ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



オキアミよりキハダが釣れちゃうワームって本当?! ~最近のハリス長考察~ (2015/09/05)

カツオ釣行記




釣行データ
釣行日 2015/09/05 (土)
船宿 五エム丸/カツオ・キハダ船
竿 自作(先径2.2mm元径14mmのグラスソリッド)
リール シマノ(SHIMANO) ティアグラ30A
ビシと天秤 青物バスター100号  305式 NH型天秤
天秤とショックリーダーの結節具

トローリングスナップ5号 (ショックリーダー:カーボナイロン24号/100lb3m、結節はPRノット
 PE8号500m

仕掛け ハリス18号6メートル 閂キハダ14号
水温 25度
薄濁り  はやい  棚 30m 
パターン 小潮2日目  (満潮 9:23  干潮 14:53)
月輝面 -53.1% 月齢21.5
北東 弱い
波高 0.5M
天候 曇りのち晴れ
船の釣果 キメジ: 0-2  カツオ: 0-1 他ヒラソウダ
自己釣果(右舷ミヨシ2番) (。>д<) テヤンデイ

10801693_1571465379735268_7752380825227117056_b仲間は順調に(^o^;)

 

 

 

S__7946255bキハダを獲っているというのに(^o^;)

 

 

DSCN8632Bわたしの獲物はこんなんばっかし(^o^;)

 

あ~れ~(^o^;)

 

 

DSCN8785bと思っていたら、この日は朝のうち1時間ほど好調な時間帯がありキメジバリバリ船下通過!!ヽ(`Д´;)ノ 

 

わたしのキメジはオマツリ中、
サメの胃袋に収まってしまいましたが(^o^;)

 

 

DSCN8776bたったの30分で三回ヒットした方もおり…!ヽ(`Д´;)ノ 

 

 

 

DSCN8796b

…?

 

ふと、キメジをヒットさせた方の仕掛けには
とある共通点があることに気づきました。

 

 


DSCN8796bみなハリス6メートル…?

 

キメジと言ったらハリスは長くても4.5メートルで釣れるイメージです。

 

であるのに、ハリス6メートルという長めの仕掛けにしか食わないというのは摩訶不思議

 

偶然でしょうか(。-_-。)?

 

それとも今年の魚を攻略する
何かヒントが隠されているのでしょうか…?!

 

 

 

初心者さん向けハリス長考察

DSCN8755b真鯛でもワラサでも渋いときには「軽量針」といいますね。

 

「閂キハダ」も、キハダ狙いの針としては「比重の軽さ」を売りにする渋対策用の「軽量針」です。

 

 

DSCN8757bしかしそれでもキハダをターゲットにした太軸針はやっぱり重いです。風呂場で実験してみるとあっという間に針が落下する様子を確認できます。

 

ですから、たとえ「海水の浮力」や「ハリスと付け餌の比重」により「針の落下速度」が緩やかになるとしても、やっぱり針は数秒で沈むと考えるのが妥当だと思うんですね。

 

そう考えると針は、常に、「指示棚よりハリスぶん下に落ちている」と仮定できます。これは真鯛でも同じ考えが通用すると思います。

 

であれば、コマセはやはりハリスぶん落としたところから振りはじめるのが妥当ではないでしょうか。その上で、潮流れが速いようなら、ちょっと上からコマセを振りはじめる等、人それぞれに工夫があるわけです。

 

そんなわけでここでは、

「針はビシよりハリスぶん下にある」

という前提で話を進めます。

 

ではなぜ、この日みたいに長めのハリスが有効な日があるのでしょうか。

 

それは、魚の動きが関係していると思われます。

 

魚は必ずしも指示棚を通過するとは限らないそうです。とくに今年はシラスでお腹が一杯だからなのか、魚がビシを嫌って船下を通過してくれないことが多いそうです。

 

また、たとえ魚が船下を通過したとしても、ビシから距離をおくように深く潜って船下を通過することもあるそうです。

 

たとえば指示棚が30メートルなら、
40メートル付近を通過することもあるのだそうですね。

 

ならば、そのぶんビシを下げたら良いと思うかもしれませんが、ビシを下げてしまうと、魚も一緒に下がってしまうため、難しいのです。

 

そうなんです。

 

そんなときは、ハリス長めで「針を下のほうに置いておく」のが有利ということになります。

 

コマセはポロポロ、だいたい指示棚よりハリス分かその少し上までビシを落とし、ハリス半分くらいまで素早く3回程シャクリあげ、指示棚にセットして間もなくズドンという理想的なヒットがこの日は目立ちました。 

 

もし、この先カツオが多く釣れはじめるようなら
そのときはハリス短めのほうがいいかもしれません。

 

しかしキメジ主体の今は、最低でも4.5メートルはあったほうが良いかと個人的には思っています。

 

 

ワームの威力!!

DSCN8792b

ちなみにこの日、隣の方がワームとオキアミの抱き合わせでヒットさせていました。

 

ワームと言えば「餌取り」対策、
最初はただの偶然だと思っていました。

 

しかし(^o^;)

 

 

DSCN8793b

エビングの方も同じくワームを使用していたことにビックリ!

