b

南沖のマグロはほとんど走らない代わりに永遠と引き続ける印象です。

 

とくに30㌔オーバーはあなどれず、魚が弱るまで待とうとすれば自分の体力が減る一方なので「どこかで勝負をかけないと上がらない」と自戒の念を込めてメモしておきます。

 

秋のマグロとは攻略法がまるで違って面白い!(*≧∀≦*)

 

【活き餌カツオマグロ船】相模湾南沖ふかせマグロに挑戦メモ!(2019/07/23)長三朗丸

 

kaimakuそして8月は念願のコマセ釣り解禁であります!!ヽ(`Д´;)ノ

 

ところがのっけからカツオにも見放され2回連続の丸ボウズ…(°д°) …

 

20190809

相模湾にも黒潮の影響は見受けられますが、「魚影はあるものの口を使わず」といった状況がしばらく続きました。

 

8月中旬、エビング優勢!!

20190813

しかし魚はどしどし入荷していたようで10日あたりから各船、追いかけっこのコマセ釣りでようやくポツポツと開始ですヽ(`Д´;)ノ

 

1565680606-1-8572

のっけはエビングが好調!!

相模湾マグロ激熱モード!! エビングほかカツオジギングメモ (2019/08/13)五エム丸

 

ナブラによっては明らかにエビングにしか反応しないナブラもありました^^

 

Screenshot_20191121-111039_Photo Editorそして20日はコマセでも
エビングでもヒット!!

 

日に日にコマセの状況が良くなっていきます。

 

相模湾マグロ確変突入!コマセとエビングの状況ほか30kg3分のマグロ!(2019/08/20)五エム丸

 

南沖のマグロに引き続き、湾内のマグロも40m前後しか走らない代わりに終始グイグイ引っ張る傾向あり。ただし走りに勢いがないため瞬殺のリスクは少なめです^^

 

8月終~9月頭、追いかけっこのコマセ優勢!!

2019082320190828

8月25日あたりからエビングの劣勢が明らかに。急激な水温の低下となにか関係があるのでしょうか?

 

1567494029-1-3995-ckb

8月28日長三朗丸「コマセ船」2隻で17打数7安打…!
9月3日長三朗丸「コマセ船」2隻で15打数5安打…!!

 

こうなるともはやエビングにこだわる理由は何もなく…。

 

70042709_2410935499121581_289054082159607808_n 

【コマセ】相模湾激熱マグロ!! バンディットキハダ170使ってみました(2019/09/07)五エム丸 

 

なんとか自分もコマセの波に乗れてホッとしました^^;

 

1568102386-9-7166-ckbそして台風一過の9月10日は
コマセ爆釣であります!(`д´/;)/

 

常宿五エム丸も1隻で9本という記録的な釣果に! 仕掛けを落とすと誰かに当たる状態だったそうです。

 

そんな日の翌日は…(^o^;) 

 

みたいな急変パターンで西から東まで狙いが定まらず、撃沈する船が多数ある中、マグロ狙いの船は4番ブイに集まっていきました。

 

9月15~28日小田原モンスター祭り!!

chizu

そしてとうとう9月15日から小田原では夢に見たモンスターサイズのマグロが釣れはじめたのであります!ヽ(`Д´;)ノ

 

20190913

4番ブイにもしばらく魚影はあったので、最初のうちは4番ブイと小田原で船団が分かれることもありましたが…。

 

blog_20190915-175222-855bお祭り開催初日、おおもり丸はさっそく46.7㌔ゲット!!(`д´/;)/

 

69707907_937934383216441_6381989817495846912_n

もはや40㌔オーバーは当たり前?!

 

71051086_1906779009468996_3644685603590635520_nb

これぞオダモン祭りね!(`д´/;)/

 

odawara

9月17日。くっきりと境界線のできた潮目の内側はまるでバスクリンを溶かしたお風呂のようでした。

 

小田原の中でも「際」のほうが良い日と「沖目」のほうが良い日など様々です。

 

そんな中とうとう…

 

70767908_1965539760215239_8283405791151521792_nb9月18日なんじゃこりゃー(*≧∀≦*)キャー

 

バケモンじゃねぇか…(°Д°)…

 

これぞオダモンドリームね!!ヽ(`Д´;)ノ

 

…人より大きなマグロが…(°д°) …

 

20190831_064924b

オキアミで釣れるんだからも~
たまらない(*≧∀≦*)

 

70985405_2421340774747720_6907157708118425600_ob

遅ればせながらあっしも44㌔をゲット!!ヽ(`Д´;)ノ

【コマセマグロ】相模湾・小田原沖モンスター祭り!!(2019/09/21)五エム丸

 

71306799_1534176636722233_5682905764616732672_nb24日は一義丸にて明利さん63.15㌔の快挙(`д´/;)/

 

いずれこんなモンスターに会いたいですね~σ(≧ε≦o)

 

2019092420190928

オダモン祭りの開催中、水温は27℃前後を推移していましたが、お祭りの最終日となった28日は水温25.5℃まで下がっていました。

 

新しい潮が入ってきたのでしょうか? 28日のマグロはおもに「流し釣り」ではなく「追いかけっこ」での釣果だったようです。

 

