ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



久里浜沖タチウオはチビギャング!?

タチウオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/2/1(土)
船宿 川崎つり幸 / タチウオ
竿 ダイワ(Daiwa) A-ブリッツ タチウオ M-195
リール ダイワ(Daiwa) レオブリッツ 270MM
仕掛け ハリス8号3メートル2本針(自作
ヤマリア(YAMARIA) タチウオ針 WF 2/0
オーロラスレッズ(ケイムラ)、ムラムラパイプ
ちもとホタル
テンビン ヤマリアK型天秤50cm
水温 12℃
観音崎:濁り、速い 棚80m  久里浜沖:濁り、速い  棚120m
パターン 大潮  (満潮 6:16   干潮 11:58)  
月輝面 +2.4% 月齢1.2
北東、弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 タチウオ:    2-15本
自己釣果(左舷ミヨシ) タチウオ:       13本 

 

 

本格的な水温低下にともない超シブを覚悟してのタチウオ釣行。

DSCN0146b

いつものように観音崎沖から、

 

 

 

 

 

 

DSCN0152b

スタートできず~

 

 

 

 

DSCN0157b

いきなり貨物船乱入?! 貴重な朝イチはEVERGREENをぼけ~と眺めるばかりでしたが

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0164b

ようやく仕掛けをおろせば、非常に潮が速く、これは期待大?!

 

なんと、「超シブ」どころか本日のタチウオは大食漢のようです。
のっけから針を飲まれてハリス切れ連発~ヽ(`Д´)ノ

 

潮が速いとタチウオの食い気にもやる気を感じますね^^
こんなときは、当たりを感じたら間を置かないほうが良いようです。

 

 

しかし潮が速いと、反応が消えるのもまた早く…。

 

 

 

 

 

 

 

久里浜沖

DSCN0172b

早々に「久里浜沖」へ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0175b

さっそく仕掛けを下ろしてみると、これまた観音崎以上に潮がカッとんでいます。サミング効果も無いに等しく、道糸はほぼ真横へ

 

水深は130mとのことですが、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0177b

オモリを着底させてみると…160m??

 

このときの指示棚は海面から110~120m。そして水深は130mですから、とりあえず海底から10mより上を探ってみますが、当たりが出ません。

 

仕掛けを落とすたびに水深が深くなり、
こうなるともう「棚」がよくわからず

 

 

 

 

 

 

 

 

このままでは釣りにならないと判断し、

DSCN0179b

試しにオモリ80号を追加し、計180号としてみました。

 

すると、糸ふけは多少緩和されるものの、

 

 

半端なく重く
当たりもわからず

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0180b

お呼びでないから~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0178b

そんな中、隣接するこうゆう丸ではタチウオがポツポツ揚がっています。棚が違うのは明白でした。「棚いくつですか~」と叫びたい気分でしたが

 

 

 

 

状況を好転させたのは、

 

 

 

 

 

DSCN0215b

左舷トモ2番目の、

 

 

 

 

 

 

DSCN0215c

「赤いおじ様」!!

 

赤いおじ様の釣法はなんと、電動リールのゆっくりだだ巻き。
腰を据えてじっと竿先を見ていたのだそうです。

 

するとちょん、ちょんと触りがあったのだそうで、
ようやく久里浜沖にてタチウオ船中1本目をゲット!

 

「竿の動きをよく見てるんだよ」
と船長も感心しておられましたね…。

 

 

 

これを受けて、

DSCN0193b

「120m付近やってみて~」と再度のアナウンス。

 

 

棚さえわかれば

こっちのもんです(☆ω☆*)

 

 

もちろん電動カウンターなんて見ません。道糸のマーカーで正確に水深を測ります。棚は、120m前後(125~115m)と定めました。

 

そして誘いはオーバーアクション。水深が深いうえに道糸がフケているため、優しいアクションでは「竿の動きが餌にが伝わらない」のですね^^

 

今回は、「おじさん釣法改:MAXスピード」としました。

 

 

 

================================
おじさん釣法改:MAXスピード

海面まで下げた竿先を、目線よりやや下くらいまでスッと「抜き上げる」ように誘いあげ、ここで1秒と待たず、リールを一巻きしながら竿先を下げます。

竿を下げた状態でも1秒と待ちません。テンポよくふたたびシャクリ上げ、これを繰り返します。

================================

 

 

 

 

 

DSCN0228b

ガツンガツンのオンパレードで
潮止まりまでの1時間半で12本追加し、計13本~^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0182b

久里浜沖のタチウオは型が小さいですが、とても凶暴で

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0188b

突然、食い上がって針が2本なくなることもありました。
まさにチビギャングΣヽ(°Д°;)ノ

 

 

しかし、潮止まり以降は反応が消えてしまったようです。何回かは竿を下ろせたものの、クルージングしてそのまま終了となりました。

 

タチウオは潮が速いと釣果が極端かもしれませんね…。

 

 

 

 

 

 

ところで、

 

 

 

DSCN0192b

今回はちょくちょくイカ餌を試していたのですが、ダメでした~^^;

 

「よく当たる下針」にイカをつけても、わざわざ「当たりの少ない上針」のサンマに食うなど、明らかにスルーされた模様

 

イカは消化に悪いから?

 

理由はわかりませんが、
タチウオはかなり餌をよく見ているようです…。

 

 

 

 

DSCN0205b

圧倒的にサンマの食いがいいですね。次いでサバでした^^

支給餌を素直に使えってことですね

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Hiroyuki Nishihata

    タチウオは小さいほど激しくアタックしてきますね。
    ドラゴン級になると「コツっ」「モゾッ」とか本当に微妙なアタリしか出ません。
    ところで金土に四国に行っていた(釣ではない)のですが、変な針見つけました。私は「ムツ針」と先日書きましたが、同じこと考えてる人がいるものですねえ、だけど片方はエサを付けるのに苦労しそうな針でした。

    • 西畑さんこんにちは^^

      おおっ!本当ですね。
      ちなみに色々考えたのですが、
      この類の柄の短い針は、針を外すとき、プライヤー必須ですか?

      激しいちびギャングたちの場合は柄の長い針、
      でかタチの場合は短い針というのが、効率良さげですね。

      鮮烈のほうが良さげでしょうか^^

Go To Top
Top