ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

次 » »



初心者でもマルイカ スソ脱出計画その1!~スッテ、仕掛け、タックルメモ~(2015/06/05)

マルイカ釣行記



 釣行データ
釣行日 2015/6/5(金)
船宿 五エム丸 / マルイカ
竿 ダイワ(Daiwa) A-ブリッツ タチウオ M-195
リール ダイワ(Daiwa)スポルザ150R
仕掛け図 仕掛け図  直結
水温 20.1℃
カメギ根沖: 薄濁り ゆるい 15~40m
パターン 中潮2日目  (満潮 5:46 干潮:12:49) 
月輝面 -92.8% 月齢18
北、弱い
波高 0-0.5M
天候 曇り
船の釣果 マルイカ:23-84 杯
自己釣果(左舷胴の間) マルイカ:    77 杯  (ムギ1)

DSCN6190bマルイカはくそ小さいからきっと面白くないっ!ヽ(`Д´;)ノ

 

と決め込んで今まで手を出さずにきましたが(^o^;)

 

 

 

アタリがくそ

小さくて…( ; ゜Д゜)

 

 

DSCN6289b

ムズ面白いっすね~(σ≧▽≦)σ

 

 

 

 

DSCN6188b前回はマグレで64杯 (^o^;)

 

 

 

DSCN6286b今回もマグレで77杯取れました(^o^;)

 

 

 

DSCN5945bでも最初は訳がわからず船長にスッテを選んでもらったもんです( ̄▽ ̄)

 

というわけで今回は、はじめのうち迷いやすいスッテや仕掛け、タックルについてのごく基本的なことについてメモしてみたいと思います^^ 

 

 

 

基本的なスッテの知識 

DSCN5927b

えっ?! 

 

こんなにカラフルなスッテなのに 「ケイムラ系」とか「ピンク系」とか分類できるんですんか?!

 

最初はこんなレベルから始まったわたくし(^o^;) 

 

 

DSCN5932b

一見メチャクチャに見える色でも、そのスッテには「ケイムラ系」とか「ブルー系」とかの系統があるそうな。

 

 

 

DSCN5934b

その見分け方は… 

 

 

 

DSCN5934c

超簡単!ヽ(`Д´;)ノ

 

基本ボディ色で判断します。どう見てもカラフルにしか見えない派手なスッテも、まずはボディ色で判断します。

 

そして実際の見え方は、

 

 

umi2

(暗い海の中を模して) 光に透かすと予測できるそうな^^

 

 

 

 

DSCN5989b

たとえばこのスッテ。

 

パッと見は「布巻きのレインボー」ですが、
ボディはクリアな「ピンク」。

 

 

DSCN6001b

光に透かすとボディ色で屈折し、布の色で柔らかく拡散します。

 

色の分類は…しづらいですが、

一応「ピンク系」ですかね(^o^;)

 

 

 

DSCN6291b

布巻きスッテの定番は「ゼブラ」でしょうか。

 

状況を選ばない「茶色」と
濁り潮に強い「黄色」を持ってると重宝しますぞ^^ 

 

※2017年追記:最近は布系を使っている方をあまり見なくなりました^^; 

 

 

DSCN6002b

そしてガス糸巻きのスッテは、

 

 

 

DSCN6004b

布より光を通しにくい感じです。

 

 

 

 

DSCN6253bなかでもグリーンはなかなかの実力派。
日並みを選ばず強い印象です^^

 

 

 

DSCN6301b

こちらはメタルです。

 

 

補足================= 
※スッテの種類は、その沈み具合によって「メタル」「シンキング」「フローティング」の3種類があります。基本は「シンキング」。店頭に置いてあるスッテのほとんどはシンキングです。

「フローティング」は通常、ブランコ仕掛けのみで使用します。
================= 

 

 

  

DSCN6300b

メタルは他のスッテと違い「重い」ので、スッテの一番上に配置すると、竿を叩いたとき仕掛けの動きが良くなるそうです。

 

浅場で使用している方はあまり見かけませんが、中深場で動きの伝達が鈍いときなどに、より実力を発揮するようです。

 

