ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



渋メダイ考察(プラス初心者さん向け釣り方メモ)(2014/04/26)

メダイ&根魚五目釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/4/26(土)
船宿 五エム丸 / メダイ船
竿 ダイワ(Daiwa) ヘルバイパー 270(II)
リール ダイワ(Daiwa) マグマックス500
仕掛け ハリス:ジョイナー8号
針:ヒラマサ14号 太地ムツ18号
他: 厳選ゴムヨリトリ真鯛2.0mm
ハリス幹糸4号、エダス2号のスーパー回転ビーズM仕様 (全長2.2m、3本針)
ムツ針9号(金)
テンビン 夢の天秤ヒラマサ1.5ー60cm
水温 17℃
城ヶ島沖~沖の瀬 : うす濁り ゆるい~早い  棚100m前後
パターン 中潮1日目  (満潮 8:41 干潮 14:41)
月輝面 -11.8% 月齢26.3
北東~南西 弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 メダイ:0-4   アジぽつぽつ
自己釣果(左舷ミヨシ) メダイ:4 アジ:2   (ごまサバ:2)

 

DSCN2348b

本日はどういうわけかメダイのヒット独占状態…

 

(;゚;Д;゚;)…。 

 

潮下だったのでしょうか…。

 

それとも餌…?

 

それとも釣り方…?!

 

釣れた理由は正直、自分でも特定できませんが、ヒット時にはとある一定のパターンがありましたので今回はそのあたりをお伝えしようかと思います。

 

ただですね。

 

なんとこの日の翌日は

釣り人13名でボウズなしの爆釣デー!?

 

なにそれズルくない!?(笑)

 

 

 

 

 

 

というわけで、

DSCN2280b

この記事のノウハウはどんな日に通じるかわかりませんから、
あくまで渋い日の参考の一例としていただければ幸いです^^

 

そして今回はいつもの釣行記に加えて「指示棚」についてもちょっぴり触れておこうかと思います。初心者の方向けです。

 

まずは指示棚の解釈を間違えると迷いますからね^^

 

 

 

 

 

 

 

指示棚

DSCN2283b

指示棚100mと言ったら、

 

 

 

setsumei

こんな風に仕掛けを落としますよね。
海面ぴったりから100mの位置にビシを合わせます。

 

「海面より上の道糸の長さ」は、図では約1mと書いていますが、お使いの竿や船の高さによっても変わりますから、ご自身の道具に合わせてください。

 

もっともこう書くとメダイの棚はシビアだと思うかもしれませんが、むしろそんなに神経質にならなくとも釣れるのがメダイという魚です^^

 

メダイは上を向いて餌を探すそうですね。ですからその指示棚は
メダイの遊泳層のやや上あたりです。

 

そんなわけでメダイは、棚が1・2m変わったところで食わなくなるようなシビアな魚ではないのですが、メダイは目が良い魚とも言われていますから、潮が濁らないと食い渋ることもあります。

 

コマセワークは、たとえば指示棚100mを仕掛け4mで狙う場合は、海面から104m(指示棚 + ハリス分)の位置までビシを落とし、 その場でコマセを振っては2m巻いてを2回繰り返し、水面から100mの位置(指示棚)にビシを合わせてヒットを待ちます。

 

基本は置き竿スタイルで「指示棚」を狙います。
もちろん手持ちでもOK!

 

 

 

 

 

 

さて…。

DSCN2289b

本日の仕掛けはヒラマサ針14号にデコレーションなしの4.5m。

 

渋メダイを予想して超シンプルな
1本針の基本仕掛けからはじめました。

 

これが功を奏したのかどうか、

 

 

 

 

 

 

DSCN2285b

コマセを振り終えて指示棚で待つこと30秒。

 

何も当たらないので外道を狙うべくスプールにテンションをかけてスルスルと仕掛けを落としている最中、なんと指示棚から2m落としたあたりで突然のヒット!!

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2290b

リアクションバイトってやつですかね!

