ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



疑似餌って難しい(2013/08/26)

カツオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2013/08/26(月)
船宿 五エム丸
竿 ダイワ(Daiwa) GOUIN BULL HH-220
リール シマノ (Shimano) TIAGRA30A(ティアグラ)PE8号
仕掛け1 ハリス20号1本針3~4メートル、環付きインターフック15号
ビシとテンビン チドリ式天秤108式 MH型   青物バスター80号
水温 26 度
葉山沖:うす濁り、ゆるい  15-50m
パターン 中潮3日目  (満潮7:48)(干潮13:45)
月輝面 -71.8% 月齢19.2
北東、弱い
波高 0.5M
天候 曇り/晴れ
船の釣果 カツオ:1-6(竿頭:右舷胴の間)
キハダ:船中1
自己釣果(左舷ミヨシ3番目) カツオ:4

 

 

 

 

DSCN3685

今日は真治船長も同船^^
クルージングの際、いくつか面白い話を聞かせて頂きましたよ~。

 

 

 

 

 

カツオの知識その1:疑似餌の流行

 

そもそも「サバの猛攻」がすごかった年が過去にあったそうです。「サバの猛攻」を回避するために考案されたのが「擬似餌」のはじまりなんですね。

 

それ以来、疑似餌は「餌取りに有効」とされ、カツオの群れにサバがいなくなった現在でも「擬似餌ブーム」だけは続いているのだそうです。

 

 

 

つまり、「餌取り」さえいなければ疑似餌は必要ないことになりますが

DSCN3678

朝は餌取りが多いこともあるので、
「スーパーオキアミL」を刺してスタンバイすることに^^

 

 

 

 

 

カツオの知識その2:潮が暗い

 

「今日は潮が暗いねぇ」

海の状況を見て渋そうな顔をする真治船長曰く、
「暗い潮」よりも「澄み潮」のほうがカツオの食いは良いそうです。

これにはびっくり!

メダイや真鯛とは対照的に、カツオは「澄み潮」のほうが釣れるんですね! 魚によって釣れる潮の条件が違うとは、勉強になりました^^

 

 

 

 

ただ、あまり当たって欲しくなかったこの読みが…。

DSCN3675

見事的中

朝から棚が深く、仕掛けを下ろしてもなかなかカツオのスピードに追いつけません。

 なんと午前11時まで船中ノーヒット~

 

 

 

 

もっともどの船も同じような状況だったようで、

DSCN3694

無線で「当たり」の合図が出るとカツオのポイントは大混乱!

こうなると海の下はコマセ一色、カツオのお腹もすぐにパンパンです。どの船も拾うような当たりしかなく、ほとんど宝くじ状態でした

 

 

 

とうとう見切りをつけて男旅に出かける高志船長、

「今日はカツオ、いまいちなんで、マグロ狙っていきます

 

DSCN3698

 

 

 

 

もちろん密かに用意しておいたマグロ仕掛けに変更!

ハリミツの目玉ビーズを試す機会を得ましたが、

 

DSCN3690
私の竿は曲がりませんでした^^;

 

 

 

 

 

右舷胴の間でヒット!

DSCN3718

 

 

DSCN3720

ちょっとサメに甘噛みされたようですが、無事に揚がってきたマグロは28㌔。お見事です^^

でっかいピンク色のビーズを咥えていますね。

 

思うに、ビーズは何色でも食うと思うんですよね。それよりも、フロート効果を狙ったビーズによく食うように思えるのですが。。

 

針は最近「ジャイアンとキハダ」が人気ありますね。
針やビーズにかんしては今後も継続して観察していこうと思います。

 

 

 

 

今日は撃沈!?

 

ようやく活性の高そうなカツオナブラを発見したのが午後12時半!!

この機会を逃したらボウズ確定です。

気合を入れて仕掛けを投入しますが、しかし「ぼよん」と竿が跳ねて「付け餌だけ」取られること実に2回!

 

 

 

DSCN3687

「マルキュー55mm」に比べても大きな「スーパーオキアミL」

 

この大きさがいけないのでしょうか

 

 

隣の人はピンクのマルキュー55mmで食わせていましたから、疑似餌がだめなわけではないはずです。ただ、私の擬似餌には食わない

 

 

どうやら今日はカツオの足がとても早いようです。

みんな間に合ってないよ! 15メートルでいいから!」
という船長のアナウンスがあったくらい。

つまり、猛スピードすぎて「食いが浅い」…?

 

 

DSCN3713

とりあえず疑似餌をはずすと、

 

 

 

 

DSCN3724b

コマセを振り終えると同時にヒット!

 

上記写真を見てのとおり2本とも口が壊れています。

やっぱり食いが浅いようで、
こんなときは疑似餌は向かないのかもしれません。

 

いずれにしても、オマツリを嫌って強引に巻きすぎなのか、口が壊れて取り込みで2回バラしましたから、難しいですね。

 

 

 

 

DSCN3726b

なんと1本は針が頬に刺さっていました。

 

 

 

 

DSCN3730b

 

なんとか最後の40分で4本ゲット、
いやはや危なかった^^;

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top