  

  

DSCN5994bまたウェイト入りのスッテも、

 

 

 

DSCN5999b

シンキングの中では誘い効果の高いスッテです。

 

 

 

 

 

DSCN5946bほかオイル入のものは、 

 

 

 

 

DSCN5947b

竿を叩く(シェイクする)と中身が分散して
これがアピールになるそうです。

 

 

とまあ色んな種類がありますけれど^^;

 

 

DSCN6030b

スッテの基本はクリアタイプ

 

daiwa宮澤さんの解説ページを引用しますと、

「基本的には、最近流行りの布をまとっていないクリア(はだか)なタイプをメーンにするのが無難だろう。ケイムラボディーとピンクボディーを交互に配色しながら、間に緑や黄色を上下や中間にコマセヅノとして配置する」

 

とあります。

 

もっとも日によってアタリスッテがコロコロ変わるマルイカ釣り。

 

 

 

DSCN6037b

スッテは本当に好みだと思いますが、

 

 

 

 

20150530_131814b浅場のマルイカはだいたい小さいので、

 

 

 

 

20150530_081931b

チビエビ3.5は人にも人気です(笑)

 

どの色も実績が高く、個人的にはグリーンと黄色がお気に入り。

 

 

 

20150530_074800b

ほかFNネオンツートンがやたらと強い日があったり、

 

 

 

 

DSCN6270b

FNブルのグリーンにしか乗らない流しがあったりと、

 

 

 

 

DSCN6080b

ま~スッテ地獄ですね(笑)

 

 

 

 

DSCN6303b

ほか一番安いハダカボディのスッテを購入して
オリジナルスッテを作るのも面白いです。

 

マッキー で塗るだけ…

 

と船長に教えてもらいました(^o^;)

 

今のところ黄色いボディに赤マッキーを塗ったものが高実績を誇っております(笑)

 

 

 

DSCN6293b配色の一例です。決まりごとはありませんが、同色は一つ見破られたら全滅するので並べません。

 

そして下のスッテにイカが掛かると手返しが悪くなるため、アタリスッテは真ん中より上に配色し直すようにします。

 

※追記:

イカの活性次第ではイカが上に浮いてこないときもあります。ですから配置換えは状況次第。下でアタリがあったスッテは下につけたままにしておくのも一手です。

 

また、スッテの良し悪しは日時や海況によって変化します。青系がよかったりピンク系が良かったりと様々ですので、触らないと思ったらどんどんスッテを変えてアタリスッテを探しましょう!

 

 

DSCN6293f

 

DSCN6293eイカが色盲って本当なんですかね^^;

 

 

 

 

直ブラ仕掛け

DSCN5949f

アタリのわかりやすさは面白さに直結しますっヽ(`Д´;)ノ 

 

それでいて取り込みでバラすと失意のどん底に落ちますっ!ヽ(`Д´;)ノ 

 

というわけで、まずは「アタリがわかりやすくバラしにくい」という「直ブラ」からはじめて、取り込みに慣れてきたら「手返しの早さ」を求めて「直結」にするというのはいかがでしょう^^

 

 

daiwa1

仕掛け作りが面倒くさければ直ブラリーダーというのが売っています。浅場のときは幹間100センチ、本数は5本で十分でしょうか^^

 

 

 

 

DSCN6040b

部品をバラバラで買うなら

 

 

DSCN4059b

ビーズ周辺の結びは「八の字結び」さえできれば結べます。 

 

 

 

daiwa2ほか直結ブラリーダーというのも売っています。手返し重視のため上3本を「直結」にし、下2本を「直ブラ」にしてバラシを防止するという組み合わせです。この組み合わせも人気ありますね^^

 

 

 

直結仕掛け

DSCN6038b 

 

直結仕掛けは「スナイプビーズ」を介して
スッテを脱着できるようにします。

 

 

DSCN6196b1.スナイプビーズにハリスを通します。 

 

 

DSCN6197b2.同じ穴に、もう一度ハリスを通して折り返します。 

 

