ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

次 » »



タチウオ捌きは超簡単、炙りのお刺身、塩焼き、ムニエル、骨せんべい、フライ、澄まし汁、ラーメン!?

タチウオ料理


 

タチウオ料理は数知れず、
釣り味のみならず食味のほうも大満足~^^

 

さらに捌き方も簡単とあっては、
もう釣りに行くしかありません???

 

 

 

タチウオの捌きかた

DSCN6547b

歯が鋭いので、触れないように気をつけながら、
水でさっと洗います。

 

 

 

 

 

DSCN6548b

胸ビレの下に包丁を入れて、頭を落とし、内蔵を取り除いたら、
水で洗い、中骨をしごいて血と一緒に血合いを取り除きます。

 

またお腹に黒い膜がありますので、

 

 

 

 

DSCN6551b

指でこすってこれも取り除きます。

 

 

 

 

 

 

DSCN6554b

食べやすい大きさにカットします。
よほどの大型でない限り3等分が適当かと思います。

 

 

 

 

 

次いで、焼き物にする場合は、

 

tachihirebone

背ビレと腹にある鋭い骨を取り除きます。
図のように包丁を入れ、

 

 

DSCN6557b

こんな感じに取り除きます。

 

焼き物にする場合はこれで下処理完了です。
簡単ですね^^

 

 

なお、刺身にしたり、一夜干しにする場合は、上記の「背ビレと腹にある鋭い骨を取り除く工程」を無視して3枚に卸します。(もしくはこの工程を踏んでから3枚に卸しても、どちらでも大丈夫です)

 

 

 

 

スープ・ラーメン

DSCN6562b

タチウオの頭やアラはけっこう良いダシになります。

 

タチウオは「歯」も「骨」も「エラ」も鋭いので、ヘタに触れず、
頭は出刃を落として真っぷたつにし、エラごと下半分は捨ててしまうと簡単です。

 

 

 

 

DSCN6583b

「塩」ベースに「酒」「醤油」少々のみ。
「刻み生姜」を入れてさっぱり頂いてもいいですね^^

 

 

 

 

 

 

DSCN6592b

少量のアラでもけっこう濃厚^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6839b

また、中骨など、白身のついた多くのアラで2時間ほど煮込むと、

 

 

 

 

 

 

DSCN6844b

濃厚な白いスープが取れます。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6001b

またはタチウオを丸ごと何本か贅沢に煮込むと
相当に濃厚なダシがとれますから、

 

 

 

 

 

 

DSCN6000c

塩、酒、醤油を加えただけのシンプルなスープに
お好みで肉やネギを加えて「醤油ラーメン」にしても旨いですねぇ^^

 

 

 

 

 

 

 

骨せんべい

DSCN7113b

中骨は、少量の塩をふって5分。
水気を出したらキッチンペーパーで拭き取り、

 

 

 

 

 

 

DSCN7117b
フライパンに多めの油をしいて弱火でじっくり10~15分程揚げると、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN7130b

骨せんべいになります。
これは良いおつまみになりますよ^^

 

 

 

 

 

フライ

DSCN7100b

「塩こしょうしたタチウオの切り身」を、
「小麦粉」>「溶き卵」>「パン粉」の順につけ、

 

 

 

 

 

DSCN7101b

180℃の油で3分ほど揚げるだけ~^^

 

 

 

 

 

 

DSCN7109b

タチウオのフライは定番メニューですね^^

 

 

 

 

 

 

炙りのお刺身

タチウオは皮を引けない魚として有名ですね。

しかし皮はけっこう口に残るので、
お刺身にするなら私は意地でも皮をとります(笑)

 

 

そんなわけで、

DSCN6438b

炙りが簡単でおいしいです^^

 

「腹身」には当然ですが「腹骨」があるので、
真ん中の部位を炙りにすると簡単です。

 

ガスバーナーがあれば一番てっとりばやいですが、
ないときは串に刺して直火でもいけます。

 

 

 

 

DSCN6801b

炙ってから冷蔵庫で冷まさすと脂質が変わってしまうので、
食べる直前にさっと炙るのがおすすめです^^

 

 

 

 

 

 

塩焼き・ムニエル

DSCN6803b

まずは塩焼きですよね~^^

もちろんとても美味しいですが、
ひと手間加えてムニエルにするとまた別格かと思います^^

 

 

 

 

 

 

DSCN6446b

ムニエルは、まず塩こしょうします。
こしょう強めでスパイシーもいいですね^^

 

 

 

 

 

 

DSCN6449b

次いで、片栗粉か、なければ小麦粉をまぶして余分をはたきます。

 

オリーブオイルでしっかり両面を焼いてパリッと仕上げ、
最後にバターを絡めて風味をつけます。

 

 

 

 

DSCN6456b

レモンの酸味とパリッとした触感がまた絶妙です^^

 

 

料理初挑戦の方でも決して難しくないタチウオ料理。
あとはたくさん釣れるよう腕を磨くばかりですね^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top