ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



タチウオ快進撃!(2014/07/20)

タチウオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/7/20(日)
船宿 川崎つり幸 / タチウオ
竿 ダイワ(Daiwa) A-ブリッツ タチウオ M-195
リール ダイワ(Daiwa) レオブリッツ 270MM
仕掛け ハリス8号3メートル2本針(自作
ヤマリア(YAMARIA) タチウオ針 WF 2/0
ムラムラパイプ(ケイムラ、紫)
Wクレン親子 5×7号
テンビン 夢の天秤ヒラマサ1.5ー60cm
水温 22℃
富津~金谷沖: 濁り、ゆるい  メインの棚:40~60、90~120m
パターン 小潮3日目  (満潮 10:27 干潮:15:31) 
月輝面 -39.2% 月齢22.8
北東、弱い
波高 0-0.5M
天候 曇りのち晴れ
船の釣果 タチウオ餌:0-22 (別船ルアータチウオ:5-20)
ほか白ムツ、シマガツオ、マトウダイ等
自己釣果(左舷ミヨシ) タチウオ:     22  シマガツオ:2   白ムツ:5

DSCN4673b

ここのところ「海堡周辺」のごく浅いポイントで
タチウオ釣れまくってますね!

 

 

 

 

 

DSCN4669b

というわけで、本日のタックルは浅場に対応すべくLTを用意。
万が一の不調に備えて電動リールも用意しました^^

 

電動リールはあくまでも「予備」です。

誰しもがライトタックル」を準備していたと思います。

 

 

 

 

 

…であるのに…

 

 

 

まさかって…(°д°)…。

 

 

 

調だて…(°д°;)…。

 

 

 

 

 

ねぇ…(;゚;Д;゚;)ダラダラダラ

 

 

 

 

 

 

DSCN4680b

日はどうも調子が悪いみたいですからね、

深場からやってみます」

 

 

 

ゃ~船長、聞こえませ~ん

 

 

 

 

これはもう紛れもなく
霊魚タチウオ」からの宣戦布告

 

 

 

 

 

 

usopyon2

 

むしろ萌えてキタ━―━―━―ヾ(ΦωΦ*)ノ―━―━―━!!! 

 

 

※本当はションボリしてました。

 

 

 

 

 

 

 

金谷沖タチウオ

DSCN4681b

そんなわけで場所は金谷沖、電動リールにて深場からのスタートです。

 

水深は120m。

指示棚は底から15mとまるで「冬場」のよう

どうやらタチウオはやる気がないようです

 

しかし船長によれば、この時期のタチウオは、ベイト(小魚)やルアーに反応して次第に「浮いてくる」のだとか…!

 

 

…( ✧Д✧)ピキーン

 

 

…ならば誘いまくって

活性を上げるのみ!…ψ(`∇´;)ψ

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4714b

いつものように「おじさん釣法」でしゃくり上げていると、

 

 

 

 

 

 

DSCN4682b

キタ━―━―━―ヾ(ΦωΦ*)ノ―━―━―━!!! 

 

幸先よく10m付近でヒットぉ!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4677b 

しかしこれは単発のモーニングサービスで、

 

 

 

 

 

DSCN4688b

どういうわけかしばらくの間「白ムツ」の猛攻を受けることに…

 

 

 

 

 

 

DSCN4714b

それでもめげずにシャクり続けていると、

 

 

 

 

 

 

DSCN4690b

たま~にヒット。

「お触り」のみでなかなか食い込んでくれません

 

 

 

 

 

 

DSCN4692b

驚いたのはルアーマンです。

 

華麗なるシャクりの動作で
タチウオをコンスタントに掛けております!ヽ(`Д´;)ノ

しかしその半数は「スレ掛かり」によるもの…。

どうやら「ルアー」の動きに反応して近づいてきたタチウオを

サクッ 

と掛けているようであります!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

対して餌釣りの場合、「スレ掛かり」はまずありません

 

確実に食わせる必要があります。

 

「お触り」では釣れず…。

 

 

 

 

…釣れない…

 

 

 

 

…(°Д°;

 

 

 

 

 

DSCN4694b

そうこうしている間にとうとう棚が「上下」しはじめました

 

 

 

「30~60m!」

 

「あっ、潜った。50~80m!」

 

「40~70m!」

 

 

 

まったくもって追いきれず

 

どうしろってゆうの~ε=ε=ε= 。・゚(゚ノT-T)ノ

 

 

 

 

 

考察

DSCN4698b

こんなとき「餌釣り」はどう対処すれば良いのでしょうか。

 

問題は2点あります。

 

ひとつには「棚が広範囲」であること。

 

「餌釣り」はルアーのようにガンガン攻められないため、どうしても「広範囲の棚」を攻めるのに時間がかかってしまいます。

 

そのため、よう~やく「当たり棚」を見つけても、ひとたびタチウオの気が変わればコロッと「棚」が変動し、ふたたび一から棚を探り直さねばならず、これではラチがあきません。

 

この日ばかりは、比較的すばやく棚を探れる「おじさん釣法」ですらじれったく、かといって「ロングストローク釣法」では「お触り」すらない状況でも~じれったいのなんの…

 