 

なんとヒット数はコマセをしのぐ5回です。

 

エビングメモ:
1ジャーク2~3巻きで「ぎゅん」と初速にピッチをつけてシャクり、竿を立てたときに一瞬ピタリと穂先の動きを止め、しかしそれ以外には意図的な「止め」は作らず連続的なシャクリでヒットさせていました。
てっきりエビングは「止め = 間」が必要だとばかり思っていましたが、魚の活性に合わせてテクニックも色々なのですね^^

 

 

まさか…

 

 

DSCN8812cこんなゲジゲジに喰うなんて(^o^;)

 

 

 

DSCN8834bその翌日となる9月6日は、うって変わってまったりモード。動きの速い群れは追わず、コマセについたキハダを一日中狙いました。

 

そうなんです。

 

わたしが船に乗る限りでははじめて、キハダがコマセについて船の周りをぐるぐる周回しているじゃありませんか!ヽ(`Д´;)ノ 

 

いつ食ってもおかしくない状況が続きましたが
この日は船中2ヒット。

 

 

DSCN8842b

目前まで迫りくる巨大なサメをなんとかしようと船長も必死で手繰り、

 

 

 

DSCN8844b30㌔のキハダが無事ネットイン!
q(≧ε≦*)三(*≧ 3≦)pカックイ~

 

ハリスはなんと30号の極太仕掛けです。
それでも食うのだから「付け餌」を注目せざるを得ません。

 

まさか…

 

 

DSCN8812bやっぱりコレ…?( ̄▽ ̄;)  

 

困りましたね…。

 

「エビング」でも「餌釣り」でも等しく効果を発揮するとなると…(^o^;)  

 

…。

 

え~っ偶然じゃないの~(σ≧▽≦

 

 

DSCN8825bちなみにたとえばこの商品、 

 

 

 

DSCN8820b

紫外線に当てるとケイムラが反応してこんなふうに光ります。

 

実はけっこうイメージと違う色で光る商品が多いので、最近は紫外線に当ててケイムラ色を確認するのが当たり前になってきました^^

 

ケイムラの話は…

 

…また今度いたしましょ(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • 吉村 高志

    ゴマちゃん、コメント遅くなりました!
    連休は毎日行かれるのかな?
    我が家は夫婦で船をやる為毎月金欠病です(笑)
    所で釣針の落下速度についての考察ですが、自分はどちらかと言うとハリスが長くなればなる程、たなびくのではないかと思っています。
    何故ならば、マルイカ釣りでの考察と同じなのではと思うからです。
    錘をそのまま海に投げ入れればそのままストンと落ちるかもですが、ラインやら、イカ角やらがぶら下がって、折からの潮の流れの影響と船の動きに影響は少なからずとも受けるのではないかと思うからです。
    特に潮流はラインが太くなればなる程影響し、たかだか数十グラムのマグロ針は水中では太いラインの影響を受けてかなりたなびいているのではないかと思いますね( ̄^ ̄)ゞ
    マルイカ釣りの30mや40mの棚でさえ、PEのライン制限(しかも胴付仕掛)を船頭がする位潮流のラインへの影響はかなりあるのではないかと思っています。
    では、何故長いハリスが食いが良いのか?
    これが又難しいですが、現在分かっている事は真鯛の長ハリスの原理ではないかと。。。。言う所までです。
    又、物理的には非常に不可能な仕掛けですがテーパーにしたらどうなのか?とかですかね(笑)
    余りオープンにはしたくなかったですが、ワラサや青物等もテーパー仕掛けは渋い時にはかなり有効です。
    ただ途中にサルカンをくっつければいいと言う訳ではないんですが、間違いなく渋い時には独り勝ちモード突入する可能性は十分ありましたね(^m^ )
    マグロなど、出来れば結び目を多く作りたくない釣り物は、テーパーの様な仕掛はばらしのリスクと表裏一体となる為基本的には×です。
    では、長ハリスで人より○○すると○○になるのではないのかな?
    と思いました。

    • 吉村さんこんにちは\(^o^)/
      いつも鋭いツッコミありがとうございます!

      まさにその通りだと思います!真鯛釣りのテーパー仕掛けなんかは特に、渋対策に効きそうですよね!

      上ハリスを太くして潮に流し( 動きが自然に)、下ハリスは細くして視覚的に有利に食わせる…

      テーパー仕掛けは「自然」を演出する方法としてもっともわかりやすい例だと思います。

      でも吉村さん!
      これって上級者向けの内容だと思います!(笑)

      潮の流れを読み違えたら棚ボケする可能性もありますし、
      なにより足の早い魚が過ぎ去る前にコマセをふらないと魚はあっというまに通過してしまうのが通常のカツオ、キハダでは、フロートの考えは基本とはならないかと思います。

      こんな例もあります。

      14号ハリスでも食わないので、どうせ食わないならと20号ハリスにかえた途端、10キロのキメジが食った。(ハリスがフロートしたから自然に見えた?)

      キハダが回ってきたので長太ハリス、太軸針に変えたら、カツオが食った。(説明不能)

      コマセを棚で一回だけふったら、直後3メートルの仕掛けにキハダが食った。(実はキハダはコマセ缶に限りなく近づいていた)

      いずれも潮の条件、魚の活性がちぐはぐで、たとえ原理を説明できたとしても、別の日に再現するのは難しく、基本とは言いにくいです。

      そんなわけで、「基本」はあくまで、ハリスぶん落とし、コマセをふることだと思っています。皆が釣れているのに自分だけ釣れないときは特に、この基本に助けられたことが多いです。

      もちろん渋いときのコマセについたマグロを狙うなら吉村さんの考え大賛成です!

Go To Top
Top