20191002

こうしてマグロは28日を皮切りに小田原沖から姿を消し、何かに導かれるかのように東の海域に移動していきます…。

 

オダモンの走りは平凡な印象でした。距離は長く走ってもそれほど勢いはなく、固定天秤でも対応可能な個体が多かったような気がします。

 

10月ヘイダシモン現る!!

chizu2

オダモン終了の翌日は洲ノ崎沖でボイルが見られるようになります。

 

どうやら洲ノ崎沖はベイトが溜まりやすい場所のようです。

 

そのせいか洲ノ崎沖に出るキハダはコマセに反応しないんですよねー^^;

 

dame

というわけで10月はヘイダシ~剣崎沖がメインステージ。

 

マグロが小田原から東の海域に移動して間もなくは「追いかけっこ」中心の展開でした。

 

どうもベイトが盛んだと追いかけっこになるようです。

 

しかしオキアミの味も覚えているのか
すぐに「流し釣り」にシフトしていきます。

 

42

ヘイダシモン42kgキタ~(*≧∀≦*)

【相模湾】続・コマセマグロ2019!!(2019/10/7・10)長三朗丸・五エム丸

 

kuroshio1010そしてしばらく25℃台をキープしていた水温は…

 

20191021

徐々に低下していき…

 

20191019_140316bとうとう出ました
俊足くん!ヽ(`Д´;)ノ

 

水温の低下にともない瞬発力を増すマグロ!!

 

まさに過去「ハリス切れ」で獲れなかったタイプの瞬発マグロに遭遇し、今回はランナー天秤で無事逮捕することができました^^

【相模湾コマセマグロ】過去最高に走ったキハダマグロ!! (2019/10/19)五エム丸

 

マグロリングメモ

20191019_140308b

今年のマグロは「デブで頭が小さい」個体が多かったでしょうか?

マグロ40㌔未満⇒リング18㌢
マグロ40㌔オーバー⇒リング22㌢

 

10月後半、ザキモン現る!!

20191028

こうして雰囲気は悪くないまま水温だけがみるみる下がっていきます。

 

旅立ちのアラームは水温23℃。

 

ところが水温が23℃台になってもマグロの勢いは衰えず…!!

 

まさかのヽ(`Д´;)ノ

 

okiemonb 

剣崎モンスター略してザキモン来たよね~(*≧∀≦*)ヤバ゙゙~

 

そもそも10月一杯マグロが狙えること自体異例であります!!

 

加えて10月28日、
相模湾レコードサイズの81㌔!!

 

なんかもうヒレの長さが水族館でも
見たことない感じなんですけど( ̄▽ ̄;)?

 

11月初旬、城ヶ島でサメバトル!!

シーケンス 01.Still016

11月に入るとも~サメが半端ではないです^^;

 

20191102

水温が下がるとサメもマグロも活発になるので難しい時期ですよね…。こうなるとマグロに見切りをつけて撤退する方多数。

 

1573285489-1-2899-ckb

それでも最後は「海園」という素晴らしいサメ避けアイテムを駆使することで完全体のマグロを引きずり上げることに成功です!!

相模湾デカマグロ最終章【サメ対決2019!!】 (2019/11/2~9)五エム丸

 

DSCN3107b

海園は2019年9月に発売されてすぐに完売となったサメ避けアイテムです。今後も進化するっぽいのでfaceBookで新情報を要チェックですね^^

 

74617518_1386902248152071_879940869401083904_n

その後、ほとんどの船宿が撤退する中、着実にマグロを仕留めていった印象のあるたいぞう丸。

 

相模湾で最後にマグロを獲ったのは15日にたいぞう丸であがった38㌔でしょうか?

 

20191115ラストの場所は相模湾のど真ん中。

 

水温も22℃を下回りました。

 

例年こうして魚は西に抜けて終焉を迎えます…。

 

syouta

11月16日は翔太丸でマグロとのお別れ会でした^^;

 

hannou

最後にコマセ目がけて上昇してくるマグロの様子を探見丸で確認することができて良かったです^^

 

このときはじめて「横から入ってくるパターン」と「下から上がってくるパターン」の差が探見丸では丸見えであると今更気づきます。

 

DSCN3417b

というわけで本体ホルダー用意しました!
来年は活用できる船にも乗るぞ~。

 

いや~今年はほんとドラマのある楽しいシーズンだったな~^^

 

主にyoutubeを先に配信しますので、
よろしければチャンネル登録よろしくお願いいたします^^

相模湾キハダ狙いのダイワエビングロッド使用感レビュー

ebi5

エビングはズドンと!!(`д´/;)/

 

予兆なく竿が入るから
アドレナリンどっぱどぱヽ(`Д´;)ノ 

 

1538987065-1-8789b2018年はキメジが多く混じりロングランでエビング楽しめました^^

 

1565680606-1-85722019年は8月に良い時期がありましたね~^^

  

20190729_130047bそしてフカセ釣りで使用するタックルも
エビングタックルと併用できるので2019年から参戦^^

 

20191019_140318b年により入荷する個体の傾向も変わるので毎年楽しみです♪

 

kihada2というわけで今回は、相模湾での「エビング」や「フカセ釣り」で実際に使用したダイワロッドの使用感ついてを
独断と偏見によりレビューしたいと思います^^

ソルティガエビングを選ぶならどっち?

