ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



瞬殺対策おさらい~熱収縮パイプ~

カツオ・キメジ・キハダ攻略


DSCN3435b

マグロに針を飲まれると、口の中で針掛かりしてしまい、その鋭い歯でハリスが切られることがあります。俗にいう「瞬殺」というやつですね。

 

そこでみな「瞬殺対策」を講じるわけですが、

 

 

 

 

DSCN5164b

まず第一に、置き竿にするときはドラグをユルユルに設定し、キハダの突発的な走りによるハリス切れを回避することが挙げられます。

 

また急激な合わせは、「自らキハダの歯でハリスを切るようなもの」と言われていますから、手持ちで「前当たり」を察知したときは、針を口元まで引き出すようなイメージで押しぬくように合わせます。

 

 

 

 

DSCN5265b

また「ネムリ針」を使用して、キハダに飲まれた針を「口元まで引き出しやすくする」というのはもはや常套手段。近年では、ヒネリなくオキアミが刺しやすい「ジャイアンとキハダマグロ」が人気を博しています。

 

 

そして、

 

 

 

 

DSCN5233b

ハリスのチモト部分を「保護」するのも一手ですよね!

 

というわけで、

 

 

 

 

 

 

熱収縮パイプ

DSCN5256b

今回は「熱収縮パイプ」を使用してみました。

 

ところで、フロロカーボンの耐熱温度はおおむね150℃だそうですから、あまりに高温で収縮するパイプはむしろハリスを弱める結果になりかねないので、避けたいところです。

 

できるだけ「低温で収縮するパイプ」が望ましいですよね。

 

その点、「シュリンクパイプ」は80℃で収縮するので、ハリスの保護にはぴったりのパイプかと思います。

 

 

※シュリンクパイプの注意事項には「熱に弱いナイロン等には使用できません」とあります。ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

作り方の一例

DSCN5206b

まず使用するのは内径1.2mmのシュリンクパイプ。
30号以下のハリスであれば問題なく通ります。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5207b

やり方は至って簡単!

 

 

 

 

 

 

DSCN5226b

チューブと一緒に結ぶだけ^^

 

たとえば中村式南方延縄結びであれば、
最初に4回巻くときチューブの上から巻くだけでOKです。

 

 

 

 

 

 

DSCN5227b

こんな感じになりました。

 

 

 

 

 

DSCN5228b

さらに4.8mmのパイプをかぶせると

完全ガ~ド!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

DSCN4609b

ドライヤーは商品によるので

 

 

 

 

 

 

DSCN5229b

お湯をわかすのが確実です。

 

 

 

 

 

 

DSCN5240b

沸騰したら、火を止めて、ポチャンと入れます。
ハリスが鍋に直接触れないよう気をつけます。

 

3秒くらいで完全に収縮します。

 

 

 

 

 

 

DSCN5260b

ハリスすっぽり! 完全ガードの出来上がり~^^

 

 

名づけて、

ごまガ~ド!!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

…。

 

…( ✧Д✧) 

 

 

 

 

DSCN5246b

この収縮パイプ、内径が約50%縮むので、「1.2mm」のパイプは約「0.6mm」まで縮みます。

 

ハリス14号以上であれば
ほぼ一体化するのが魅力的ですね(≧▽≦)!

 

 

 

 

 

DSCN5238b

なお、巻きの部分はそう簡単には切られないため、1.2mmのパイプでチモトを補強するだけでも十分に効果はあると思います^^

 

 

 

 

DSCN5205b

熱処理が面倒くさいときはカラミ止めパイプでしょうかね~^^

 

 

 

 

 

 

瞬殺対策:余談

DSCN5211b

ハリスを締めるとき、…まさか歯で締めてないですよね?? 太号数は歯が欠ける可能性があるのでまずペンチの使用をおすすめします^^;

 

…がしかし

 

船長曰く、ペンチで強く締めすぎると、ハリスが伸びてしまい、クッション性がなくなって、むしろ瞬殺されやすくなるという話です。

 

瞬殺はまず、ハリスの締めすぎが原因かもしれませんよ…。

 

…( ✧Д✧)ピキーノ!

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top