ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



エビング初挑戦!(2014/08/14)

カツオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/8/14(木)
船宿 五エム丸/キハダ・カツオ船
竿 メロン屋工房 TrueBlue FC78H
リール ダイワ キャタリナ 6500H
仕掛け ハリス20号3メートル、ジャイアンとキハダ16号
ジグとテンビン エビングセット150g、200g  
天秤とショックリーダーの結節具 SSボールベアリング3号  (ショックリーダー:フロロカーボン80ポンド5m、結節はPRノット
ジグと天秤の結節具 スプリットリング3号
ワーム DRスティック
水温 24 度
澄み  ゆるい  棚 50m~20m
パターン 中潮2日目  (満潮 6:39 干潮 13:39)
月輝面 +84.1% 月齢18.2
南西、弱い
波高 0.5M
天候 晴れ
船の釣果(2隻の高低) カツオ:0-2    キハダ、キメジ:0-2 (20kg、28kg)
自己釣果(左舷舳先) キメジ:1


DSCN5368b

スピニングリールって、電動リールやトローリングリールと違って
竿に対して下向きにつけるんですね!

 

…つい先日までそんなことも知らなかったルアーど素人の
わたくしではありますが

 

 

 

 

 

 

DSCN5409b

本日はエビングに初挑戦でありますっ!ヽ(`Д´;)ノ

 

…果たしてお魚釣れるんでしょうか

 

 

 

 

 

 

DSCN5384b

台風が去ってから4日目の本日。

 

さすがに台風の影響はなく海は凪いでおりましたが、先週とはうって変わってナブラが1つもありません 

 

どうやら今週の「水温低下」は「台風」が原因のようですね…。

 

探しても探しても…

 

 

 

 

DSCN5388b

ナブラがヽ(゚д゚ヽ) な~いっ(ノ゚д゚)ノ!

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで

DSCN5395b

たいした期待もせず船団に合流すると。

 

 

 

 

ななななんと…!!

 

 

 

 

 

 

DSCN5393b

あちらこちらでダヒットぉ!!ヽ(`Д´;)ノ

 

なんとエビングでもヒットしておるじゃありませんかっ

 

 

 

 

 

 

DSCN5372b

高鳴る興奮を抑えながら大急ぎでハリス14号>20号に変更!

 

 

…からのぉ…!!

 

 

 

 

 

DSCN5460b

エビングちゃん初投入!ヽ(`Д´;)ノ

 

指示棚は50~60m。

水温が低いせいか真夏にしては深めです。

 

 

もちろん狙うはキハダマグロ…!!

 

 

しかぁし
こんな写真↑撮ってる間に

 

 

 

 

 

 

DSCN5399b

とっとと餌釣りトモ3番の方にヒット!ヽ(`Д´;)ノ

 

この方なんと「シマノ3000番台」と小さな電動リールながら、

 

 

 

 

 

 

DSCN5401b

真治船長の強力なアシストにより

 

 

DSCN5402b

取り込み大成功っ!(σ≧▽≦)σ

 

きゃ~真ちゃんマジッくイイ~!ヾ(*>▽<*)ノ

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5410b

このときばかりはキハダの活性も高かったようで、他船でのヒットもポツポツと確認。本船でも2回ほどヒットしますが惜しくもラインブレイクが続きます。

 

 

しかしすぐに活性は落ちてしまい…

 

 

正午まで「おさかな船中1匹」という渋い状態に…

 

 

 

…(°Д°)

 

 

 

…Σヽ(°Д°;)ノハッ

 

 

 

 

 

DSCN5415b

ここでと思いました。

 

このようなまったりとした雰囲気には覚えがあります。釣りものはタチウオでしたが、そのときは確かシャクって誘えばバクバクだったような…。

 

 

 

 

ヒラメキーの…(_ _|||)

 

ヒラメけーの…(|||_ _)

 

 

 

 

 

 

 

 

基本を確認

DSCN5418b

せっかくワームを使うのですから、ワームの良い部分がスポイルされていては釣れるはずもありません。というわけでワームの泳ぎを確認すべく、1回分お休みしてワームを潮に流してみました。

 

 

 

 

 

 

DSCN5419b

尾っぽの部分がヒラヒラと漂っていい感じに泳いでおります。

 

…おや??

 

ワームの腹側が上になって泳いでる…?

 

 

 

 

 

DSCN5417b

どうやら針の重い「軸部分」が下になって泳ぐようです。

 

そこでワームの付け方を見直すことに。腹側から背に抜いてみます。これで、背中が上を向いて泳ぐはず…。

 

 

するとどうでしょう…!!

これが功を奏したのかどうか、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5422b

 

キタっしょ━―━―━―ヾ(ΦωΦ*)ノ―━―━―━!!! 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5426b

もしかするとカラーを「ネオンピンク」>「デッドリーシャッド」に変更したからかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5423b

今年初ヒットも~嬉しくて嬉しくて「どや顔」すみません

 

 

 

釣り方メモ
棚下5mくらい沈め、1.5mほどシャクりあげては、竿先を下げながら1.3mほどリールを1巻きして、3~4秒当たりを待つということを繰り返したところ、シャクり上げた直後に指示棚でのヒットでした

 

 

 

 

 

 

コマセを食わないときの魚の動き

DSCN5455b

その後、船室に入って魚の様子を見てみると…

 

ソナーにはちゃんと魚が写っています。というか仕掛けを投入すると、パッと魚が散っちゃうのですね。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5441b

このとき魚の動きはとても緩慢で、船を避けるように周回しており、あくまでまったりとして食い気がないようでした。

 

 

反応は、消えたり…

入ったり…。

 

 

 

 

 

 

DSCN5426b

なるほど、食い気がないなら(ワームで)

遊ぼうよ(σ≧▽≦)σ!

 

というわけでシャクったら効果があったようです^^

 

ワームの動きに興味を示した1匹のキメジがひょいっと遊びに来て、思わず食べちゃった。

 

今回のヒットを船長はそんな風に分析しておりました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、

DSCN5458b

残すところロスタイムのみ。
船団を離れて五エム丸「高志船長」の船に合流すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5461b

なんと、ここではカツオ爆烈!!!

 

本日最初にして最後の

カツ大チですっ!!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

DSCN5462b

本来であれば細ハリスに変更すべきですが、仕掛けの投入が遅れればチャンスを逃すと考え、仕掛けは変えることなくハリス20号のまま、付け餌のみ師匠の教えどおり特選オキアミ55mmに変更しました。

 

時合いを優先し、棚下2mのみ沈め、
シャクることなくリール2巻きして指示棚へ直行…!!

 

するとどうでしょう…!!

 

 

 

 

 

DSCN5460c

触る~っ

 

けど食いませぬっ

 

 

 

 

 

DSCN5462b

やはり16号じゃあ針がデカいのでしょうか

 

仕掛けを変えるべきでしたかね…。

 

 

 

 

…沈~

 

 

 

 

 

 

 

最後に余談ですが、

DSCN5456b

餌釣りの方で、「コーティングオキアミ」なるものを持参されている方がおりました。みな店舗をめぐって7月中には買い占めてしまうそうで、シーズン前には売り切れてしまうほど人気が高い商品だそうです。なので8月現在は売ってないみたいですね

 

 

 

「エビング」でも…。

これだけしっかりした生餌なら、生餌が有利なこともあるんじゃないだろうか…

 

とそんなことを、ルアーをやりながら
恥も外聞もなく思うごまプリンでした^^;

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top