アイテム 全長
(m)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量(g) ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
 
ジギング キャスト
62HS 1.88 203 2.7/9.9 110-250 4-5 98 amazon/楽天
74HS 2.24 285 2.6/16.4 110-250 4-5 99 amazon/楽天 

ところでダイワのエビング専用ロッド「ソルティガエビング」。2種ラインナップされているうち、あなたならどちらを選びますか?

 

  • キャスティングにも併用できる長めの74HS。
  • ジギングにも併用できる短めの62HS。

 

どちらも同じ「HS」表記です。

 強度が同じであるなら、

  • ジギングのように脇ばさみでシャクりたいから62HSにしよう。
  • 外房のキャスティングでも使いたいから74HSにしよう。

といった使い勝手の都合によりチョイスされるかと思います。

 

でもちょっと
待ってくださいヽ(`Д´;)ノ  

 

一見、同じ強度表記である74HSと62HS。ですがなぜ同じ「HS」なのかと目を疑うほどそのパワーには差があります。

 

たとえば30㌔オーバーのマグロが掛かった場合、もしかすると62HSではバットから曲ってしまい、魚を起こすのに苦労するかもしれません。しかし74HSであれば、強度に足るバットパワーでグイグイ起こせるかもしれません。

 

つまり同じHS表記であっても、ジギングベースなのかキャスティングベースなのかによってロッドの強さが変わってくるというわけです。

 

というわけで以下、わたしが持っているダイワのジギングロッド、キャスティングロッドのレビューです。参考になれば幸いです^^

  

アイテム 全長
(m)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量(g) ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
 
ジギング キャスト
キャタリナJ60HS・E 1.83 210 2.8/9.9 110-250 3-5 97 amazon/楽天
ソルティガJ60HS・J 1.83 200 2.8/9.9 110-250 3-5 98 amazon/楽天 
ソルティガエビ62HS 1.88 203 2.7/9.9 110-250 4-5 98 amazon/楽天 
ソルティガAP-J66HS 1.98 280 2.5/11.4 80-200 2-5 97 amazon/楽天 
ソルティガAP-J66XHS 1.98 315 2.9/12.9 100-250 3-6 97 amazon/楽天 
ソルティガAP-J58XXHS 1.73 405 2.8/14.4 180-400 4-8 95 amazon/楽天 
ソルティガC75MHS・J 2.26 286 2.7/16.4 40-100 4-5 99 amazon/楽天 
ソルティガエビ74HS 2.24 285 2.6/16.4 110-250   4-5 99 amazon/楽天  

※太字のロッドをレビューします。
※独断と偏見により、強さが同程度と思われるロッドは同色表示にしてあります。

 

◇キャタリナJ60HS・E

J60HS-Ec ⇒参考動画はこちら(10~13kgキメジ)

S__39239705

ジャーク

250gのジグが脇ばさみスタイルで軽快にシャクれるジギングロッド。重ためのジグでも持ち重りなくシャクりやすいです。

 

ファイト

よく曲がります。支点が手前にあるので(筋力に自信がなくても)比較的起こしやすい竿だと思います。

ただしパワーは標準的。

同船者が掛けた28㌔のマグロがサメゾーンで抵抗する場面では、「ソルティガエビング62HS」はバットから曲がってしまい、強引に起こすにはパワー不足と感じる場面もありました。

 

総評

シャクっても掛けてもよく曲がり、扱いやすく楽しいロッド。完成度は高いと思います。ただし30㌔オーバーをメインターゲットとするなら、もうワンランク上の強度が欲しいところ。

 

◇ソルティガAP-J66HS

AP-J66HSb⇒参考動画はこちら(動画前半)

ジャーク

ロッドが長い分、上記キャタリナJ60HS・Eよりもやや持ち重り感があります。その代わり竿の長さを生かしてギンバルジャークも視野に。

※ギンバルジャーク…竿尻をギンバルに当ててシャクる方法。

 

ファイト 

写真は27㌔のマグロにグイグイ突っ込まれていることろ。よくいえばロッド全体でタメを効かせてジワジワ浮かせますが、強引に起こすにはパワー不足と感じる場面も。

一応30㌔オーバーの実績もあります。

 

総評

デッキのフェンスが高い船では6㌳6㌅という長さがアドバンテージに。

 

◇ソルティガAP-J66XHS

AP-J66XHSb ⇒参考動画はこちら(動画後半)

ジャーク

竿が長いうえ、ティップまで硬めなので、持ち重り感はそれなりにあります。筋力があればしっかりジャークできるイメージ。もちろん長さを生かしてのギンバルジャークもできます。

 

ファイト

よほどの大物でない限り主導権は握れると思います。ただしロッド全体が硬い分、支点がベリーに寄るので、その分筋力がないとキツイかもしれません。とくにマグロが真下に突っ込んだときは。

 

総評

決して扱いやすい竿ではないけれど、エビングで常識的に扱える範囲内では、そのパワーはダイワのジギングロッド中、最強かもしれません。

ただし40㌔オーバーを視野に入れるなら潔くキャスティングロッドに昇格すべきかも?

