ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



考察2013:カツオの食い渋り対策

カツオ・キメジ・キハダ考察




黒潮の影響でしょうか、
9月のカツオは食いが渋いですねぇ

 

どんな釣りでも食い渋りには「細ハリス」。

 

昨年の経験からすると、加えて「針も小さく」したほうが良く、
「ハリスも長め」にとると食いが良かった記憶があります。

 

これは、より自然に餌を漂わせるための対処法ですから、
やって損はない仕掛けの工夫ですよね。

 

 

harisuFuto

 

 

 

 

 

 

DSCN4122

今回は16号ハリスを用意しました。

昨年は渋くても18号のナイロンに食ったので、「14号まで落とさなくても食うのでは?」というのが個人的な見解です。

 

 

DSCN4150 

 

「フロロカーボン16号」VS「柔らかナイロン18号」

果たしてどちらがカツオに好まれるのか、私としても興味深々^^

 

ほか、 キハダが狙える場合を想定して20号まで用意です。

 

 

 

 

 

針は

DSCN4127

 

カツオ用としては14号にサイズダウン。
針を軽くすることでより自然なフロート効果を期待。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4131

 

ビーズは相変わらず「ケイムラ」が好きでして(笑)

 

 

 

 

DSCN4152

「自然にフロート効果を出す」というのが目的です。

 

 

 

 

 

 

DSCN4148

「天然だから違和感なし!」というキャッチフレーズの「天然パール」も

 

 

 

 

 

DSCN4135

最近魅力的^^

 

 

 

 

 


DSCN4138

 

 

 

 

 

 

 

目玉ビーズも忘れません~^^

これは、まあ、完全に趣味ですね

 

 

 

 

 

 

DSCN3520

ゴム餌は、餌とりがなければ使わないつもりです。
活性が低いときは見破られるような気がします~。

 

あ、でも、隣の人が釣れていたら使うかも
一応、携帯はします。

 

 

 

 

 

 

harisukira


 

 

 

そしてハリス長。

いつもどおり3メートルを基準に4.5メートルまで用意しました。

食い渋りのときはどうも「長ハリス」に食う印象なのですが、
みなさんはどう思いますか?

 

 

 

ちなみに、食い渋りに関係なく、

harisuBAREa

「潮の流れが早い」ときは、短かすぎるハリスはやっぱり不利かなと思います。

 

 

 

harisuBAREb

食い渋りに釣れるようなときって、
長めのハリスであることが多いんですよねぇ。

 

 

 

次回の釣行ではこれらの考察を試しつつ
その結果をお伝えしたいと思います^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top