 

DSCN6200b

3.ハリスの先端に八の字結びでコブを作ります。

 

3mmのスナイプビーズに対し、ハリス4号なら八の字結び1回、ハリス3号以下を扱う場合はすっぽ抜け防止のため2重にコブを作ることをおすすめします^^

※追記:どうやらスナイプビーズの穴の大きさにはムラがあるようです。2重コブだけでは抜けてしまうこともあるので、より確実な方法を紹介します。

ハリスの太さにかかわらず、2番の後、ハリスの先端にもう一本「別のハリス」をあてがいます。そうしてハリスを2重にした状態で、八の字結びを行います。「別のハリス」の余分をカットすれば出来上がりです。メインのハリス、別のハリスともに、わたしは4号で作成しています。

 

こうして作った輪っかを、

 

 

DSCN6206b

カンナに引っ掛けて、締めます。

 

※追記:輪っかはカンナの中央に引っ掛けます。12本あったら6本と6本の間に引っかけます。 中途半端な場所にひっかけるとすっぽ抜けることがあるのでご注意ください^^;

 

 

DSCN6205b

できあがりー^^

 

 

DSCN6209c

一番上と一番下に「10号くらいの小さなローリングスイベル」をつけると糸ヨレ解消になります。もちろんすべてのスッテにつけても良いです。

 

※追記:ローリングスイベルをすべてのスッテにつけると、糸ヨレは起きにくくなりますが回転方向のアタリ(震え系)が消えやすくなります。腕と相談してスイベルは減らせるなら一番上だけに減らすと良いかもしれません。

 

 

maruika_shikakezu

わたしの仕掛けは(達人の仕掛けを参考に)こんな感じです^^

 

 

 

DSCN6268bなお、底にオモリをつけたまま誘うと「根掛かり」することがありますので「捨て糸」は付けるにこしたことはありません。

 

わたしは4号の幹糸に対し、2号の捨て糸で対応しています。

※追記:実際に根掛かりしてハリスを切りたい場合、捨て糸2号だとやや切りにくいため最近は1.5号を使用しています。ただし、仕掛け投入時、なにかに引っかかるとオモリだけ飛んで行く確率も増えるのでご注意です^^;

 

 

リーダーシステムのすすめ

DSCN5969c

ぐああああ道糸が

竿に絡んだっ!(`д´/;)/

 

なんて経験はないでしょうか^^;

 

マルイカ釣りのPEラインは1号前後と非常に細いため、取り込みの際にPEラインが竿に絡みがちです。

 

こうなると再投入が遅れるばかりか最悪ライン切れなんてことも。

 

 

 

DSCN6148b

そんなライントラブルを解消するため「リーダーシステム」を組みます。

 

「リーダーシステム」とか言われると

 

うっ

 

と拒絶反応を示される方もおられるかもしれませんが(^o^;)

 

サルカンを使用しないで
PEラインとハリスを直接結ぶだけです。

 

一度リーダーシステムを組んでしまえば、一番上のスッテギリギリのところまでハリスを巻き取ることもできますし、PEラインと竿が直接、干渉することなく糸絡みを防げます。

 

また、下のほうについたイカも
素早く取り込むことができますね。

 

PEラインとハリスを結ぶには、ルアーでおなじみの摩擦系ノット、

FGノットが向いています。

 

 

DSCN6218b

見てください(笑)

こんなにヘタクソでも結節強度が保てるほど摩擦系ノットは強いです。

 

FGノットで一番難しいと感じるのはおそらく「編み込み」ですが、PEラインの色が飴色に変わるほど締めるという点さえクリアすれば摩擦系ノットは非常に強いです。

 

最初は細ラインだと難しいかもしれませんので
太めのラインで練習すると良いと思います。

 

 

 

S__40714246bそれでも難しいと感じたらEZノッターラインツイスター(電動)というような(FGノットの編み込みを補助してくれる)器具もありますぞ^^

 

 

 

 

マルイカの竿とリール 

maruika-saizensen

ダイワ商品であれば、詳しくはマルイカ最前線に竿とリールの選び方が載っています。

 