 

しかしモーニングサービスはこれっきり単発で終わってしまい、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2295B

当たりがアジに変わったので速攻で幹糸4号の3本針に変更です。
釣れるときに釣れるものを釣って、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2293b

お土産確保作戦~^^;

 

 

 

 

 

 

DSCN2299b

クロムツ狙いでホタルイカも付けてみましたが

 

 

 

 

 

DSCN2298b

これにはサバしか掛かりませんでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2321b

沖の瀬に移動する際には、

 

 

 

 

 

DSCN2303b

サバ餌を作成し、

そして「身の弱いホタルイカ」を守るように
「サバ」と「スルメイカ」の切り身で「ホタルイカ」をサンドして、

 

 

 

 

 

DSCN2323b

贅沢極まりない「3色丼」ここに完成~ヽ(`д´;)/!

 

…からの…。

 

 

またも奇跡!!ヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノ
やはりコマセを振り終えて30秒のことです。

 

今度は指示棚から仕掛けを落下させて
4m落としたところでピタッと止めたところ 、

 

 

 

 

 

DSCN2322b

間をおかずにズドン!ヽ(`Д´;)ノ!

 

これもリアクションバイト?

 

 

 

 

 

 

DSCN2324b

いずれもある程度コマセを撒いて魚を寄せたあとに
指示棚から仕掛けを落とすと食いつくパターンで、

 

 

 

 

 

 

DSCN2325b

ヒット5回のすべてがこの落とし込みによるものでした。

 

最初から棚を低くしても食わないのですからアクションバイト効果だと思うのですが、しかしシャクリ上げているときにも食わないのですから、これは落とし込みバイト?

 

カマスのようにストン!と仕掛けを落とすと
食いが良くなる日だったのでしょうか…。

 

 

 

 

 

DSCN2345b

なお渋いときに「銀針」はどうかという検証も兼ねて
ムツ針を試したところ、

 

これにもヒット!

 

ただ、ムツ針ということを忘れており
食い込ませかたが足りずに針掛かりさせられませんでした…。

 

無念…。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2310b

特餌とばかり思っていたゲソも本日ばかりは反応がなく、

 

 

 

DSCN2333b

食った餌が「3色丼」のみとなると
もうどの餌が良かったのか特定できません!(゚Д゚;)

 

 

こうなるとメダイの胃袋の中身がとても気になりますね…。

 

 

 

 

 

 

 

胃袋考察

DSCN2360b

というわけで捌いてみました!

 

なんと!!

 

捌いたメダイ3本のうち2本の胃袋からオキアミが大量に出てきました。メダイはそんなにコマセを食うイメージがなかったのですが、こんなにコマセ食うこともあるのですね…。

 

ということは…。

 

 

 

 

 

 

1・オキアミのほうが釣れる日もあるのかもしれない

DSCN5371b

そもそもメダイは真鯛の外道としても知られますから、オキアミを食うこと自体にそれほど疑問はありませんが、メダイを専門で狙うときは針も大きいため、オキアミを付けるなら「それなりに大きなオキアミ」が必要かもしれません。

 

カツオ釣りを倣うなら3Lのオキアミでしょうか。

 

ただカツオと違って水深の深いメダイ釣りではサバ等の外道も掛かりやすく、付け餌がオキアミだけでは何かと不安です。

 

オキアミの餌摂り対策として疑似餌を試すというのも面白そうですね。
これは今後、機会があれば試してみたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

2・メダイはコマセでお腹がいっぱい!

DSCN2360b

こんなに食べたらあとは寝るだけですよね普通~^^( 笑)

 

もしかしてメダイは、コマセに寄ってきながらも、底潮が澄んでいる等何かしらの理由で、ビシを恐れ、落ちてくるコマセのみ拾って、下のほうで静かにお食事していたんじゃないでしょうか。

 

メダイは上を向いて餌を探すそうですから、潮が澄んでいたなら
その視界にはビシもイカの付け餌も見えていたはずです。

 

そこへ餌が、逃げるように落下してきたので
思わずパクリ!!

