ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



2018カツオ混成巨大ナブラでマグロヒット情報(2018/08/11)

カツオ釣行記



釣行データ
釣行日

2018/08/11 (土)

船宿 五エム丸/カツオ・キハダ船
竿(エビング) Daiwa キャタリナJ60HS-E
リール(エビング) Daiwa キャタリナ4500H
ジグ(エビング) 2WaySpaiky セミロング ラウンド 250g
天秤(エビング)

エビング専用直線テンビン (ショックリーダー:ナイロン 26号/110lb2m、結節はPRノッター)  PE4号400m(ラインはフッ素加工済み

ワーム DRスティックの2個付
ヒット時の仕掛け(エビング)

ハリス16号3メートル 針15号

水温

26.5度

澄み 緩い メインの棚 20~40m

パターン 大潮2日目  (満潮 3:51 干潮 10:40 )
月輝面 0.8% 月齢0.7

南 弱い⇒ほどほど

波高 0.5M
天候 曇りのち晴れ
船の釣果

本ガツオ:3.2-3.8kg    0-2本
キメジ   :2.9-7.2 kg      0-1本

自己釣果(右舷舳先) キメジ   :2.9kg      1本

sendan28/11(土)は先週のナブラ(魚の群れ)とは違い、場所は真鶴沖。

 

カツオとマグロの「混成ナブラ」を追い回す展開で、上層を狙えばカツオ、下層を狙えばマグロといったストップ&ゴーの展開。ナブラは大きいものの、1つのナブラに対して船の数が多く、なかなか難しい状況でした。

 

それでもチラホラとマグロが釣れはじめたのは嬉しい展開です^^

 



マグロをヒットさせた方の仕掛け 

t180811-01b同日、葉山あぶずり港「たいぞう丸」でヒットした27.4kgのマグロ。

 

皆がマグロ狙いで挑む中、皮肉にもアタリがあったのは「ハリス12号のカツオ仕掛け」の方だったそうです。(詳しくはたいぞう丸の8/11(土)釣果速報をどうぞ)

 

1533972413-1-4506-ckbそして五エム丸の釣果写真、注目していただきたいのは後ろで悔しがってる人ですw

 

1533972413-1-4506-ckcこの方こそ船中1回の貴重なマグロヒットを
バラした張本人…o(-`д´- 。;)

 

「ハリス14号3mのカツオ仕掛け」に喰ったそうです。

 

さらに五エム丸の別船で、
Mさんがバラしたマグロも「ハリス12号のカツオ仕掛け」…。

 

ハリス12~14号…。

 

これは偶然でしょうか?

 

ebi3私はといえば、エビングで狙うもまるでアタリなく

 

hari3「ハリス20号の強化チューブ仕掛けが良くないのかもしれない」と思い至ったころには、時合いが過ぎていたのかもしれません…。

 

ebi2失った時間を悔やみつつも「ナイロン16号」のシンプルな仕掛けに変更。

 

ワームも3.5⇒2.5インチにサイズダウンしてみました。

 

ebi5すると!ヽ(`Д´;)ノ

 

kimejiおっかしーなー(^O^;)

 

泳層はマグロのはずだったんだけどなー(^O^;)

 

…たまたまかもしれませんけど、「シンプルな仕掛け&ハリスを細く(または柔らかく)したら食った」というのは事実です。

 

ここで過去の知識が崩壊しました。

 

今まで、「動きの速いストップ&ゴー」なら「魚はよく見ていない」ので、「太めのハリスでも喰う」と思っていましたが、今回は太ハリス惨敗。

 

今一度状況を考えてみますと、

 

sendanこの日の状況は、巨大ナブラながら、ナブラ自体が少なかったです。

 

少ないナブラを船団で追いかけまわせば
時間経過とともに警戒心が増し渋くなっていくのは必至…。

 

結果として、細ハリス(柔らかいハリス)の方に
吉が集中したのかもしれません。

 

まとめますと、

 

  • ストップ&ゴーならコマセはドバっと振ってズドン
  • ハリスは短め

 

という方向性は今までと同じながら、

 

  • 同じナブラを狙い続けるなら(渋いようなら)「シンプルな仕掛け&細ハリス有利」かもしれない…。

 

と感じた一日でした。

 

ただ、これは一過性の情報に過ぎないと思っています。釣果はいつだって船や釣り人によりますし、太ハリスでヒットさせた方もいると思いますので…

 

情報は参考までにお願いいたします^^

 



web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »



スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top