 

shimanoTV

シマノTVも参考になりますね^^

 

基本的に浅場は柔らかめの竿で攻めるのが主流のようですが、

 

叩く。

止める。(アタリを見る)

掛ける!(`д´/;)/

 

この三点を重視して攻めるマルイカ釣りのこと、

繊細なアタリを見るため穂先は柔らかく、「叩く」「掛ける」といった操作性を確保するため胴は硬いほうがやりやすいと感じております。

 

使用してみた竿の一例を挙げますと、

 

 

DSCN6130b

たとえば「深場向き」とされるメタリアMH-150。

 

深場向きなので非常に硬く、浅場に多いマイクロ級のアタリを取るのは難しいです。

 

対して「浅場向き」とされるレッドチューンM-140は、負荷をかけると胴まで曲がる6:4調子の非常に柔らかい竿です。

 

柔らかいのでアタリはわかりやすいです。しかし柔らかいのでどうしても叩きづらいです。また胴まで柔らかいので、反射的に掛けても間に合わないことが多くなるかもしれません。

 

こういったバランスを考えて好みの竿を探すことになるわけですが、浅場のマルイカは竿で半分勝負が決まると思いますので、慎重に選んでくださいね^^

 

※追記
2016年のゼロテン竿「極鋭ゲームMC-150AGS」のインプレッションはこちら

2017年のゼロテン竿極鋭マルイカレッドチューンMCの動作確認youtubeはこちら

ゼロテンションの攻略についてはこちら

 

DSCN6296bリールは間違いなくダブルハンドルをお選びください!

 

イカを掛けたら反射的にリーリングしますので、ハンドルが一つしかないと咄嗟にハンドルを握れず「空振り」することがあります

 

浅場のみで使用するなら100サイズの軽い「エアド」や「スティーレ」「ステファーノ」、中深場も考慮に入れてリールの剛性を確保するなら「スパルタン」など、

 

いずれも「ハンドル1回転あたりの巻き取り長」が70センチ前後のハイスピード仕様を選びます。

 

→ダイワメーカーのリール一覧 

 

 

竿置き

20150530_065844b第一精工の「フリースタンド 」と「置太郎 」を組み合わせて使用する方が多いです。置き太郎は「オモリ置き」として使用するみたいですね。

 

  

DSCN6228bチョイ置きホルダーは比較的リーズナブルで使い勝手も良いのですが
船穴の間隔でしか設置できないのが玉にキズ。

 

 

DSCN9705bチョイ置きキーパーは好きな位置に固定できるので
混雑時の微妙な調整も可能です。

 

またツノマットは直結仕掛けをセットできるので便利です。とりあえずスッテを掛けておきたいときや、スッテの本数を投入器の穴数以上につけたいときなど、あると便利です。

 

 

オモリについて

20150530_071630e

マルイカといえば「落下速度が速く」「感度の良い」タングステンが有名ですが、タングステンは高価すぎるので根掛かりの可能性がある浅場には向きません^^;

 

スカリータイプにしましょう!

 

六角、または六宝タイプは
落下速度が遅いので避けたほうが無難です

 

軽いほど感度が上がりますが、あまりに軽いとなかなか落ちないので30号くらいが無難かなと個人的には思います^^(浅場なら30-40号、水深50-70メートルなら50号、水深80メートル以深なら60号が目安です)

 

 

 

カンナを研ぐ

DSCN6219b針先が鈍くなれば当然、掛かりが悪くなります。その針先をピカピカに復活してくれる「カンナくん大成功です!ⅱ

 

写真のものは11センチと14センチに対応しています。

 

ちょっと値段は張るんですが
一つ持ってると重宝しますぞ^^

 

 

DSCN6140b

歯ブラシは…

 

 

 

20150530_105141b

あったほうがいいですね^^ 

 

 

 

※追記

DSCN6550b

いつの間にか勝手に飛び出して、勝手にお亡くなりになるイカさんの哀れな事故を防ぐため、「魚飛出し防止ネット」なるものを使いはじめました。

 