 

◇ソルティガC75MHS・J

C75MHSb  ⇒参考動画はこちら

ジャーク

キャスティングロッドながら意外とシャクれます。ギンバルジャークはもちろん、脇挟みもやってできないことはないです。竿のバランスが良いせいか意外とシャクリに違和感がありません。

本来であれば外房で活躍すべき下投げ用のキャスティングロッドではあります。

 

ファイト

上で紹介したどのジギングロッドよりもパワーがあります。一度このロッドを経験してしまうと、もはやジギングロッドの「HS」には戻れないかも…。

ただしフカセ釣りのように、魚が掛かっても他人の釣りが継続する場合、場所移動を余儀なくされるため、竿が長いと取り回しの面で苦労する可能性も。

 

総評

よく曲がるキャスティングロッド。ティップからベリーにかけては柔らかめなので、バットでコントロールできる感あり、ファイトの感触はジギングロッドに近いかも?(それは言い過ぎ?)

なおソルティガエビング74HSはさらにパワーを増したモデルだと聞いたことがあります^^

 

◇ソルティガAP-J58XXHS

52664b

ジャーク

棒でした。300gのジグをひょいひょいシャクれますが0-1で動く操作感。ああ、遠征・深海モデルってこういうことなのね、と思い知らされた1本…(*´꒳`*)フフフ

 

ファイト

未経験。

 

総評

「どんな大物が食っても獲る!」をコンセプトに開発された棒が、どのようなファイトを演出してくれるのか興味で購入。

釣れたら再レビューしまーす^^

【活き餌カツオマグロ船】ふかせマグロ備忘録 (2019/07/23・29)長三朗丸

釣行データ
釣行日

2019/07/23 (火)

船宿 長三朗丸/活き餌カツオマグロ船(イワシふかせ)
竿 Daiwa ソルティガ AP J66HS
Daiwa ソルティガ C75MHS
リール

Daiwa キャタリナ5000H (PE5号300m)
Daiwa キャタリナ6500H (PE5号400m)(結節はPRノッター)          

リーダー(ハリス) フロロ18号 1.5m
カットヒラマサ14号
ふかせキハダ14号
水温

26度

澄 速い メインの棚 0~15m

パターン 小潮  (満潮 7:48 干潮 14:15 )

北 強くはない(予報は南)

波高 1M
天候 曇り
船の釣果23日(火)

キハダ:20-35kg  0-3本(2隻計18本)

自己釣果23日(左舷ミヨシ) キハダ:35kg 1本
ほかメボウ、カツオ:9kg 1本
船の釣果29日(月) キハダ:20-33kg  0-1本(2隻計7本)
自己釣果29日(左舷ミヨシ) キハダ:33kg 1本
ほかカツオ:2.5kg 1本

1563866465-1-4023-ckb2019年はふかせマグロのあたり年と聞いて、コマセ解禁の相模湾を待てずにレッツゴー南沖(*≧∀≦*)!!※リンクは動画です

 

iwashi
7月23日(火)は、梅雨明け前の曇天でした。イワシにとって快適な環境かつ、オールマイワシという好条件♪

 

複数回当たりがあった方多数で絶好調~^^

 

2971b
そして時化後一発目の7月29日(月)は、日差しが強く暑い一日でした。しこイワシが多く混じりエサのコンディションは上々とはなりませんでしたが…

 

ラスト1投で奇跡が起きちゃった^^;

 

この日の詳細は後半で紹介したいと思います。

 

それでは基本的なことから確認していくことにいたしましょー♪

 

タックルは至ってシンプル

ふかせタックル

ロッド

マグロまたはヒラマサ対応スピニングロッド。「ジギングロッド」か「キャスティングロッド」かは好みです。

 

ただし長三朗丸にはルアー船のような「キャスティングデッキ」も「キャスティングバー」もありません。

 

デッキには一本釣り用の椅子が設置されている船もあるため、自由には動けないことを考えると、ロッドは長すぎないほうが取り回しは良いかも?(あくまで好みですが)

 

ロッドパワーは30㌔オーバーを見越して適度にあったほうが楽かもしれません。ランディングを竿でやりたい場合は特に( ´Д`)

 

スピニングリール

ダイワなら5000番、シマノなら10000番などPE5~6号が300m以上巻けるリール。

 

多くはリールサイズの問題でPE5号300mを巻く人が多いです。しかし長三朗丸が推奨するPEラインはオマツリに強い6号。引っ張り合えば5号が切れます。

 

針とハリス

オーナーカットヒラマサ13~14号推奨。

ハリス16~18号推奨。

 

なんと用意するタックルはこれだけの超シンプル^^

 

摩擦系ノット

PRノットbルアーと同じく、PEラインとハリス(リーダー)は摩擦系のノットで直結にします。

 

摩擦系ノットはいろんなやり方があります。道具がいらないやり方としては、SCノットやFGノットが有名ですが、より短時間で安定した強度が得られるPRノットがおすすめです。

 

PRノッター
PRノットは専用ボビンを使います。

 