素早く「当たり棚」を探れる方法があれば
釣果も伸びると思うのですが…。

 

 

 

 

 

DSCN4707b

二つ目の問題は、恐らくですがタチウオに「食い気がない」、つまりタチウオは「ベイトに反応して遊んでいるだけかもしれない」ということです。

 

「お触りは」あっても「食い込み」に至らない…。

 

釣れるためには、どうしてもタチウオに
「針まで飲み込んでもらう」必要があります。

 

これには、

 

 

 

 

DSCN4702c

リアクションバイトさせるのが手っとりばやいと思うのですが…

 

 

 

 

 

素早く探って

「当たり棚」を見つけつつ

 

 

 

「間」を作ってタチウオを

 

 

…からのぉ…

 

 

 

アクションイト!!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

 

このヒントをくれたのは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4715b

なんと若きルアーマン!!

 

そのシャクリ動作を見ていたら…

 

 

….突然、

( ✧Д✧)ヒラメキーノ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ごまプリン流・新「4321、111釣法」

DSCN4714b

まず指示棚より5mほど深く仕掛けを落とし、仕掛けが潮に馴染むのを待ってから、5m巻き上げます。たいていこれで糸フケがとれます。

 

 

 

アピール
  1. コマセ釣りのように竿先を大~きく振り上げ、リールを4回巻きます。(※リール1巻き50cmとします。)
  2. 竿先を頭上まで振り上げ、リールを3回巻きます。
  3. 竿先を目線の高さまで振り上げ、リールを2回巻きます。
  4. 竿先を目線よりやや下まで振り上げ、リールを1回巻きます。

 

1~4を素早く行います。5m巻いたことになります。素早く巻くのでこの間のタチウオのヒットはマレですが、ルアーに掛かるような好奇心の強いタチウオが周辺にいれば、十分にアピールできるかと思います。

 

アピールした上で、誘いに入ります。

 

 

誘い
  1. 海面まで下げた竿先を、目線よりやや下くらいまでスッと「柔らかめ」に誘いあげ、すぐにリールを一巻きしながら竿先を下げます。このとき、当たりが取れないほど竿は下げません。(竿先がややしなっている状態にします)
  2. 下げた竿先を2~3秒ほど止め、当たりを待ちます。
  3. この誘いを3回ほど繰り返し、当たりがなければ「アピール」に戻り、どんどん「当たり棚」を探ります。

 

 

2で竿を止めているときは、竿先を見るようにします。すると手に感触が伝わらない程度の弱い「当たり」が、目で確認できることがあります。

 

当たりが目視できたら、わずかに竿を送り込むか、ゆ~っくり竿を持ち上げると、ココッ!!と針掛かりするパターンがこの日は多かったです。

 

 

 

 

 

 

DSCN4703b

また一度「当たり棚」を見つけたら、棚が変わらないうちに、
手返しよく「当たり棚」を攻めるのが有効なようです。

 

 

 

 

 

 

DSCN4713b

そして活性が良い時間帯には、落とし込んでいる最中にコツコツと触ってくることもあったので、そのときは落下を止め、そこから誘いはじめると、効率良く釣れるときもありました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4711b

相変わらずシマガツオは

 

 

 

 

 

 

DSCN4710b

とんでもねぇ破壊力で邪魔をしてきましたが…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN4718b

本日はバラし多くも22ペラ~ン^^;

 

 

 

 

 

 

DSCN4729b

大満足の一日でございましたよ~^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Hiroyuki Nishihata

    関東ももうタチウオですか?
    大阪湾でもボチボチタッチーの釣果が見られるようになりましたよ。
    私も去年ありました。朝は底しか食わないのに時間とともに棚が分散、何処にいるのか判らない。活性は高いのに針掛かりしない・・・。
    この時、天気も良く透明度もそこそこなので5mはエサが見えていると仮定して、竿は水平、5mくらい素早く巻き上げ5~10秒静止、また5m巻き揚げ、コツっと当たりが来たら即合わせ、すか食らっても触っただけならエサは必ず残っているので、合わせに一瞬腰が引けたタチウオさんに更にエサを見せるために1~2m仕掛けを下し、今度はデッドスローで巻きながら誘う、またコツッときたら即合わせ、コツッが無くなったらエサが無くなったと判断して回収。
    3回に合わせれば1回は掛かります。慣れてくれば確率は上がると思います。
    食い気が無くて触るだけのタチウオに遊ばれてるより、エサをスピーディーに動かしてこっちが遊んでやる方が確率高いと思います。
    タチウオって結構しつこい魚なので一度見つけたエサからはなかなか離れないものですので・・・。
    天秤の上に5m間隔5本針程度の胴突き仕掛けをセットするのも一手かもしれないけれど、回収とエサ付で手返しが悪くなりますね。
    私はまだまだイカ釣りです。

    • 西畑さんこんにちは^^

      食い気のないタチウオに遊ばれるよりこっちが遊んだあげる( 笑)
      まさにそんなイメージがピッタリの日でした!
      より棚が浅い日はもっと楽しめそうです。
      こちらはそろそろマグロ始まりますよ~( 〃▽〃)

Go To Top
Top