ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前



ソリッドとチューブラー

竿の基礎知識


 

※この記事は未完成です。ご了承ください。

 

ブランクスの作りには大きくわけて2種類あります。

 

blanks2

 

 

船竿に関しては「ソリッド竿」のほうがやや高級志向にありますが、どちらが万能ということはなく、ソリッド、チューブラーともにそれぞれの利点があります。

 

ソリッドとチューブラー、どう選ぶべきでしょうか?

 

 

 

チューブラー

 

tube

小突くと音が響きそうな、中身が空っぽのチューブラー。
チューブラーは、振動が伝わりやすいという特性を持っています。

 

ブルブルッ!

という繊細な当たりをいち早くキャッチし、「合わせ」ることが重要な釣りものなら、チューブラー竿は向いています。(さらにカーボンだといいですね)

チューブラーは「感度特性」に優れながら、
中空なので「軽い」という点も魅力です。

 

 

ただしチューブラー竿は、
中空なので折れやすい傾向にあります。そのため、たとえば「粘強」といった胴部分にのみパワーを持たせて調子を作るにはひと工夫必要です。

 

シマノであればたとえば胴部分にはカーボンを使用して強度を確保し、穂先にのみ「UDグラス」※を使用して食い込みをよくすることで「粘強」としたり、ダイワなら「チューブラーパワーマキシマム」を採用するなど、独自の技術で「粘強」を得ています。

 

つまり、チューブラーでも自在に「調子」を作れるのですね^^

 

※UD(ユニディレクション)グラスとは、縦方向にグラス繊維をそろえることで、縦方向の曲がりに素直な粘りと伸びを実現するそうです。これは食い込みをよくしますが、そのぶん横方向の曲がりに弱いため、メーカーによってはさらに別の方法でこの弱点をカバーしたりします。

 

 

 

 

 

ソリッド

 


solid

中身が詰まった「ソリッド」はいかにも「強そう」です。

もちろん「強い」のも売りですが、
なんといっても「削れる」のが最大の売りです。

削れるということは、どのように曲がるのか、職人次第でその「調子」を自在に決定できるということです。

 

※ダイワの場合は、先に成形したソリッド芯にカーボン(またはグラス)シートを巻きつけて調子を作ります。削るのとは逆ですね。軽く作るのが目的だそうです。

 

NCO_2950

 

 

↑詰まるところ、「粘り」と「強さ」を共存できます。

 

チューブラーと違って素材をぎゅうぎゅうに詰めるソリッドは、
やや感度を失うかわりに「強さ」を得、さらに削ることで「粘り」を出せるというのが一般的な特徴です。

 

しかしながら、上で説明したように、チューブラーであっても技術によって「粘強」は作れますから、ソリッド竿の一番の特徴はやはり「質感」でしょうか。値段はソリッド竿のほうが高い傾向にあります。

 

チューブラーが軽っぽいならソリッドは重厚。
釣れるか釣れないかとは別に、好みの問題かもしれませんね^^

 

 

 

※申し訳ありませんが、より良い記事の書き方を思いついたらこの記事は書き直します。ご了承くださいm_m

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top