ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

次 » »



五エム丸でマダコ船(2014/05/31)

マダコ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/5/31(土)
船宿 五エム丸 / マダコ船
仕掛け 船宿で購入したテンヤ、カニ
水温 19℃
葉山沖 : 澄み ゆるい  棚5-15m
パターン 中潮1日目  (満潮 5:12 干潮 12:15)
月輝面 +5.6% 月齢2.3
南西 弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 マダコ:0-3
自己釣果(左舷ミヨシ2番) マダコ:3    (息子:2)

 

本日は、

DSCN3099b

タコ焼き食べたいっv(≧∇≦)v

 

という息子のリクエストに応えるべく
五エム丸のマダコ船に乗ってきました^^

 

 

 

 

 

 

DSCN3134b

なんと、マダコは「手釣り」!

 

クーラーBOX」と「指サック」さえ持参すれば釣りができるなんて
これ以上お手軽な釣りはないかもしれませんね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3152b

テンヤは船宿支給のものをそのまま使用し、

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3152e

カニのくくり方などは見よう見まねです^^;

 

自分でくくったものはちょっと崩れやすかったですから、
「結び方」は素直に上乗りさんに聞けば良かったかもしれません

 

 

また「顔見知りのTさん」からは、

「カニの腹は上に向けたほうがいいよ」

とアドバイスいただきました^^

 

なんでもタコは「白」に反応するそうです。

 

 

 

 

 

 

DSCN3122b

そしてカニを「半分」にしたほうが良いかどうかは
意見のわかれるところ。

 

「カニみそが出るから半分のほうが良い」という方もいれば、
「いやいや1匹のほうがアピールできて良い」と言う方もおられます。

 

 

…ま

 

どちらでも釣れるかと思います~^^;

 

 

 

 

 

 

DSCN3100b

釣り方はいたってシンプル!

 

  1. 船長の合図とともにテンヤを海に落とし、
  2. テンヤが着底したら、
  3. 渋糸を張ったまま、(糸を緩めると根掛かりしやすいため)
  4. 海底を小突く。

 

これだけ~^^

 

海底を小突くことがそのまま「誘い」になるわけですが、

 

 

 

 

 

 

 

setsumeiA

こんな感じでヘコヘコ動くイメージでしょうか^^;

 

誘いのテンポは人によってまちまちで、「秒/4回」ほど小刻みに動かす方もいれば、「秒/1.5回」ほどと遅めの方もおりました。

 

こればかりはイメージですよね^^

 

みな「海底を歩くカニ」を連想しているはずですから、
正解も間違いもないかと思います。

 

 

 

 

 

…さて。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3125b

タコを釣ってみて、難しいなと感じたのはその重さです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

setsumeiC

タコがテンヤに乗ればもちろん重くなるわけですが、

 

 

 

 

 

 

 

setsumeiDc

根に引っ掛かりそうになったときにも同様の重さを感じるのが厄介です

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3134b

なんてこともしばしばあり…

 

かといって、もしタコだったらと思うと、
根掛かりなんて気にしてられませ~ん (≧∇≦)

 

 

 

 

そんな中…!

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3145b

明らかにずっしりとした手ごたえを感じ、

 

マチガイネ━━!!!!

タコダ~~ヽ(゚∀゚ )ノ━━!!!! 

 

 

なんて叫びながら上がってきたのは…?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3128b

 

海藻

 

いや~。

 

超、恥ずかしかったです

 

 

 

 

 

 

 

 

setsumeiC

またタコが乗ったと感じたときは、

 

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!! 

 

という興奮をぐっと押さえ

「タコがカニをぎゅうっと抱きしめる」のを待つイメージで
5~10秒ほど数えると、フッキング率が上がるそうですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3109b

最初の1杯目は小さくて重みを感じず、上げたらついていたのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3126b

2杯目はしっかり重みを感じて良型をゲット!ヽ(`Д´;)ノ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3147b

ときには海底が見えることもありました。

 

こんなときは、タコが「岩穴」からにゅ~と出てきて
カニに覆いかぶさる姿を確認できるそうですね^^

 

 

 

 

コツコツコツコツ…

コツコツコツコツ…

 

 

 

 

 

 

DSCN3135b

まめな人向きっすね~^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3117b

息子にいたっては最初は調子良く、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3121b

途中から「酔った」と一言残してダウン…

 

よく見ると…。

 

指だけがびみょ~に動いております

 

 

酔いやすさはわたくし譲りですが…。
…慣れてしまえば船酔いはしなくなるのです。

 

それは私が生き証人…^^;
息子よがんばれ~!

 

 

そんなこんなでラスト一投…!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3132b

本日いろいろと教えてくださった顔見知りのTさんが
マダコをばらしたのをきっかけに、

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3131b

息子にヒット移行!?

 

これはもしや「誰かがバラしたら隣人有利」
というやつでしょうか!ヽ(`Д´;)ノ!

 

 

息子は合わせもせず、
緩慢な動作で力なく手繰り… 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3153b

およそセオリー無視でマダコゲット~

 

ど素人にも釣れる…!!

 

 

これぞファミリーフィッシングの醍醐味かもしれません^^;

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3155b

なおこの日はアイスピックを持参し、魚を締めるのと同様に、

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3158b

目と目の中間、眉間のあたりを10か所ほど突き刺して〆めたのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3168b

どうしてこうも差がでたのか理解できません^^;

 

真っ白になったほうは成功、
茶色いほうは自宅に持ち帰ってもウネウネと動いておりました

 

う~む。

 

 

 

 

 

 

DSCN3228b

そして息子くんがタコ焼き器で作ったタコ焼きは、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN3236b

なかなか美味しかったですよ~^^

 

子供との思い出にタコ釣りなんてのもいいかもしれませんね^^

 

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Hiroyuki Nishihata

    瀬戸内のタコ釣り名人から一言。
    テンヤを持ち上げる。錘が垂直になる。
    テンヤを下す。着底した錘がテンヤを引きながら自重で前に倒れる。
    この時のヘコッヘコッと言う動きがカニの動きを演出しますよ。
    海底にいるタコからするとちょっとした岩や砂の起伏でテンヤが見えないので、タコはとても好奇心の強いので、テンヤの50~60cm上に赤やピンク系のタコベイトやキラキラを付けておくとアピール度が上がり乗りが良いですよ。

    http://store.shopping.yahoo.co.jp/tsuribitokan/enlargedimage.html?code=4535090125754&img=http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/tsuribitokan_4535090125754

    • 西畑さんこんにちは(*^^*)
      面白いアイテム売ってるんですね!
      次回にでも試してみます(*^^*)

Go To Top
Top