写真は2年ほど愛用しているVANGUARDクールノッター。本体重量62g、PE0.8~5号に対応するモデルですが、そこそこ重量があるのでPE10号くらいまで問題なく使えています。コンパクトで質感よく、ドラグ性能は滑らかで秀逸。

 

ほかシマノのヘビータイプなど。

 

針について

fukaseNoHari針の重さを調べてみました。これが一つにイワシの負担になるわけですね。長三郎丸はカットヒラマサ13~14号推奨。

 

20190729_130047B20190729_130047cDSCN3002B DSCN3006B DSCN3011B

写真はカットヒラマサの14号です。
33㌔のマグロが釣れた後の針の状態です。結びは「南方延縄結び」。

 

白針を選ぶならカットヒラマサとほぼ同スペックのふかせキハダが良いでしょうか?

 

どうしても「環付き針」にしたい場合はタマンスペシャルがいいようです。以前行った実験では、結束強度100%を実現した結びもあるので、環付き針にする利点は確かにあります。

 

taman16b23日、金ちゃんはタマンスペシャル16号を使用し、マグロを3回掛けました。

「よくこんな細い針でマグロ上がるよね」なんて話していたら、

 

伸びた針
3回目は針が伸びてしまったので、16号はさすがに細すぎるのかも^^;

その分イワシの泳ぎは良さそうですけどね…。

 

harihikakuBタマンスペシャルとカットヒラマサの比較。タマンスペシャルなら17号が妥当かも…?

 

ドラグの計測

DSCN2996b

多くの方は「強く引っ張ると出るくらい」といった感覚的な方法でドラグ設定をしていると思います。

 

それでいいと思うのですが、わたしの場合、ブログや動画でできるだけ正確に数値を伝えたいという面もあり、ドラグチェッカーの15kgを使用しています。あると便利です^^

 

イワシについて

maiwashi

朝の買い付け状況によりカタクチ(シコ)イワシ、うるめイワシ、マイワシなど、雑多に混じることがあります。うるめは生命力弱く、シコは泳ぎが弱く難しいですね。選ぶべきは潜水能力の高いマイワシです。

 

イワシは通常、毎朝イワシ屋さんから買い付けますので、イワシが獲れなくなったら終了です。港前の生け簀に活かしてあるイワシを持っていくこともあります。マグロが釣れているときほど餌の条件は良いはず?

 

マイワシをイケスから桶にうつす

iwashi00イワシは高水温に弱いため、長三朗丸が有する船の中には冷却装置を積んでいる船もあります。

 

基本的にはイケスで泳いでいるイワシがもっとも元気です。使用直前にイケスから数匹、桶に移すのが理想です。

 

最初は上乗りの方が分けてくれます。

 

イワシのつけ方、選び方

maiwashieragakeマイワシは背中が緑色でなかなか捕まえられないような元気のいいヤツを選びます。

23日(動画の日)はすべて「エラ掛け」でやりましたが、「鼻掛け」に比べ針付けに時間がかかるため、イワシが弱りやすいかもしれません。

 

maiwashihanagake「鼻があるんだから鼻に掛けましょう」と船頭の玄ちゃん。

 実際こっちのほうが掛けやすく、イワシを弱らせずに針をつけることができました。

29日のヒットはすべてこちら。また23日(動画の日)も金ちゃんは鼻掛けでマグロを3回ヒットさせています。

 

shikoiwashi

やむを得ずシコイワシを使うときはエラ掛けにします。どうやらシコイワシはクリ〇ンのように鼻がないようです(笑)

 

ザルについて

oke21イワシをすくうためのザルは100円均一で買えます。金魚用の網などを使用する方もいます。

 

ただ、必需品ではありません。

 

なくてもイワシはすくえます。

 

「追うから逃げるんだよ。待ち伏せすれば片手でも簡単につかめるよ」とは上乗りの方談。

 

イワシ投入までの手順

NAGE3イワシ投入までの手順はざっくり以下の通りです。

 

  • リールのベールを起こす
  • イワシを投げるとき、ノット部分がガイドに引っかからないようノット部分は引き出しておく。そのためリーダーの長さは1.5mくらいがトラブルなく扱いやすい。
  • できるだけイワシの鱗をはがさないように針を掛ける(鼻がけ推奨)
  • 沖へむかってイワシを放り投げる
  • シューッと沖方面に潜っていくような元気なイワシに出会えたら激熱リーチ !!(`д´/;)/

 

沖へ放り投げたのに、Uターンして船影に隠れてしまうような怯えたイワシは即交換です。

また、表層を泳ぐだけのチョロチョロしたイワシも鳥に喰われやすいので即交換です。

 

もちろん、良いイワシが選べても、魚とのタイミングが合わずダメなときもあるので、 見極めをつけてどんどんイワシを交換するのが最上のテクニックぽいですね^^

 

ただし例外として、「イワシをすぐに交換しないほうが良い」なんてこともあるようです。

 

7月29日は「辛抱強く待っていたほうが当たる?」という例外

2971b
7月29日は比較的マグロが遠巻きにいたせいか、「いい加減待ちすぎでしょ…?」くらいに待っていた方に当たりがあったようです。

 

