ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



観音崎タチウオ好調も事件発生でテンションヘコヘコ~( iдi )攻略法まとめ(2014/01/25)

タチウオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/1/25(土)
船宿 川崎つり幸 / タチウオ
竿 ダイワ(Daiwa) A-ブリッツ タチウオ M-195
リール ダイワ(Daiwa) レオブリッツ 270MM
仕掛け ハリス8号3メートル2本針(自作
ヤマリア(YAMARIA) タチウオ針 WF 2/0
オーロラスレッズ(ケイムラ、ピンク、蛍光)、ムラムラパイプ
ちもとホタル
テンビン ヤマリアK型天秤50cm
水温 11℃
観音崎:濁り、ゆるい~速い  棚70~80m
パターン 長潮  (満潮 10:58)  
月輝面 -40.5% 月齢23.7
南西、弱い
波高 0-0.5M
天候 晴れ
船の釣果 タチウオ:  12,10,9,5,5,4(6人)
自己釣果(左舷ミヨシ) タチウオ:       12本 

 

やってもうた~

 

朝から財布を忘れて顔面蒼白ながら

「いつも乗ってくれてるからいいよ^^」とツケにしてくださった
「つり幸」に感謝して「タチウオ船」に乗船です~

 

 

 

さて…。

 

水温も11℃とだいぶ下がり心配だったタチウオの活性も
ふたを開けてみればなんのその。

 

「観音崎タチウオはこれからが旬なのか?!」
と言わんばかりに9時の時点でタチウオ7本と絶好調~^^

 

 

 

 

 

 

 

140125tachic

この時期は本当に型がいいですね!
ドラゴン級も上がり、写真の映りもいいかんじでした^^

 

 

いい感じ….

 

 

写真いい感じだったんです。

 

 

 

 

…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ始まって以来の危機

私のブログは、写真点数の多さが特徴…かと思います

 

時系列に写真をならべるのが好きでした。

 

何よりへたくそな文章がごまけるので「写真は釣果と同じくらい大切」です。

 

 

であるのに…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12時…。

 

 

手元を撮影するために一旦、
船べりにカメラを置いたんです。

 

 

 

 

…ぽちゃん。

 

 

 

 

(゚◇゚)

 

 

 

 

 

(゚◇゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

━━━(°Д°;)━( °Д)━(  °)━(  )━(°; )━(Д°;)━(°Д°;)!!!!!

 

 

 

 

 

ぶくぶくと泡を出しながら沈んでいく
大切な写真データたち…。

 

 

 

思いのほかゆっくりと、
スローモーションで沈んでいきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タチウオ攻略はまず集中力???

20140125_121038B

カメラを落としてからはズタボロでした…。

 

 

釣り方は体が覚えているので「当たり」はあるものの、

 

 

 

 

あっ、バレた。

 

あっ、またバレた

 

 

 

 

タチウオの当たりになかなか「集中」できず…。

 

 

 

 

 

 

ε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ

 

 

 

20140125_121451B

集中力、大事。

 

 

 

 

 

 

 

 

マイセオリー

 

自分のなかでだいぶセオリーが確立してきましたので
釣法をまとめてみました^^

 

20140125_123139b

 

 

 

1投目はロングストローク釣法

タチウオの当たり(触り)を探るために、1投目はだいたいロングストロークで攻めます。これで当たりがあるなら、ちまちまと同じ棚を攻めていては時間がもったいないからです。

 

しかし、ロングストローク釣法では「当たり」を「本当たり」に変えるのは難しいため、当たりの有無にかかわらず1投目以外は「おじさん釣法」に切り替えます。

 

もしくは、「当たり棚まで素早く餌を移動させる」という目的でロングストローク釣法を使用します。

 

================================
ロングストローク釣法とは:

竿先を2mシャクりあげては、リールを2巻き(約1m)しつつ竿先を2m下げ、1寸の間をおいて、再びシャクり上げる。
================================ 

 

 

 

 

おじさん釣法

毎度紹介している同釣法ですが、覚えるならまずはコレ。テンポよくシャクることで幅広い棚を短時間で攻略します。何より「活性の低いタチウオをやる気にさせる釣法」であり、指示棚のうち「浅い棚」でのヒットを可能にします。

 

私の場合、海底から3~6mまでは「ロングストローク釣法」で誘い、以降6m以浅からは、「おじさん釣法」に切り替えて誘い上げ、8~15mでヒットする、というのがもっとも多く釣果をあげているパターンです。たとえ指示棚が海底から4~6mであったとしてもです。

 

やっている人は、
…まあ少ないですねぇ

 

 

 

================================
おじさん釣法とは:

海面まで下げた竿先を、目線よりやや下くらいまでスッと「柔らかめ」に誘いあげ、ここで1秒ほど待って、リールを一巻きしながら竿先を下げます。

すぐにちょん、とテンポをつけるように海面で1回、竿先を動かしてから、ふたたび目線よりやや下くらいまでスッと、「柔らかめ」に誘いあげます。
================================

 

※「目線よりやや下の高さで1秒(弱)待つ」…この動作は、手前まつりを防ぐ、または、タチウオが目標を定める時間を与えるために重要な動作かと思います。腕が辛い場合は、竿を下げたときに1秒(弱)待っても有効かと思います。

 

 

 

 

 

おじさん釣法改:ゆらゆらブレンド

もっともポピュラーな釣り方でしょうか。基本はおじさん釣法と変わりませんが、ゆらゆら誘うぶん棚を探るには時間がかかるため、たとえば4~6mなど限られた棚を狙うとき有効な釣法です。

 

================================
おじさん釣法改~ユラユラブレンドとは:

海面で竿先をユラユラさせてタチウオを誘い、2~5回ほどユラユラさせたら、竿先をゆ~っくりと目線の高さまで聞きあげます。1秒ほど待ち、当たりがなければリールをひと巻きしながら竿先を下げ、再びユラユラとタチウオを誘います。
================================

 

 

 

 

 

MIX

潮って常に変化していますよね。
潮の流れ次第でタチウオの機嫌はコロコロ変わるように思います。

 

だいたい潮が緩いときは「おじさん釣法改:ゆらゆらブレンド」が有効ですが、潮どまり前後や、潮流れの速いときは、「おじさん釣法」が有利と感じます。

 

もしくは低活性時のタチウオは棚が低いことが多いため、たとえば海底から8mまでは、「おじさん釣法改:ゆらゆらブレンド」で誘いあげ、8m以浅では、「おじさん釣法」で誘いあげるというのも有効です。

 

いくらでも派生できるので面白いですね^^

 

 

 

 

周囲の状況次第では

自分だけ釣れない場合は
「おじさん釣法改:ユラユラブレンド」にて固定棚に切り替えます

観音崎の場合はだいたい6~10m、8m前後で当たることが多いです。

 

 

 

 

 

 

ガツンと本当たり

ガツンときたら言うまでもなく電動MAXで確実にフッキング~!!

しかし大型タチウオが掛かった場合は、やや電動パワーを加減し「針穴が広がる」のを防ぎます。「取り込みバラシ」のリスクはできるだけないほうがいいですね^^

 

 

 

 

 

前当たり

「前当たり」の感触は竿の調子によっても違いますから、
ここで詳細に触れるのはやめておきます。

 

しかし前回沼津で学んだ餌取り対処がまず有効でした^^

 

また、タチウオは一度餌にロックオンすると同餌に「執着」するため、
「何回か同じ棚を探りなおす」というのは竿に関係なく有効かと思います。

 

 

 

 

 

 

20140125_140646b

結局、12時以降はすべてバラしてしまいましたが

 

 

 

 

20140125_140725b

釣れれば型はデカいので満足でしたョ~^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Hiroyuki Nishihata

    慣れれば本数はあまり関係ないですよ。
    Max20本までやったことがあるけれど、仕掛け捌きと手返しの関係で11~13本で落ち着いています。
    それでも活性が低くて下の方ばかりしか乗ってこない時は大変です。
    んで、途中にサルカンが付いているのはもちろん撚りが掛からないようにする為もありますが、こんな時は上を切って、9本、5本と減らしていきます。
    私が行くイカはアカイカ(関東ではマルイカ、日本海ではシロイカ)、剣先イカですが、一晩、と言っても夕方から24時までですが247杯が最高記録です。
    但し、竿を3本出してましたが・・・・。
    こうなると完全に漁師ですね、笑。
    このシーズンは何度か船頭の名前で市場に水揚げして、シーボーグを新調しましたよ。
    角にサバが来るようならやっぱ5本までかなあ・・・。

