ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。



カワハギ捌いて、刺身、肝和え、薄皮ポン酢、味噌汁、煮付け、干物、ポン酢で肝寿司、おいしく肝を調理する!

カワハギ料理


DSCN3515c

変な顔して個性派ぞろいのカワハギちゃん。
冬季はなかなか釣れませんけれど(^o^;)

 

 

 

 

 

 

DSCN3515d

その甲斐あってか

肝パン脂ノリノリ!.:*゚:*:(ノ≧ڡ≦)。゚:*

 

 

というわけで「血抜き」の方法から「捌き方」、「生臭みを取る工夫」まで一気にいって参りましょいう!

 

 

 

えっ?!Σ(゜Д゜)

 

 

味噌汁が伊勢海老の味になるって本当…?!

 

 

 

 

 

血抜き

DSCN2250b

たいていの魚は鮮度保持のため「締める」ことを優先しますが、カワハギは血の気が多いため「血を抜く」ことを優先します。

 

 

 

 

 

 

DSCN2231b

エラをハサミで傷つけたら
水が綺麗になるまでバケツで泳がせるだけ。

 

 

 

 

 

 

DSCN3202b

死んでしまうとそれ以上血が抜けないので「元気」なうちに血を抜きます。

 

 

 

 

 

 

DSCN3462b

血が抜けたら、海水を張ったクーラーBOXに入れて「氷締め」にします。

 

 

 

 

 

 

カワハギの捌き方

DSCN3309b

皮を剥ぎやすくするために出刃包丁で突起物のすべてを切断します。

 

 

 

 

 

 

DSCN3311b

どこでもいいので皮に切り目を入れます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3312b

ペロり~ん

 

ハサミで「切り目」を入れながら剥くと楽チンです^^

 

 

 

 

 

 

DSCN2816b

皮がむけたら背骨(延髄)を切断するように包丁を入れます。

 

そして「頭」と「胴」を持ち、

 

 

 

 

 

DSCN2817b

どりゃっ!ヽ(`Д´;)ノ

 

と両手で引きちぎります。

 

「腸」が身にくっついているので包丁でカットします。

 

 

 

 

 

 

DSCN2820b

頭を持って揺さぶると肝と内蔵が垂れてきます。(小型の場合は垂れないこともあります)

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2826b

下から覗き込んでみると、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2838b

肝の「つけ根」が胴体とつながっています。3ヶ所くらいつながっていますので、これをナイフや指で切断します。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2842b

肝が取り出せました。

 

内蔵もおなじく「膜」でつながっていますので、
「膜」を抜き取るようにして引き剥がします。

 

 

 

 

 

DSCN2827b

肝が取れたら食道を切断します。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2844b

なお画像の「黄色い玉」のようなものが脾臓、俗にいう「ニガ玉」です。

 

 

 

 

 

 

DSCN2314b

こんなふうに肝にくっついてくることもあります。

 

超~苦いらしいので潰さないように注意しますが、

 

そもそもカワハギの内蔵はすべてクサイので
なにも潰さないのが良いかと思います

 

 

 

 

 

DSCN3471b

頭は、

 

 

…す、す

 

捨てるなんてとんでもねぇです!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

DSCN3468

頭はおいしい煮付けになるのでとっておきます。

 

「エラ」と「心臓」を取り除き、

 

 

 

 

 

DSCN3473b

延髄の「血合い」を取り除いておきます。

 

 

 

 

 

 

刺身

DSCN2849b

刺身にする場合は身を3枚に卸します。

 

 

 

 

 

 

DSCN2850b

「腹骨」を取り除きます。

 

「血合い」が身に残っている場合はそれも取り除きます。

 

 

 

 

 

DSCN2851b

中央の小骨をカットします。 

 

「小骨」や「背骨」は「味噌汁用のアラ 」としてとっておきます。

 

 

 

 

 

DSCN2470b

身には「薄皮」がついているので柳刃包丁で削ぎ落とします。

 

頭側から包丁を入れると比較的、削ぎやすいかと思います。

 

 

 

 

 

DSCN2471b

ちなみに薄皮は、

 

 

…す、す

 

捨てるなんてとんでもねぇです!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

DSCN2482b

湯がいてネギを散らせば「ポン酢」でおいしくいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2854b

カワハギは身が硬いので
刺身にするときは薄くスライスします。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2859b

お皿の外側から並べていきます。

 

カワハギは身が甘いので
「わさび醤油」につけるだけでも十分においしいですね^^

 

 

 

 

 

 

「肝和え」と「肝醤油」

DSCN2317c

肝のおいしさは「血の処理」で左右しますから
丁寧にやるなら「血管」を取り除きます。

 

しかし面倒くさいので

 

いつも「加熱のみ」で臭みを取っております^^;

 

できるだけ「白い肝」を選びます。

 

 

 

 

DSCN2845b

10分くらい日本酒に浸しておきます。

 

 

 

 

 

 

DSCN2860b

「浸しておいた日本酒」と「水」を足して沸騰させ、
肝を入れて20~30秒ほど湯がきます。

 

脂が出過ぎてしまうのでそれ以上の加熱はおすすめしませんが、

 

 

 

 

 

 

DSCN2864b

やはり生が気になるという方は

 

 

 

 

 

DSCN3483b

ラップして10秒ほど「チン」します。

 

 

 

 

 

 

