ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



初のマグロ船で達人を見た日  (p_q)(2013/10/09)

カツオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2013/10/6(日)
船宿 五エム丸
竿 ダイワ(Daiwa) GOUIN BULL HH-220
リール シマノ(SHIMANO) ティアグラ30A
仕掛け ハリス20~26号1本針6メートル、ジャイアンとキハダ16号
ビシとテンビン チドリ式天秤108式 MH型   青物バスター80号
水温 25 度
葉山沖:澄み、ゆるい  棚60-80m
パターン 大潮4日目  (干潮11:44)
月輝面 +1.4% 月齢1.1
北東、ほどほど
波高 0.5-1M
天候 曇り/晴れ
船の釣果 キハダ:26㌔(右舷トモ2番)、28㌔(左舷トモ3番)  
自己釣果(左舷ミヨシ2番目) 0

 

ええっ?! 五エム丸がカツオ船終了!?

 

DSCN4458b

そ・ん・な…orz。

 

あまりのショックで、開店一番、

 

「カツオやめちゃったんですか(T-T;)」

とどうしようもないことを聞く私

 

 

真治船長いわく、カツオがイワシに夢中でコマセを食わなくなってしまったのだそうです。状況次第ではまたやるかもしれないということなので、復活を願わずにはいられません。

 

こればかりは自然が相手ですから仕方ありませんね…(ノTдT)

 

 

 

 

 

DSCN4465b

ということで、
今回はマグロ船です~^^

 

 

カツオが釣れるかもしれませんしね^^

 

DSCN4474b

と思っていたら、朝からでっかいカツオとヒラソーダを数名の方がゲット。

 

私は釣れませんでしたが…。

 

 

好調かと思いきや…?

 

DSCN4478b

クルージングしながらの流しで、
船中2回ほど「当たり」があったものの惜しくもハリス切れで…。
(※追記:私ではありません)

 

 

 

 

DSCN4496b

 状況が一変したのは午前11時過ぎです。

 

 

「あれ、当たんない?

誰に当たってもおかしくないんだけどな」

 

と船長が言い出します。

 

「すごいよ、マグロに囲まれちゃってるよ」

 

えええどんなどんな?

 

 

DSCN4493b

 

しかし、誰にもヒットせず、
そんな状況を見かねて船長が再度のアナウンス。

 

「他船で、ハリス4~5号で試したんだって。
そしたらマグロ、バンバン当たったってよ?」

 

ハリス4~5号って、
またまた船長、真鯛でもあるまいし(笑)

 

食い渋りにはハリスを細くせよ、ということですが、このアナウンスで、「本日仲良くさせていただいたミヨシのおじ様」は16号に変更し、私も26号から20号に落としました。

 

 

直後

DSCN4509b

右舷トモ2番目の方にヒット!

 

 

 

 

DSCN4517b

周囲の方のサポートもあり、サメに甘噛みされたものの
無事26㌔をゲット!

やっぱマグロはいいですねぇ^^

おめでとうございます!

 

 

しかしハリス24号と聞いて、
26号に戻す私

 

 

さて、このやり取りの際、

「マグロに囲まれてる

という状態を確認するために、わたくし船室にお邪魔して
ソナーを確認(笑)

 

DSCN4499b

すげげ~!

マグロが常に、船の周囲をぐるぐる回ってるじゃないですか!

 

ん??

船の周りをぐるぐる

 

ということは、どの席でヒットしても本当におかしくないんですね。
ワラサやカツオ等、青物のように釣り座はそこまで関係ない…?

 

 

このあとも、ときおりソナーを確認していましたが、
多い時でこの3倍、少なくとも10匹以上の大きなマグロが

 

 

DSCN4502b

常にウヨウヨしています^^;

 

その割りに食いが渋いですね…。

 

 

 

DSCN4527b

今日の潮は澄んでいましたから、
カツオだったら状況は悪くないはずですが…。

 

真鯛のように警戒心の高いマグロには
澄み潮はよくないのでしょうか。

だから細ハリス?

