ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



餌の付け方:ちょん掛けと縫い刺し

釣り用語集


 

餌が海中で自然に漂うようにする

 

イカタンやサバタンのように長さのある餌は、
海中で自然に漂うのがベストです。

 

 

 

ちょん掛け

 

餌の先っぽに針を通すだけです。海中でヒラヒラと漂うので、餌に動きを出すのに最適です。ただし、タチウオのように歯の鋭い魚に対しては、ちょん掛けだと、餌の下半分のみ噛み切られることが多いため、縫い刺しにして餌取りに対応します。

 

DSCN2774

 

 

 

 

縫い刺し

 

DSCN0201b

餌を針に縫い付けます。餌が取れにくくなる反面、餌の可動範囲が短くなるため、そもそも餌の長さが短い場合には適しません。

 

そのため、通常の縫い刺しでは、餌を3回縫い刺しますが、餌の長さが短い場合には、2回縫いさしたりして対応します。

 

以下、タチウオの場合の縫いさし方法です。

 

 

 

1・ちょん掛けと同じ要領で餌の先っぽに針を通します。

DSCN2863

 

 

2・中ほどまで通した針をひっくり返し、縫うように針を通します。

DSCN2865

 

 

3・針を通しきると図のようになります。

DSCN2866

 

 

 

4・もう一度針をひっくり返して縫いさします。

DSCN2867

 

 

5・針先はしっかり出し、

DSCN2870

 

 

できるだけ餌がまっすぐになるように縫えれば完成です。

DSCN2871

 

 

仕掛けを落とすとき、海中に潜っていく餌の動きに注目してみてください。ヒラヒラと泳いでいれば成功です。餌は、その形状によって泳ぎ方が変わります。餌の尾をナナメにカットすると、動きが良くなるようですから、試してみるのも面白いですね^^

戻る
 


web拍手

| 登録タグ: ,

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top