誤解なきよう「待っていればどんなイワシでも当たる」のではなく、

「遠巻きのマグロに出会うために、活きのよいイワシがより沖へ泳いで行くのを待つ」というイメージです。

 

こうなると左舷に座った自分を呪うしかありません。 

 

なぜならふかせ釣りは仕掛けを右舷側に流すからです。

 

沖に放ったイワシはやがて、右舷側に流されていきます。左舷から放ったイワシも同様に、しばらくすると右舷側に流されていきます。

場合によってはラインが船底に入りこみ、ソナーの棒にからまって切れるなどのトラブルが起こることもあるでしょう。

また、船底にラインが入りこんだ状態で魚がヒットすれば、ベールを返した瞬間、ラインが張って船底にこすれ、切れてしまうかもしれません。

 

なので基本「ふかせ釣りは右舷」なんですね。

 

左舷は空いてるからオマツリしにくいという理由で、左舷を穴場と思って座ったなら最後、人一倍、手返し良くイワシを付け替え、活きのよいイワシに反応してくれるマグロに出会うしか方法はありません。(極論ですが)

 

もしくは、乗り台でやり取りしている人がいなければ、左舷からエサを放ったのち、乗り台に上がり、右舷に流すのも一つの手だとは思います。

 

そんなこんなでようやくヒットしたマグロは、残り15メートルのところで痛恨のフックアウト…

 

フックアウトは仕方がないと思うのですが…(T_T) 

 

何が原因で外れちゃったのかなぁ(ノД`)

 

と、考えるほどに沈みゆく弱いメンタルは直さないとですねー(>_<)

 

弱いメンタル

20190729_072856d「一回バラすと二回目もバレるんだよなぁ」なんて、マイナス思考が働きはじめると、視界に映るものすべてが色褪せはじめます^^;

 

今日はもぉダメだべ…(꒪⌓꒪)

 

そんな気持ちを見透かしたのかどうか、

 

玄ちゃん 

「プリンさん、これがおそらく最後の流しですよ!
1本釣らないと女将とユウジに何て言われるかわかりませんよ!!」

 

と、この日上乗りをしていた玄ちゃん(船頭)の叱咤激励。

 

いつの間にか寂しくなっていたイケスの中から、なけなしのマイワシを数匹、桶に移して準備をします。

 

運が良かったのは、残り2匹となった桶のマイワシのうち、より元気なほうを選んで沖へ放ると、シューっと力強く潜っていったことでした。

 

もしかしていけるか?…と、
ちょっとだけ心に光が差します。

 

しかし、そんなラッキーなイワシに当たっても、
今日に限ってはすぐにはヒットしません。

 

一か八か、ラインが右舷前方に流されゆくまま放置してみることにしました。

 

左舷ミヨシから身を乗り出して、できるだけラインが船底にこすれないようイワシを右舷前方に流します。

 

本当は乗り台に移動すれば良かったのですが、それだとズルいような気がして、左舷にこだわって、身を乗り出しました。

 

まだもうちょっと…(~_~;) 

 

あーダメか…(T-T)

 

そろそろ回収しないとラインが船底に擦れる…

 

と思ってハンドルに手をかけた、そのとき。

 

ラインがひゅるひゅると勢いよく出はじめました。

 

こんなドラマみたいな奇跡が起こりうるのかと、ラインが出ていく様子に目を見張りながらも、冷静に2秒くらい待ちベールを返します。

 

ガツン!とした手ごたえと同時に、ドラグが音をたてて滑り出しました。

 

乗った…!!

 

ラインは右舷前方に、船底スレスレのところで出ていきます。

 

左舷に並ぶ散水ホースの金具にラインを引っ掛けると切れてしまうため、身を乗り出したまま慎重に、乗り台に移動します。

 

100mほどラインが出て走りが止まりました。

 

よし!

 

リベンジ権ゲット!ヽ(`Д´;)ノ 

 

ユウジくんへのリベンジ権

ゆうじくんユウジくんというのは23日(動画の日)にお世話になったマグロ船頭です。

 

ランディング1動画を見ての通り、 そこまで大きくないマグロに35分もかけてしまい、かつラインディングをユウジくんに手繰らせてしまったので、

 

「なんだプリンさんて大したことないんだね」

 

「ていうかダメじゃん」

 

…おっと(ΘдΘ)

 

…このままでいいのかオレ(ΘдΘ)?

  

ポンピング1
ユウジくんに教わったスピニングタックルのテクニックは2つ。

 

  • 突然の走りに対応すべくドラグは締めすぎない。
  • スプールを押さえながらポンピング。(糸を出さない。主導権を与えない) マグロが走ったときだけドラグを効かせてしっかり糸を出せば、ハリス18号はそう簡単には切れない。

 

イメージはできています。

 

バトル!! 