 

 

…。

 

 

う~ん。

 

どうなんだろ…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2352b

本日は貴重なメダイを4本ゲット^^

 

 

この釣りは…

なかなか飽きませ~ん^^;

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Hiroyuki Nishihata

    ごめんなさい、ちゃは投稿出来て無かった見たいです。
    「アクションバイト」じゃあないよ。「リアクションバイト」ですよ!食い気が無くても目の前にエサもしくはエサらしき物が来ると反射的食い付くということです。
    棚の取り方は概ね合っていると思うけど、ひとつはクッションゴムの長さをどう判断するのか? とできれば絵と同じ長さで説明文を書いた方が解りやすいと思うけど…。
    それともっと厳密に言うと魚群探知機の振動子は船底に固定されていて、水面は喫水線、たいていはペラの泡の一番影響を受けにくいキャビンの下周辺に付いてます。喫水線から船底まで、船脚と言いますが1m以上はたいていの漁船はあるので、その分は船頭さん計算していると思うけど、船頭さんの癖も読まなくてはいけないです。
    耳寄り情報がひとつ。
    メダイはマキエに群がる魚だそうですよ。落として釣れるのはマキエをまく棚が合ってないのでは? ムツはマキエに寄ってこない魚なのでマキエを撒かずにゆっくり棚を上下させる方がいい。
    と、福洋丸の船頭さん曰く。
    40年以上北は北海道沿岸から朝鮮海峡、鹿児島の南までマグロ、カツオを追いかけて来た漁師の一言、参考になると思います。

    • 西畑さんこんにちは!
      フォローありがとうございます(*^^*)

      リアクションバイトは書き間違えました!
      後程書き直しておきます(汗)

      なるほど色々勉強になります!
      ということはムツはアカカマスに似てるかもしれませんね。

      いずれムツの専門船にも乗ってみたいと思います。

      • Hiroyuki Nishihata

        見老津5連戦の予定が2戦で終わって急遽大阪に帰って来ました。とうとう本日「ジジイ」になったので…。
        でも昨日は爆釣しましたよ。イサキ、ウメイロ、ハマチ、総勢60匹の釣果、改めて棚取り、コマセワーク、誘いの難しさを実感したですよ。
        ハリス3号4.5m、がまかつ金チヌ3号3本針、枝間1m。
        棚25m。25+4.5+2.5=32mまで投入、2.5m空巻き。
        これで3番針とコマセかごの深度が揃います。ここでかるくコマセを一回、リール3回巻き(約1.5m)またコマセ、最後に残ったコマセを全て抜く、コマセの四段抜き、ただしハリスが短いのであまり激しく竿を振ると針が動き過ぎて、またコマセかごがあまり激しく動くと警戒されるので優しく短く4~5回。
        これで当たりを待ちます。
        ほとんどここで当たりが来ますが、無ければリールからラインを20cmずつ5回手で引出す、オキアミがプルっと5回震える感じで止めて当たりを待ちます。当たりが無ければもう一度。約2m下ろして当たりが無ければ今度はゆっくり2m巻き上げこれでも当たりが無ければ回収。
        2mしか下げないのはマキエとサシエサに浮いて来た魚の頭を押さえないように…。
        これでなんとか久しぶりにジャンボイサキ(44cm)をゲット出来ました。何年ぶりかなあ?
        こんな感じで棚取り、誘いをしてました。
        これが出来なかった人は14匹。
        前日ハリス2.5号で何回も切られたのはハマチだったのですね。3号に上げても60cm弱はなかなかスリリングでした。正体見たりって感じ。
        ちなみに竿はシマノのバルデイフィノ40-255、リールは初期型シーボーグ300、PE5号、錘60号、クションゴム内蔵自作天秤40cm。
        「GW紀伊半島釣行レポート」でした。

        • 西畑さん釣行お疲れ様でした!
          なんとイナダ(ハマチ)混じりでの60匹はさすがですね^^
          ジャンボイサキは海からの「初爺さんプレゼント」でしょうか(笑)
          初爺さんおめでとうございます!!

Go To Top
Top