 

 

DSCN6565b

あると便利です^^ 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • 吉村 高志

    いつも楽しみに拝見しています。
    マルイカの角のセレクト難しいですよね(笑)
    自分は本体の色被さっている布やストッキングの色等の複合した発色を見る為ブラックライトを使っています(家でしか使えませんが(苦笑))。
    そうすると、同じケイムラ系でも布が被さっている事で発色が異なっている事に気が付きました。
    特に2色成型物は微妙な発色が異なり、乗りのデーターも異なってきます。潮の濁り具合や澄み具合、水温などの環境の変化により乗って来るスッテも異なって来るんだろうと思います(苦笑)。
    実際自分はその辺のデーター取りに3年かかりました(笑)。
    研究熱心でいつもポジティブなごまプリンさん、応援しています。

    • 吉村さんコメントありがとうございます(*^^*)

      データとりに3年って…(笑)
      さてはプロですね…(笑)

      まだまだ手探りなので大変貴重なコメントに大感謝です( ☆∀☆)ピキン

      ブラックライト…

      買ってしまいそうです(笑)

      • 吉村高志

        定かではないですが、イカはどうやら紫外線を通したかたちでの色別をしているらしく、紫外線による発色で反応する様ですね(笑)
        この件で東海大学の海洋学部までヒアリングしてしまいました(笑)
        よって、人の目では確認する事も出来ないトワイライトゾーン(深場のイカ)でも彼らは角を識別し抱いて来るんだろうと・・・・(笑)
        一日の中でも今までブルー系が強かったのが、急にピンク系に変ったりとかありますよね?
        それは潮の濁り具合とかに関わって来る話らしいです。
        実際この角は鉄板だよ~と船頭から言われた角を便所でブラックライトを当てて見ると全く想像とは異なる発色をしていたり、イカの気持ちで角を勉強する羽目になりますね(爆笑)

        • あります!
          今までブルーに反応してたのに次の流しではグリーンとか全然あります!(笑)

          確かにヤリイカは水深200メートルで
          どうやってツノを識別しているのか謎でした。

          なるほど紫外線ですか…( ; ゜Д゜)

          それにしてもすばらしいリサーチ力ですね!見習いたいです(*^^*)

          てゆうか…

          吉村さんさてはイカですね!?((笑)

          • 吉村高志

            (笑)( ̄▽ ̄;)
            まぁ、イカ釣に填まったオヤジはオヤジかも知れませんね(笑)
            これは釣全般に言える事かも知れませんが、アタリが出るのも出ないのも、先ずターゲットと一番最初にコンタクトを取るのは、針(角)ですからね(笑)
            ここにターゲットがコンタクトをとって貰わない事には釣その物が成立しませんからね(笑)
            最近の釣は釣方にお金が使われている傾向が強い気がしますが、イカ釣の船頭さんに言わせると新しい角と新しいハリスが好釣果を呼ぶと言われており、まぁ、角を売る立場からすると甚だ迷惑な話ですがこれも又、しかりだと思います。
            とかく釣人は自信の引出しの中身を出したがらないのが常ですが、ごまプリンさんのブログを拝見してると、これから釣を始める方には最高の教材だと思いました。
            是非これからも飽く無き探求心を以て書き続けて下さいね(^ω^)

            • ターゲットと一番最初にコンタクトを取るのはツノ…

              名言頂きました( ☆∀☆)ピキン
              なんといいますか、多くの引き出しを開けてくださり、大変勉強になっております。

              ありがとうございます!

              とても刺激になっています…( ☆∀☆)ピキン
              だんだん書くのが遅くなっている昨今ですが(^o^;)
              これからも頑張って書きますので、今後ともよろしくお願いいたします(*^^*)

              • 吉村 高志

                大間のマグロ漁師さんも、針は…ですよね(o^^o)

                • いやぁ~針(スッテ)の選択は本当に重要ですね!
                  6月13日もそうでしたが、当たるときはほんと同じスッテに抱いてくるのでビックリです^^

Go To Top
Top