ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



メダイで対決VSスミヤキ!(2014/04/20)

メダイ&根魚五目釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/4/20(日)
船宿 五エム丸 / メダイ船
竿 ダイワ(Daiwa) ヘルバイパー 270(II)
リール ダイワ(Daiwa) マグマックス500
仕掛け ハリス:ジョイナー4号、8号
針:ヒラマサ14号 太地ムツ18号
他: ムラムラパイプ  厳選ゴムヨリトリ真鯛2.0mm
スーパー回転ビーズL 
テンビン 夢の天秤ヒラマサ1.5ー60cm
水温 15℃
城ヶ島沖 : 濁り ゆるい  棚100-130m
パターン 中潮4日目  (満潮 7:19 干潮 14:25)
月輝面 -74.4% 月齢20.3
北東、ほどほど
波高 0.5-1M
天候  曇り
船の釣果 メダイ:0-3(左舷ミヨシ)   アジ、スミヤキ多数
自己釣果(右舷トモ2番) メダイ:0 アジ:4   スミヤキ:10  (ごまサバ:2) 

DSCN2137c

カミソリのように歯の鋭いスミヤキ。

 

 

 

 

 

DSCN1965b

この歯にやられたのも今季で二回目とあっては

 

 

 

 

 

 

DSCN2131b

スミヤキ対策を講じないわけにもいきません!ヽ(`Д´)ノ

 

今回はライン10メートルぶんのマーカーを
油性マジックで黒く塗りつぶして目立たないようにしました。

 

これでもうスミヤキの特技「マーカー切り」は封じたも同然です!

たぶん…

 

 


 

 

 

 

 

 

さて、

DSCN2134b

本日は城ケ島沖100m立ちからスタートです。

 

 

 

朝一は何が当たるかわかりませんから、

DSCN2132b

まずは細めの「4号ハリス2本針」で探るところからはじめました。

 

 

 

するといきなりの魚信!ヽ(`д´;)/

 

…からの…

 

 

 

 

2つとも針がない!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…(°д°)…。

 

 

 

アサカラ、キタ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スミヤキ

 

キタ~~ヽ(`д´;)/

 

 

 

 

 

対決!!

DSCN2137c

「マーカー切り」はもはや封じたふはははは!

勝負だスミヤキっ!(`∀´ノ)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2143b

不覚にも先手を取られてしまいましたが、
即座に8号ハリスに変更。

 

餌は、ホタルイカを折りたたむようにしてエサの全長を短くし、
スミヤキが針を1発で食えるようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2169b

コマセをまいて指示棚に合わせたら
竿先を注視しながら手持ちでスタンバイします。

 

もしくは置き竿のままでも、当たりがあったら即合わせられるよう
竿に手をかけておきます。

 

放置すれば切られます。

これ、スミヤキ…。

 

竿先の動きに全神経を集中し、
ちょっとでも竿先が入ったなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2183b

んどりゃああああ!!щ(`Д´щ;)

 

キタよぉ~~~~!!!

 

ボルテージMAXで電動もMAX!(`∀´ノ)ノ

(中速で巻くのが一般的かと思います

 

…からのぉ…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2136b

でかヤキゲット!

 

み、み、

 

 

見たかスミヤキめ~щ(`Д´щ;)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2142b

本日のスミヤキはのきなみ50cmオーバーとデカく、

 

 

 

 

 

DSCN2182b

竿が入るタイミングさえ見逃さなければ、

 

 

 

 

 

 

DSCN2198b

良いところに針掛かりしてスミヤキを量産!

 

餌を「小さめ」にして即、
針掛かりさせるのがポイントかもしれません^^

 

 

ところでベテランの方が

「スミヤキはコマセいらねぇ」

と言うので試しにやってみたら、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2149b

確かにコマセいらな~い^^;

 

 

 

 

ただ…。

 

潮がユルんで魚の活性が落ちてくると、
スミヤキの当たりも繊細なものになりました。

 

まさにタチウオに似てゲーム性があり、「アジの当たりかな?」と思って食い込みを待つと、ハリスが切られたり

 

逆にスミヤキかと思って即座に竿をあおると、
針掛かりしないことも

 

 

 

 

針掛かりしない場合は、もう一度同じ棚に餌を持っていくと、

DSCN2179b

良い確率でデカアジが釣れました^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2152b

また、突然の鋭い引き込みにハッとして反射的に合わせたときにはすでに、「針を飲まれている」ことが多かったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2153b

それでもハリスさえ太ければなんとかもち堪えてくれました。

 

「結び直し」が面倒な方は
仕掛けを多めにもってくのが良さそうですね^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2205b

この日はなぜか、皆がアジやメダイを釣っているときにも
私はスミヤキばかりで

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2193b

餌をデカくしようが何しようがスミヤキでした

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、

DSCN2217b

スミヤキの胃袋を調査中に、

 

 

 

 

 

 

DSCN2239b

ホタルイカを発見!!

 

 

 

 

 

 

Gusano_luciernaga

ウィキペディアによればホタルイカは深海で光るそうですね。

 

もしかするとスミヤキは光るホタルイカが好物だから
ケイムラチューブに反応するのでしょうか…?

 

うーむ…

 

 

 

 

 

いずれにしても、

DSCN2208b

本日はスミヤキ10本~^^

 

メダイが釣れなかったのは残念ですが、ラインさえ切られなければスミヤキはタチウオ並みに楽しめる魚かと思いますよ~^^

 

 

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top