ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前



沖釣り(船釣り)の服装

沖釣りをはじめタイ!


季節の服装を紹介します。

 

夏場

 

  • 帽子
  • Tシャツ
  • 動きやすいパンツ(または短パン、海水パンツ)
  • 長靴または(滑りにくい)マリンシューズ、ぎょさん
  • カッパ、または濡れても良い何か羽織れるもの
  • 日焼け止め
  • サングラス

 

夏場は日焼け対策がメインです。

日差しがきついと普通は服を脱ぎたくなりますが、気づかずに日焼けした場合は必ず羽織れるものが欲しくなります。首に巻けるタオルや、カッパ、または濡れても良い何か羽織れるものがあるとよいでしょう。飛沫をかぶることもあるのでカッパがおすすめです。

日焼けを嫌う人は、最初から長袖のシャツや7分丈のTシャツを着ています。

 

また、船は足場に循環ポンプで海水を流しますから、お尻が濡れやすいです。(※一部の船では循環ポンプのない船もあります)

少々暑いのを我慢して下履きだけカッパをはくか、
思い切って汚れて着替えを持参するのがよいです。

 

※オニカサゴ等、とげに毒がある魚を釣りに行くときは必ず長靴にしてください。足に刺が刺さると非常に危険です。

 

 

冬場

 

  • 厚手のニット帽(ネックウォーマーなど)
  • Tシャツx2
  • ロングTシャツx2
  • トレーナーx2
  • ヒートテックパンツ
  • ももひき
  • スウェットパンツx2
  • 厚手の靴下x2
  • カイロ
  • 手ぶくろ
  • カッパ
  • 長靴

 

 

私は寒いのが苦手なので、上6枚、下4枚着込んで
だるまのようになります(笑)

 

少し動きづらくなりますが、
いくら厚着をしても暑いことはありませんから、
防寒対策はしっかりしていきましょう。

死ぬほど寒いなか厚着をして平然とするのもオツなもんです(ノз`)

 

 

春、秋

 

この季節は夏と冬の中間ということになりますが、
服選びのときミスしやすい注意点を書いておきます。

 

1・海は寒くなりやすい

特に朝、移動のため船が走っているときは肌寒いです。カッパがあって丁度良いときもあるので、たとえ天気予報の最高気温が28度だとしてもカッパはあったほうがいいです。

もちろん突然暑くなるときもありますが、その場合は脱げばいいだけです^^

 

2・いつの間にか日焼けしている

ギラギラに光る海ですから天気が良ければ冬でも日焼けします。服装とは直接関係ありませんが、日焼けを気にする人は注意です。

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top