マグロの走りが止まったところでドラグを3㌔強 ⇒ 5㌔に変更。(ドラグ値は、釣行前後に計測したリール単体の実測値)

 

マグロの性格は毎度違うから面白いです。

 

最初はメボウかな?と思うくらい楽に巻いてこれたマグロが、残り40mくらいから急に牙をむきはじめ、本来の重さであろう抵抗を見せはじめました。

 

ドラグ5㌔だと首ふり運動(マグロの重さ)だけでドラグがジージー出ていきます。

 

ポンピング1さっそくスプールを右手で押さえると、まるでマグロの首根っこを押さえたかのような感触がダイレクトに伝わってきます。

 

ときに右手と左手の役割を交換しながら、できるだけ筋力の消費を押さえつつ、ラインは出さずに、マグロにプレッシャーを与え続けます。

 

正念場は残り10メートル。

 

kihada銀色に輝く姿が確認できるようになってくると、螺旋状に旋回するキハダの動きは大きく弧を描きはじめます。

 

何がキツいかって、魚が船下に入ると腰の負担が倍増し、コントロールが効かなくなることです。魚の旋回中はラインが沖に張ったときのみ浮かせるチャンス。

 

kihada2残り数メートルになると魚と目が合います。魚は目をひんむいて最後の抵抗を見せますが、ここで糸を出されると再び潜られてしまいます。

 

かなり強引に振り向かせて…

 

kihada3無事ネットイン!!(๑>ᴗ<๑)

 

竿でマグロをランディングさせたのは初めての体験でした。

 

2973bそんなわけで、満面の笑みなのは満足のいくやり取りができたからです^^

 

帰港後、ユウジくんに
「今日のは20分かからずに上げたよ!ふふん」と勝ち誇ってみると、

 

「何言ってるんですか、30㌔クラスは10分以内に上げないと笑」

 

「15分かかっていいのは40㌔クラスだけですよ( ̄▽ ̄)」

 

って、なんか言ってたような気がします笑

【悲報】ダイワTGベイトスリムが消えた!! 2019年の相模湾カツオジギングは…

釣行データ
釣行日

2018/10/3 (水)

船宿 五エム丸/カツオ・キハダ船(コマセ船に同伴でジギング)
竿(ジギング) Daiwa キャタリナJ61LS-E
リール(ジギング)

Daiwa キャタリナ4000H

ジグ TGベイトスリム 45g ピンク
PEライン

(ショックリーダー:フロロ 14号/50lb3m、結節はPRノッター)  PE2号300m(ラインはフッ素加工済み

水温

24度

澄 緩い メインの棚 15~30m

パターン 小潮3日目  (満潮 4:27 干潮 12:46 )

北 弱い

波高 0.5M
天候 曇り
船の釣果

本ガツオ:1.2-5.8kg    5-20本
キメジ   :9.4 kg      0-1本

自己釣果(左舷舳先) 本ガツオ  :   20本

  

さかのぼること2018年10月!ヽ(`Д´;)ノ

 

この日は【TGベイトスリム】がジギング初心者にカツオ乱舞をプレゼントしてくれたミラクルな一日でした^^

 

なぜ過去のカツオの話をいまごろするのかと言うと、

 

TGベイトスリム廃盤?!

TGbaitSlimb2019年の相模湾の夏を盛り上げる爆釣アイテムとして、改めて紹介しようと思っていたTGベイトスリムが廃盤になってしまったからです(T⌓T)

 

カツオ爆釣のポテンシャルを持ちながらも、その実力を広く知られることなく散ってしまったはかないジグ…(T-T)スン

 

 

まさかの…((((;゚Д゚))))ガクガクワナワナ…

 

Screenshot_20190531-111910_Google2廃盤ってどぉいうこと( ;´Д`)イヤイヤイヤイヤ~

 

気付いたときには時すでに遅く、

カツオジギング(もしくはキャスティング)に最適な45~60gのTGベイトスリムの在庫は、もはやネット上からも跡形もなくなっていました。

 

ダイワの情報サイト【TGベイト スリム】のページも
もうありません。
 

どうしよう2019年のカツオジギング( ˘•ω•˘ )

katsuo-jig-hikakuさあ、2019年のカツオは何で狙いましょう o(-`д´- 。)

 

Skillジグ☝「これさえ持っておけば間違いない」と多く方の信頼を集めるカツオ定番のジグといえば「スキルジグ」が有名ですが、

 

TGベイトスリム☝より小さなジグに反応するとなれば、高比重のタングステンが落下速度、または飛距離の面で有利なのは言わずもがなです。

 

しかしTGベイトスリム亡き今となっては、

 

ラスパティーン
選ぶべきタングステンジグは
ジャッカルのラスパティーンTGでしょうか…(=_=)?

 

ちょっと寸胴じゃね(°д°) ?

