ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



釣れない日の真鯛小話(2013/12/21)

マダイ・ワラサ釣行記



 釣行データ
釣行日 2013/12/21(土)
船宿 五エム丸 / 午後真鯛
竿 ダイワ(Daiwa) ヘルバイパー 270(II)
リール ダイワ(Daiwa) レオブリッツ 270MM
仕掛け ハリス3~4号8メートル1本針、 一刀真鯛8号
ビシとテンビン 夢の天秤    サニービシL80号
水温 17.9℃
葉山沖:うす濁り、ゆるい  棚56-70m
パターン 中潮2日目  (満潮 7:53 干潮 13:15)
月輝面 -87.9% 月齢18.1
北東、弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 真鯛:1枚  イナダ:0-1  ワラサ:0-2  花鯛4枚
自己釣果(左舳先) イナダ:1

 

 

DSCN6623b

天候に恵まれた三連休の初日。

「これはマグロ船か?」と疑うほど
真鯛船には多くの釣り人が集まりました^^

 

 

 

 

そこで、

DSCN6617b

右ミヨシに席をとった私は初の「特等席」へ(笑)

 

舳先(へさき)です。

 

慣れるまでは仕掛けの投入に手間どうものですが、個室のようでまさに特等席、慣れてしまえば意外と快適です^^

混み合ったなら、船長に許可を得て、
舳先にのぼってしまうのも一手かもしれませんね^^

 

今回は小話特集?です。

 

 

 

 

相模湾の潮と風向き

DSCN6635b

船は「風に向け」「潮に流す」のだそうです。

 

たとえば北東の風なら、船の先端(ミヨシ)は北東を向きます。
そして潮が西から東に流れているならば、船は東に流します。

 

船長曰く、活性が上がり「釣れだす」と、船を「止めぎみ」に操船するそうですから、どちらの方向にどれだけ潮が流れているかは、正確にはこのときにわかりますね。

 

もっとも、仕掛けができるだけまっすぐ落ちるよう船長が操船してくれているわけですから、あまり気にすることない豆知識ですが、

その日の潮が東向きなのか、それとも西向きなのか、データをとっていくと面白いことがわかるかも?ということで、私は毎回見るようにしています^^

 

 

 

 

 

コマセのイメージ

DSCN6641b

仕掛けの落下中、漏れたコマセの動きを観察していると、
海底に落ちていくオキアミの動きがなんとなく想像できますね。

 

もちろん、上潮と底潮の流れは違うこともありますから一概には言えませんが、私は釣れない日ほど、コマセワークのイメージとして落下するオキアミの動きを参考にしています。

 

あくまで個人的な意見ですが、潮が速いならコマセワークもテンポよく行い、潮がゆったりならコマセワークもゆったりでしょうか?

 

この日は潮回りよくトロトロと流れ、
コマセの効きもいい感じでした。

 

 

 

 

DSCN6637b

たまにこんな根魚が掛かります

 

棚のイメージは、海底からハリスぶんプラス2メートルと「底狙いではない」ものの、舳先は船が揺れるぶん、棚を上げないといけないのかもしれません。

 

しかし海底からハリスぶんプラス3メートルを狙ってみると、
こんどは餌摂りすらなく

 

なかなか本命が顔を見せませんね…。

結果的には船中1枚ですから、
こんな日もあるのだと諦めざるを得ません。

 

こんな日こそ、2本針を試すべきだったでしょうか

 

 

 

 

移動時の仕掛け処理

DSCN6631b

船が移動するときは、ハリスが風に飛ばされて手前マツリすることがあります。舳先であれば、写真のように少し水を流しておくと、ハリスがへばりついて風に飛ばされず、良いそうですね。

 

 

 

 

 

DSCN5336b

通常は、針先のほうをロッドキーパーのゴムで固定しつつ、

 

 

 

 

 

DSCN5031b

ハリスのたるんだ部分をバケツのなかに入れておけば、
風でこんがらがることもないのでおすすめです^^

 

 

 

 

 

 

オキアミの「抱き合わせ」

DSCN6642b

最近よくお会いする常連のT様、
今回は舳先でご一緒させていただきました^^

 

T様は活性の良い時合いでワラサを計2本、
しっかり獲られていましたが…。

 

 

 

 

DSCN6651b

私はイナダで、T様はワラサ?

 

何が違うのかなと「付け餌」をのぞいてみると、
なんとT様、オキアミの抱き合わせ??

 

イナワラはあくまで外道、狙いは真鯛です。ということは、T様はオキアミの抱き合わせで真鯛を狙っていたことになります

 

T様曰く「毎回抱き合わせだよ?」とのことで、これは、私にとってちょっとした事件。真鯛はなんでもナチュラルが良いと思っていましたが…。

 

なるほどワラサが食うわけです^^;

 

 

 

 

DSCN6624b

ちなみにオキアミは、海中でくるくる回らないようまっすぐ付けるのがセオリーですが、写真のように「ちょっと丸まった状態」も良いようです。

大鯛はこれに食いました。

海に漂うコマセは丸まっていることのほうが多いので、
少し丸まっているほうが自然、という理屈ですね。

 

まあ、食うときは何だって食うものですが(笑)

 

 

 

 

 

イカタン

DSCN6633b

最近持っていくことの多いスルメイカ。
東京湾でも相模湾でもワラサには有効ですね。

T様いわくイカなら「スミイカ」が良いそうです。なんでもスミイカは光るのだそうで、よりアピール力に長けているそうですね。

 