DSCN3485b

もしくは最初から日本酒のみをふりかけてラップし、
チンしてしまうのも楽です。

 

いきなりたくさん加熱すると脂が出過ぎてしまいますので
20秒ほど加熱したら一旦、酒を切り、

 

 

 

 

DSCN2864b

スプーンでほぐしてみて
足りなければ10秒加熱…という方法がおすすめです。

 

 

 

 

 

 

DSCN3505b

ネギたっぷりがおいしいですね~^^

 

濃厚さを味わうなら「わさび醤油」で、
さっぱりいただくなら「ポン酢」でしょうか:*゚:*:(ノ≧ڡ≦)。゚:*

 

 

 

 

 

DSCN3501b

ちなみに「レモン汁」を数滴垂らすとさらにクセがなくなりますので、

 

 

 

 

 

DSCN2346b

「肝醤油」にする場合は、

 

 

 

 

 

DSCN3060b

「レモン汁少量」と「ネギ」 をたっぷり入れるとよりおいしいですね!

 

 

 

 

 

 

味噌汁

DSCN2336b

「アラ」で出汁を取るだけの「味噌汁」がまたおいしいですね~^^

 

 

 

 

DSCN2864b

このとき「肝」も溶かすと

「カニ味」にグレードアップ!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

DSCN2875b

15分ほど煮込みながら「アク」を取り除きます。

 

 

 

 

 

 

DSCN2880c

弱火にして味噌を溶きます。

 

 

 

 

 

 

DSCN2887b

ぐは~:*゚:*:(ノ≧ڡ≦)。゚:*

 

 

 

 

 

 

DSCN1554b

余談になりますがカワハギは「白味噌」も合います。

 

 

「合わせ味噌」「白味噌」を1:2の割合で溶かし

 

「すりごま」たっぷり

 

「すりおろしニンニク」をごく少量入れると、

 

 

 

 

 

DSCN3261b

伊勢海老に進化!!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

気のせいでしょうか…

 

 

 

 

 

 

煮付け

DSCN3217b

ダシ
酒:  大さじ4
砂糖: 大さじ3
醤油: 大さじ3
みりん:大さじ4
白みそ:大さじ2(合わせみその場合は大さじ1)
水:  200ml
生姜: 1/2片の薄切り(または細切り)

ダシを沸騰させたら

 

 

 

 

DSCN3219b

好きな部位を入れ、ときどき煮汁をかけながら

 

 

 

 

 

DSCN3220b

落し蓋をして弱火で煮込むこと30~40分。

 

 

 

 

 

 

DSCN3238b

完成~^^

 

身離れよくどの部位もおいしいです。

 

 

 

 

 

DSCN3471b

ただ一番おいしいと思ったのは

 

 

 

 

 

 

DSCN3511b

頭であります!ヽ(`Д´;)ノ

 

小骨がないので子供たちにも大人気。

 

 

 

 

 

DSCN3511c

頭最高~(^o^;)

 

 

 

 

 

 

肝寿司

DSCN3475b

「水         :大さじ4」
「ポン酢       :大さじ3」
「めんつゆ(3倍濃縮):大さじ2」
「片栗粉       :大さじ1弱」

まずポン酢の「ジュレ」を作ります。

 

 

 

 

DSCN3476b

「片栗粉:大さじ1」と「水:大さじ4」を混ぜておきます。

 

 

 

 

 

DSCN3480b

「ポン酢:大さじ3」
「めんつゆ(3倍濃縮):大さじ2」

 

ナベにかけ沸騰させます。

 

 

 

 

 

DSCN3481b

火を止めて片栗粉水を混ぜます。

 

 

 

 

酢飯は、

3合の白米を水少なめで炊き、
すし酢:90ml」
「みりん:大さじ2」
「塩:大さじ1/2」
「砂糖:大さじ1/2」

DSCN3486b

熱いうちにささっと混ぜます。

寿司桶で混ぜるとよりおいしく感じますね^^

 

 

 

 

 

 

DSCN3487b

 

「酢飯」をポンのせ

 

 

 

 

 

 

DSCN3488b

「わさび」「大葉」、

 

 

 

 

 

DSCN3489b

薄めにスライスした「刺身」を一枚。

 

 

 

 

 

DSCN3490b

「ポン酢ジュレ」を塗ります。

 

 

 

 

 

 

DSCN3491b

スライスした「肝」をのせ

 

 

 

 

 

DSCN3496b

「もみじおろし」と「小ネギ」をのせれば完成です

 

ひと口で頬張っちゃいましょ~:*゚:*:(ノ≧ڡ≦)。゚:*

 

 

 

 

 

 

干物

DSCN3052b

 

 

 

 

 

 

 

 

めんつゆ(3倍濃縮) に2~3時間漬け込み、

 

 

 

 

 

DSCN3346b

水気をよく拭き取って、

 

 

 

 

 

 

DSCN3134b

ピチットするだけ超簡単!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

DSCN1405b

今回はより早く乾かすためスーパーピチットを使用しました。もちろん通常のピチットでもまったく問題ありません。

 

3日~1週間くらい冷蔵庫で寝かせます。

 

 

 

 

 

DSCN3141b

軽く炙ればこの通り~^^

 

 

 

 

 

DSCN3144b

オツマミにいかがでしょう。

 

 

 

 

 

 

DSCN3349b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より乾かすとエイヒレ風になります!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top