    • 赤いか247!
      それは儲かりそうですね笑

      五エムだとマルイカ船がでているので、
      いずれ挑戦しようかと思います^^

  • Hiroyuki Nishihata

    ゴメンナサイ。そんな深いところのイカは釣ったことないです。
    だいたい水深80mまで、錘も80号が最大です。
    海底まで下すのかなあ???
    それならひょっとしたら参考になるかも知れませんが・・・。
    私が使うのは浮スッテ2.5、3.0号(ヤマシタとヨーヅリでサイズが違う)13本仕掛け。全長約35mです。幹糸4~6号、エダス3~4号、枝は全て回転ビーズ使用(一番絡まない)
    上から、道糸のスナップサルカンから開設すると、
    チチワ⇒1.5ヒロ、①枝12cm⇒1.0ヒロ、②同左⇒・・・・・とつづきますが、
    ①~④までの枝間1.0ヒロ、④と⑤の間にサルカン、④~⑧までの枝間1.5ヒロ、⑧と⑨の間にサルカン、⑧~⑫までの枝間2.0ヒロ、⑩と⑪の間にサルカン、⑫~⑬の枝間1.0ヒロ、⑬と錘間0.5ヒロ。
    枝長①~④12cm、⑤~⑧22cm、⑨~⑫30cm、⑬40~50cm
    てな感じです。
    イカは遊泳層が広くて活性の高いイカは上に上がってくる、活性が高いと警戒心が薄いので枝が短い方がスッテが活発に動く、枝間が短くても乗ってくる。逆に活性が低いと海底近くにいて枝、枝間が短いと見破られる。
    初心者???だと13本35mはちょっときついかな。Max8本位にした方が手前祭りも少なくて手返しが早くその方が良いかも・・・・。現時点で到達している仕掛けです。
    水深が深くて、錘が重いようなら手が切れるので、幹糸を柔らかいナイロンで太くした方が良いですよ。
    参考までに・・・・。

    • なるほど、
      イカの活性棚によって仕掛けを使い分けるのですね^^

      とても参考になります。
      ありがとうございます~(^^

      んが、完全にプロ仕様ですね笑

      私は本当に通年イカ初心者でして、
      いつもツノ五本くらいでやってます笑

      しかも本当に欲しいのは寒サバだったりしますので汗
      仕掛けはブランコオンリーです^^

      もう少しレベルが上がったら
      …いやあ、13本は漁師レベルですよ笑

  • Hiroyuki Nishihata

    「五エム丸」でヤリイカですか???
    「つり幸丸」に借金払いにイカ(行か)にゃあ・・・・。
    仕掛けは「ブランコ」「直ブラ」「直結」どれでやるの???
    錘は? 水深は? スッテは何本?・・・。
    行くときはご一報ください。「福洋丸」イカ釣り名人が秘密のブランコ仕掛けを伝授しちゃいましょうか・・・・。
    関西の人には教えないけど・・・・。

    • イカはおそらく州の崎か沖の瀬、
      スルメが当たるかヤリが当たるかは
      お楽しみ袋状態かと思います(*^^*)

      水深は深めで200メートル前後でしょうか。
      行ってみないとわかりません~(^^)/

      秘伝?!!
      是非!!!!

      ブログ読者も大喜びじゃないでしょうか(*^^*)

      イカは年一回行くかどうかですので、
      毎年初心者ですー笑

      あ、錘はおそらく120~150、
      プラツノ11~14cm,です。

  • Hiroyuki Nishihata

    いやあ大変でしたね。カメラ。
    カメラが撃沈し、動転しながらの竿頭はさすがですね。
    でも、「喝」・・・「大喝」です。
    船べりに大事なものを置くなんて・・・・。素人臭い。。。。。
    なんて・・・、私の竿とリールも琵琶湖に2つ、瀬戸内海に1つ沈んでいます・・・。
    水温低下のタチウオの当たりは渋いですね。先日の私の釣りも渋かった。
    24日の私の工夫。
    仕掛けは下からテンヤ(イワシを針金で巻く)、ハリス10号矢引き、集魚灯(ルミカ ビット赤)、回転ビーズ、10号枝針40cmにサンマの切り身(三枚下しの斜め切り)、ハリス半ヒロ、道糸。
    当日23匹の内7割が枝針での釣果。
    問題は枝針。最初普通のタチウオ針を使っていたのですが、どうしても針に乗らない。
    テンヤに来た時はグイッグイッって感じの当たり、枝に来た時はコツコツと言う当たり、これに合わない。エサの端ばかりかじられている。
    ウーン、エサを小さくしたい・・・、
    どうせチモトは蛍光パイプで保護されているのでと、針をムツのネムリ針に変更、サンマ切り身の背中側の黒いところの半分を切り短くし、ムツ針を縫い込むようにセット。
    これが大正解でした。合わせの確率が格段に上がりましよ。
    エサが小さい分一口で食べるのか・・・、針先がねむっている分全て口の端に針掛かり、パイプに傷一つなくハリス切れも無く好調でした。
    当たりがあっても乗らない時に一度お試しあれ・・・。
    釣り座右舷胴中、船中8名 23、21、14、13、11、10、10、8
    ずっとリードされていた隣の地元名人(右舷ミヨシ)に、この針で最後の1時間で逆転しました。

    • 西畑さんこんにちは!

      だははー(*^^*)私素人です!

      いやはや竿ガシラおめでとうございます!!!!
      めちゃくちゃ参考になりますよ!!!!

      テンション上がりますねー!
      今すぐにでも試したいくらいです。

      週末はイカの予定でしたが
      またまたタチウオやるかもしれません笑
      どんだけかー笑

      ありがとうございます(*^^*)

Go To Top
Top