 

…と思いながらも、
小さめのTGは一つは確保しておきたいですね^^

 

カツオにはジャコフック

ジャコフック 「カツオを狙うなら、アシストフックはジャコフックだよねー」とベテランの方に教わって、その通りの結果となりました。

 

無くても釣れますが、
カツオにはあったほうが良いと思えるアシストフックです。

 

ただしシャウトのジャコフックは細軸なので、良型のカツオが掛かると伸びます。3キロを超える個体が混じるようならパワフルジャコにすべきかもしれません。

 

TGbaitSlimb個人的には、カツオに限っては、扱うジグが非常に小さいので、針の大きさと重さ、強度には、こだわってもおつりがくると思っています。

 

  
そこでジャコフックの自作もありではないでしょうか(*≧∀≦*) 

 

※動画内で使用しているアイテムリンク 

  1. ヒラマサ針(amazon)
  2. ジギング組糸(amazon)
  3. セキ糸(amazon)
  4. オーロラハゲ皮(楽天)
  5. AURORA THREADS(楽天)

難易度SS級マルイカの多点掛けには秘訣があった?!(2019/06/18)長三朗丸

釣行データ
釣行日 2019/06/18(火)
船宿 長三朗丸 / マルイカ船
竿

自作竿(2017年度版藤沢ブランク- 並継部分4.5㍉- 先径0.3㍉)(450×0.8×5.5から削りだしたもの)レギュラーテーパー

リール

Piscifun SAEX ELITE(注:淡水リール)←予備

daiwa スパルタンRT TW 100XH
daiwa エアド 100H

PE

シーガーPEX8 0.8号150m(下糸あり)

オモリ

スカリー30号~50号(浅場なので30号メイン。40mラインのときは40~50号)

ハリス  トヨフロン船ハリス 4号
仕掛け図 仕掛け図 直結5本 幹間1m、捨て糸1.5m
研ぎ器 カンナくん大成功です
竿休め チョイ置きキーパー or チョイ置きホルダーライト
ツノマット ツノマット300
投入器 Daiwa イカヅノ投入器 6本 ピンク +増設2本 x2
水温 20℃
葉山沖(佐島~名島):薄濁 ゆるい 15~40M
パターン

大潮3日目  (満潮 4:09  干潮11:15)

北東 ⇒ 南 弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 マルイカ:17-75杯

自己釣果(左舷ミヨシ)

マルイカ:75杯(ムギイカは数える程度)

 

tatsujin 

昨年、神様に教えてもらったのは、おもにぶっ込みの触りでイカが大きいときの「ブワブワ」を一寸、二寸待って合わせる同時多点掛け。

 

これは、一発で大きめのイカを数杯同時に乗せるテクニックであり、決して「巻きながらの追い乗り」を狙うテクニックではありません。

 

でも、たいぞう丸の左舷ミヨシで神様だけが小さなマルイカを多点掛け連発している姿を見て、不思議に思ったことはありませんか?

 

どう考えても小さなマルイカの追い乗り
狙っているときがあります。

 

ではどうやって?

 

マルイカの追い乗り考察

基本的に小さなマルイカは、乗っている時間が短いため、
即掛けが基本になると思います。

 

そうして1杯、中型ならちょい待ちで2杯掛けた後、ゆっくり巻きでマルイカも多点掛けを狙うことができます。

 

yjこのヒミツに迫った長三朗丸のユウジくん(船頭)は、ここ最近、様子があれば佐島や名島の浅場でマルイカの多点掛けを連発。

 

先週も15mの名島で小型マルイカの3杯掛け、4杯掛けを見事やってのけました。(スッテは5本。4杯掛けは本人もビックリw)

 

ただしこれは「言うが易し」で難易度はSSクラスです。

 

ムギイカの時期であれば、多点掛けのコツは、大雑把に言えば「ゆっくり巻く」だけだと思います。水深もあるし、イカの泳層も広く、身切れしにくいので、雰囲気さえあれば多点掛けを狙うのもそこまで難しくはないと思います。

 

しかし浅場の水深はそもそも15mしかありません。

 

その上、追い乗りを狙ってゆっくり巻いてもアタリを弾いてしまい、そう簡単には乗ってくれません。なにせ掛かるときは触腕1本です。

 

アタリを弾かないようにするコツは、竿を起こさないことです。竿を水平に起こした状態だと穂先がアタリを弾いてしまい、うまく掛かりません。

 

なので、

 

shitamukiアワセたら速攻でリールを巻き取り竿を下に向けます。そしてゆっくり巻きはじめます。写真はその練習風景ですが、もっと穂先を下に向けたいですね…。

 

wakashacho「昨日もユウジくんはこうやって巻いてましたよ」と昨日の状況を教えてくれたM若社長。

 

この、竿を下向きにする一連の動作が簡単なようでけっこう難しいです。

 

イカはやる気さえあれば水面まで追ってきます。

 

今日はルアーを追いかけるようにスッテを追ってきたマルイカが、水面で踵をかえす姿を見ることができました^^

 

掛かったらゆっくり巻きます。触腕1本で掛かっているので、速く巻くと柔らかい身が千切れてしまいます。

 

seikouこれは貴重な成功例。取り込みはそぉーっとねー^^;

 

もっとも、このような多点掛けを狙える状況というのは、ムギイカ同様、イカにやる気があるときだけです。いつでも狙えるわけではありません^^;

 

でも突然スイッチが入ったりするから難しいんですよね。

 

「触り」で状況が読めるようになれば最高!!

 

1560833439-1-1829-ck今日はどうだったのかなー^^;

 

何回か成功したような気がするけど、
それ以上に多くの犠牲を払いました^^;

 

  
それでも練習あるのみ (*≧∀≦*)

 

いざ爆発力のある浅場で、
多点掛け連発すれば釣果は「倍」変わりますからねー^^