ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前



相模湾キハダ・カツオの針選び2017!!

カツオ・キメジ・キハダ考察


DSCN0517b

2017年に新発売となったキハダ針。

 

 

どちらの針も「マキエのオキアミと同調しやすい軽量仕様」を全面に推しだしたキハダ対応の軽量モデルとなっています。

 

OWNERのページには、針の号数に対して適合ハリスが記載されています。針の大きさに対して無理なく結べるハリスが選べるので、ありがたいですね。

 

ただ、針の形状はどちらもヒネリなしの早掛け仕様。どちらかと言うと近年流行の「手持ちスタイル」で、アタリを取ってカンヌキに掛けていくための針と言えそうです。

 

また軽量針であることから、「ふかせ釣り」で、
活きイワシの負担を軽減させるのにも貢献しそうな針ですね^^

 

DSCN0562b

結びは「南方延縄結び」
保険で「ノットガード」を一吹きすればより安心でしょうか^^

 

キハダ・カツオの針選び

DSCN0550b

独断と偏見により今年活躍しそうな針を並べてみました^^

(パソコンで画像をクリックすると高解像度版が見れます。スマホの場合は画像を長押しして「新しいタブで画像を開く」を選択)

 

基本的には、

 

  • キハダ… 鋭い魚歯を避けたい。また、魚を横向きにさせて体力を奪いやすくしたい⇨ カンヌキに掛けたい…針先にネムリ・ヒネリがあり、飲まれにくく、カンヌキに掛かりやすいタイプの針
  • カツオ… 口が弱いため上顎・または上顎に近い部位に掛けたい…針先がストレートでヒネリ・ネムリが少ないタイプの針(アタリを取って早掛けできる)

 

となりそうですが、年々変化する魚の状況に合わせ
針の流行も変わってくるかもしれません。

 

今年はどんな針が活躍するのでしょうか^^

 

キハダ・カツオの入門針は…? 

2015a

キハダ・カツオの入門針といえば「INTERHOOKメジ・ヒラマサ」が扱いやすくて個人的にはお勧めです。

 

「マグロを専門に狙いたいんだ!」と言うなら話は別ですが、カツオを狙いつつマグロも狙ってみたい…!なんて方には、

 

  • カツオ…  針13号・ハリス14号
  • マグロ…  針15号・ハリス20号
  • 何でもいい…針14号・ハリス18号

 

あたりが無難かと思います^^ 

 

その根拠は、

 

dscn8548b

 

  • 環付なので結びに自信がもてる(中村式カン付南方延縄結び、坂本結び等)
  • ヒネリがないのでオキアミが刺しやすい。
  • ヒネリなくカツオの早掛けに対応しつつも、適度なネムリでキハダのカンヌキに掛けやすいバランス形状。初期のストップ&ゴー向き。
  • 環付のわりに軽量。
  • 簡単に言うと扱いやすい。

 

平打ち加工されていないので強さは平凡ですけど、
同針の14号・15号で25㌔オーバーのキハダの実績もあります^^

 

置き竿でキハダを狙うなら…?

2015b2015年の後半はキハダマグロという針にハマりました!

 

ネムリとヒネリがキツく、オキアミが刺しにくい代わりに「飲まれにくさ」にも期待できる針だと思っています^^

 

とはいえ、ハリスを長くするとどんな針でも飲まれ易くなるので…

 

手持ちでアタリを取るようになった年

kihada2016%ef%bd%82

2016年度はすべてオキアミマグロでゲット^^

 

 

DSCN0595b30㌔オーバーのマグロは一度も捕ってないので何とも言えませんけど、今のところ18号で一度も曲げられていません。ネムリ・ヒネリが適度にあり、扱いやすさはジャイアンとキハダマグロに匹敵。

 

強度がある割に軽量な点が気に入ってます。

 

今年も主戦力になりそうです^^

 

おまけ:キハダが好む針の色は…?

DSCN988c

2016年からジャイアンとキハダマグロの「金」バージョンが上州屋オリジナルで限定発売されはじめました。

 

「シルバー」より弱いとされる「金」に需要があるのだから、ちゃんと実績があっての「金」好みなのでしょう。

 

しかしわたしの場合、獲れたキハダはいずれも黒かシルバー。

 

もしかすると、潮色の明るさや、天候、またはベイトの状況により、その日その海域によって、マグロが好む色というのがあるのかもしれません。

 

そうなると、何色が良いかなんて、
ロシアンルーレットでしかありませんよね。

 

強いて言うなら、

 

DSCN0514b

2016年の8月後半、コマセ釣りであるのにキハダがワームに良く喰った時期があるのをご存じでしょうか。

 

この一件以来、ワームは完売。
どこに行っても置いてない状況がシーズン終了まで続きました。

 

わたしはこのワームを買いそびれ、

 

DSCN0597b

それを機にケイムラチューブ

 

DSCN0600b

ケイムラベイトに着目。

 

すると偶然なのかどうか
キハダの連釣が始まりました。

 

DSCN0602b

好みの針にケイムラを塗ってしまうのもアリですね^^

 

DSCN0613b塗り具合の確認はブラックライトでどうぞ(σ≧▽≦)σ 

 

  


web拍手

| 登録タグ:

« « 前


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top