ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前



ガイドラッピングは2重巻きとダブルラッピングどっちが良いの?

ロッドビルディング



ガイドラッピングの「2重巻き」

DSCN774b

ガイドラッピングの「2重巻き」とは、

 

  1. ポリスレッドなどの強力なスレッドで通常通りガイドラッピングを行う。
  2. その上から飾り巻きなど(総糸巻き用のスレッド等で)2重にラッピングを行う。

 

①で強度を確保しておき、②で装飾するというラッピング方法が「2重巻き」です。藤沢釣具はこの方法を推奨しており、①のスレッドにはジャストエースのCスレッドなど、太め、強力なポリスレッドを使います。

 

今までは何の疑いもなく
この手法で大物ロッドを何本か作ってきたのですが…

 

同じことをやってると飽きるじゃないですか(^o^;) 

 

そこでメーカーがよく採用している
「ダブルラッピング」というのをやってみようと思ったわけです。

 

「ダブルラッピング」とは

シーケンス 01.Still028c

ダブルラッピングとは、

  1. ブランクにスレッドを巻く。(総糸巻用のスレッドでOKだが、薄く仕上げるなら毛羽立ちの少ないCスレッド等)
  2. その上にガイドを乗せ(強力なスレッドで)ガイドラッピングを行う。

 

ガイドとブランクの間にスレッドを巻くことで、適度な遊びを作り、高付加時の素材への緩衝力を分散することで、ガイドの取り付け強度をアップするというラッピング手法です。

 

さて、この「ダブルラッピング」を行ったロッドメイキング動画を公開したところ、

 

   

「大物竿のガイドラッピングは二重巻きにしないとクラック入りますよ」というコメントを頂きました。

 

ありゃ(。-_-。)?

 

確かに「ダブルラッピング」のガイドラッピングは一重ですが、

しかし多くのメーカーが大物竿にこそ採用している「ダブルラッピング」がダメなんてことはないでしょ?(ノ ̄△ ̄;)

 

と思ったところ。

 

ふと「ダブルラッピング仕様」をHPに謳うロッドの共通点に

( ゚д゚)ハッ!

としました。

 

大物竿にダブルラッピングを採用する理由

DSCN3476c

理由は簡単。

ダブルラッピングを採用する竿のほとんどが「ウレタン塗装」だからです。

 

「ウレタン塗装」に「総糸巻き」と同様のクッション性は期待できないため、「総糸巻き」と同じ原理の「ダブルラッピングの下巻き」を施し、部分的にクッション性を得ようというのがダブルラッピング。

 

DSCN4281d

「総糸巻き」と「ダブルラッピングの下巻き」の違いは、スレッドを全体に巻くか部分的に巻くかの違いのみで、ガイドとブランクの間に適度なクッション性を確保している点では同じです。

 

つまり総糸巻きロッドにダブルラッピングは必要ないわけです。

 

…では (^O^;)?

 

総糸巻きロッドにダブルラッピングした場合は?

 

ダブルダブルラッピング(°д°) ?

 

おそらく無害ですが
わざわざやる意味はなさそうです…(笑

 

…。

 

…(꒪⌓꒪)チーン

 

竿師が「2重巻き」を推奨する理由

DSCN7781b

竿師が2重巻きを推奨する理由。それは「2重巻き」のほうがスレッドの選択肢が多いからです。

 

29089b

総糸巻で仕上げる竿師はやっぱり華やかな竿を作る傾向にあるので、ラメスレッドの選択肢は多いほうが良いです。

 

しかし、強靭なラメスレッドとなると、ラインナップが極端に少なく、知る限りサオヒロの太巻用ラメスレッドくらいしか思い当たりません。

 

そこで「二重巻き」の一重目で強度を確保しておき、二重目でラメスレッドを自由に選択してデザイン性を上げるというわけです。

 

自由にデザインしたいなら「2重巻き」。

 

ごくシンプルな理由ですね^^

 

というわけでスレッド選択の失敗談

シーケンス 01.Still025

バンディットキハダ170のリメイクで使用したスレッドはすべて「スケルターワークスのラメスレッド」です。

 

エポキシを吸って暗く落ち着いてからの発色もよく、立体感があり、独特の色気があって気に入っております^^

 

しかし…。

 

DSCN4380b 

LM01〜LM11ガイドラップに最適です。ブランクに総巻きした場合、やや太めに仕上がります。
LM12〜LM31ブランクの総巻きに最適です。また、ガイドの小さな場合のガイドラップにも適しています。

まさか番手によって強度が違うとは(笑

 

ガイドラッピングに弱いほう使っちゃったじゃんけ~(T-T)モーモーナクヨー

 

早い段階で
クラックしそうです (ノ´∀`*)アハハハ

 

まあ使うけどね(•̀ᴗ•́)و ̑̑

 

DSCN3472c

ちなみにバンディットキハダ170のダブルラッピングに使われていたスレッドは、見た限りでは「JUSTACEのメタリックスレッドC」ぽいです。

 

Cスレッドは強力なポリスレッドなので、
1重巻きでも問題なさそうですよね。

 

DSCN3112c

それでも、4本マグロを獲った後の10番ガイド(高負荷部分)には派手なクラックが入っていました。

 

ダブルラッピング x Cスレッドとはいえ、このくらい派手にクラック入っちゃうんですねぇ。

 

20200206_01311c 

藤沢のSグラスロッド「165-13slim-HH」に使ったスレッドは比較的強いスレッドではあります。

 

 

中物対応ってのが微妙ですけど

 

DSCN4382d

でもほら見て!ヽ(`Д´;)ノ 

 

超強力って書いてあるよね!(`д´/;)/

 

ポリエステルだし!!ヽ(`Д´;)ノ

 

引っ張っても千切れたこと一回もないしーヽ(`Д´;)ノ

 

中巻用
中物小物~中物ロッドのガイド上巻用、グラス・カーボンブランク本体の総巻用に使用できます。

 

なんとか1シーズン持たせたいと思います(笑



web拍手

| 登録タグ:

« « 前



スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top