たしかに、
潮が濁っているときは太ハリスでも食うような…。

 

 

船長はほかにもこんなアナウンスをしていました。

 

「あれ?棚、下がっちゃったな。10メートル下げて~」

「あ、一人だけ棚10メートル下の人がいるよ~。コマセげちゃうとマグロが嫌がって一緒に下がっちゃうから、棚下がったら食わなくなるだけだからね。じゃあ、いいや85メートル。これ以上は落とさないでね」

 

なるほどメモメモ、
食い渋ったときのマグロはけっこう
チームワークが大事だぞと…。

 

 

 

そして

DSCN4473b

左舷トモ3番目の「I様の竿」が大きく揺れて「瞬殺」されたとき、
「本日仲良くしてくださったミヨシのおじ様」がこんなことを。

 

「Iさん今日も当たってるよ。すごいな~。あの人、
高志船長の船で4回連続でマグロ釣ってるんだよ」

 

「…」

 

よよ4回連続ゲット!?

 

(;゚ロ゚ノ)ノ

 

 

「ヒット」じゃなく「ゲット」です。

 

とんでもない発言、それを聞いてしまっては

観察するしかないじゃないですか…

 

(p_q)ジー

 

 

 

自分の竿そっちのけで見ていると、
すぐに気づいたのがハリスの長さ

 

「仕掛けをたぐっているときの動作」と「コマセをしゃくり上げる動作」を何回もガン見しましたが、間違いないです、最低でもハリス8メートル以上、いや9メートルはあるように思えます。(目測なのであしからずご了承ください)

 

つまり真鯛だと思えばいいわけですね^^

 

 

 

で、

DSCN4519b

I様の竿に再びヒット!

また!?

置き竿が大きく跳ねて「瞬殺」かと思いきや
道糸が滑り出し第一関門クリア!

凄ごごごご!!
数少ない当たりを2度も!?

 

このとき、「私の仕掛け」が6メートル、
「となりのおじ様の仕掛け」は7メートルでしたから、
これはどうもハリスの長さ以外に、

 

I様特有の秘密があるに違いない!

 

 

 

 

 

このとき私は


DSCN4519c

見逃しませんでした…。

 

 

 

 

I様のコマセが

DSCN4519d

午後2時だというのにまだ新品同様なのを…。

 

もはや真鯛釣りのような長ハリスでのマグロ釣り、
マグロの警戒心が「真鯛並み」に高いのは言うまでもありませんが、
これはマセの鮮度についても同様に違いありません><!

 

 

「長ハリス」x「コマセの鮮度」

 

あとは獲るのみ…!!

 

DSCN4518b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしこの日はどう考えても相手が悪く、
サメの数が多いこと多いこと! 1個体もかなりの大きさです

 

はたしてI様、サメゾーンを突破するために残り100メートルまではウィンチでやり取りし、マグロの体力を奪った後の電動MAXで道糸を手繰り、勝負に出ます。

 

船長も操船でカバー、ちょっとずつ船を流して
サメの数を減らそうという作戦で…。

 

 

 

 

 

とうとう

DSCN4521b

 

 

 

 



DSCN4522b

 

 

 

 

 

DSCN4523b

 

 

 

 

 

DSCN4525b

 

いやぁ、お見事!

誰もがサメにやられると思っていたでしょうけど、
完全体での28㌔、素晴らしい!

 

「強運」も必要そうですね^^;
ハリスは24号だそうです。

 

 

今回私はノーヒットでしたが、
いろいろ勉強になった1日でした^^

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • malmal

    ごまプリン様
    いつも楽しく拝見させてもらっています
    マグロ残念でしたね、、

    前回の加工オキアミは、大変興味深い考察でした!!
    日曜日の釣りには持参されたんでしょうか?
    うま味がアップしたオキアミの方がマグロがよってくる、、、?

    • malmalさん、こんばんわ^^

      いやぁ、当ブログ初のコメントです、嬉しい!
      いつも読んでくださってありがとうございます^^

      さて、加工オキアミに関してですね、
      しっかり持って行きましたよ~。みりん漬けにしたコマセも同様に^^

      しかし「みりん」は、大失敗です(汗)

      今回、ヒラソーダさえヒットがなかったのは、
      「みりん」コマセのせいだと思っています^^;

      だって酒くさいです~^^;

      アミノ酸にかんしては、
      まだ釣れていないのでなんとも言えません(汗)

      良いと思ったから入れたのですが、どうなんでしょうね…。
      今後も試す予定ではいます^^

      ただ、ひとつだけ言えるのは、私がマグロをヒットさせたときの餌は、
      いずれも塩をまぶしただけの「シンプルな3Lのオキアミ」だということです^^

      今回の釣行で私は、猛烈に「コマセが重要」だと思い知りました。
      「つけ餌」よりもです。

      これに関しては、いずれ記事にするつもりですので、
      ぜひまた見てくださいね!

Go To Top
Top