でも、

「ワラサにスミイカって、もったいないですね?」
「…だね(笑)」

 

というわけで、釣れない日ほど観察です!
常連さんにお近づきになって、色々と教わっちゃいましょう~^^

 

 

 

 

さて、

 

 

 

DSCN6651b

活性のある時合いにゲットした貴重なイナダくん。

 

 

 

 

 

DSCN6674b

イナダは最高のお土産ですねぇ…。

釣りとしては不完全燃焼となってしまいましたが、
食味は大満足でしたよ~^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Hiroyuki Nishihata

    三連休関東は釣り日和だったんですね?
    関西はダメでした。土曜日は時化で休船、日曜日はまるで寒行でした。
    寒い、強風、波浪・・・、釣れない物だからポイント移動のたびに波しぶき。
    「阿耨多羅三藐三菩提・・・」喝ッて感じでした。
    月曜日になんとかタイ2枚。でも瀬戸内のタイを食べなれていると太平洋のタイは美味しくないです。

    次回は年末3連戦で今年は終了します。

    • 西畑さんこんにちは。
      面白いコメントありがとうございます(笑)

      ちなみに雨の日はお客さん少なくて狙い目だったりしますよね。
      そんなとき、私は寒いのが嫌なのでだるまのように着込みます。
      するとむしろ暑く、動きが鈍くなりますが武者修行よりはマシだったりします^^;

      年末3連戦ですか~^^
      羨ましくもそれまた武者修行!?

      • Hiroyuki Nishihata

        着ぶくれして肩凝りましたわ。
        年末はまた寒波やもんねえ。
        またまた修行になるのかもね。
        棚の取り方、コマセワークはどうやってますか?
        ハリス+2mとの事なので、底から10mにビシが来るという事ですよね。水深50mなら40mでビシを止めてコマセを撒くのですか???

        • おっしゃる通りでございます。

          関東では棚は、ハリス分プラスマイナスで表現します。たとえば私の仕掛けは8メートルですので、指示棚が海底からの指示の場合、プラス2と言えばハリス8+2=10で海底から10メートルが棚です。そして棚は、ビシの位置をさします。

          コマセワークは人それぞれですが、真鯛の場合、だいたいハリス半分の位置(仕掛けが8メートルなら海底から4メートルの位置)からコマセを撒きはじめ、2~3回に分けてコマセを振りだし棚に(ビシを)セットします。潮の加減によってコマセの振り出し位置を変えたり、仕掛けを潮に馴染ませる時間を変えたりと、人によって工夫は違うようです^^

          • Hiroyuki Nishihata

            嫌味で突っ込んでいるわけではないよ。
            「五笑む丸」の鯛ポイントは砂底ですかね?
            単純にハリス8m、棚10m、ハリスが真っ直ぐに海底に下がっている(船が潮に乗って流れている)と考えると、針は海底から2mの位置と考え、そんなに底に鯛が居るという事は砂かなあとの想像です。状況の違いが知りたいのですよ。

            食いが渋いとき私の場合は
            ・針のサイズも落として、小さく、軽くしますよ。先日の鯛は2枚ともチヌ針3号。
            ・ハリスを落とすことはもちろんですが、比重の軽いナイロンに変えて潮に馴染ませる。
            ・コマセの出方を極端に少なくして、一流しで2~4回上下させる。
            こんな感じです。
            またタチウオ行ったんだ!!!
            拝見させてもらいます。

            • 五エム丸の鯛ポイントは砂泥です^^

              しかし、昔はベタ底でしたから、底から二メートルという棚でも昔と比べるとずいぶん棚が上がりました。根の上だと必然的に上からの棚になると思います。

              食いしぶり案、とても参考になります^^
              ちなみにナイロンハリスはカツオ、マグロで実績のあるバリバスを試したいと考えていましたが、どうも3号4号が売ってないのです。

              差し支えなければ、おすすめのナイロンハリスを教えてください^^
              クロダイ用とかでしょうか?

              • Hiroyuki Nishihata

                バリバス、ルアーコーナーに行けば細いのを売っていると思いますよ。ただしラインだけどね。ラインもハリスも大差ないと思うけれど・・・。
                柔らかくて良い糸ですね。渓流ルアーでは今でも使ってます。
                海に関しては私はあまり糸にこだわらない人なんですよ。ナイロンで太い物は「ニュークロー」、細い物は色のついてない安い「かせ巻」とか「ボビン巻き」使ってます。
                ボビン巻きは巻くせがあるので室内で横に引っ張って錘ぶら下げて数日伸ばしてますが、後はほとんど気を使わないです。
                フロロもほとんど銘柄にこだわり無ですが、細いのはやっぱり安い300m巻かな。10~20号くらいはまでは大口径のスプールに巻いてあるもの、それ以上はかせ巻を使いますね。
                先日のタイも今年?去年?出た名前忘れたけど下野正樹監修の300m1500円位の安いフロロでした。
                糸じゃない。アームです。なんちゃって・・・・。

                • 下野正樹監修フロロはサンラインですね?
                  本当に安いですね、ネットで買えば1メートル3円です(^^;

                  カセ巻きはまた漁師ライクな感じでこんなフロロもあるんだと勉強になりました。ありがとうございます。

                  私にはアームはないので(笑)
                  次回は自分なりの工夫を考えましたよ~(^^)/

Go To Top
Top