ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



カツオキタ━― ヾ(ΦωΦ* )ノ―━!!針考察その2(2014/09/20)

カツオ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/9/20(土)
船宿 五エム丸/カツオ・キハダ船
竿 ダイワ(Daiwa) GOUIN BULL HH-220
リール シマノ(SHIMANO) ティアグラ30A
仕掛け ハリス14・16号4.5メートル、環付ヒラマサ13・14号   強化チューブ0.8
天秤とショックリーダーの結節具 SSボールベアリング3号  (ショックリーダー:カーボナイロン24号/100lb4m、結節はPRノット) PE8号
水温 25 度
澄み  ゆるい  棚 15~20m
パターン 中潮1日目  (干潮 7:52 満潮 15:02)
月輝面 -15.0% 月齢25.5
北東、ほどほど
波高 0.5-1M
天候 曇りときどき雨
船の釣果 カツオ: 0-4 (最大4.2㌔)  キメジ:2本 (小ぶり)
自己釣果(左舷ミヨシ2番) カツオ: 4


DSCN6838b

本日は五エム丸の「カツオ・キハダ船」に乗ってきました^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6846b

今年はカツオが不漁のせいかまだ9月だというのに船の数がだいぶ少なくなってしまったように思いますが

 

するのはたいていそんなとき…( ✧Д✧)ピキーン

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6850b

そう本日は…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6864b

ほぼクルージングなく…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6926b

大磯周辺にてさながらの巨大ナブラ多数…!!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6928b

スイッチひとつ
釣れそうな気配プンプンでありますっ…!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6880b

しかしなかなかスイッチが入らず本日料理の達人Tさんが…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6865b

怪しげなオーラを漂わせております…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6865c

なんでも「コレをやるとよく釣れる」そうですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

teruteru

縁起が悪いのでぜひ次回は別の「願かけ」をお願いいたします(*≧∀≦*)

 

 

 

…ゴホン(。-_-。;)

 

 

 

 

というわけで午前10時30分!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6904b

太郎丸でのヒットを合図に
その展開は夏模様の兆しカモーン!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

…からのぉぉ…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6917b

ホントニキタ━―━―━―ヾ(ΦωΦ*)ノ―━―━―!!

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6870b

しかし船中の貴重な初ヒットは
あり得ない箇所でのハリス切れというよくわからない結果に

 

サメでしょうか…

 

 

 

…前日の釣果がよくなかったせいか船長も

 

 

 

「あ~あ」

 

 

 

ですって残念~

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6857b

しかしながら本日は

 

 

 

 

 

 

DSCN6861b

もの凄いナブラの数で

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6883b

ヒット連発コレ本当っ!!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、

DSCN6871b

釣ってはオマツリをほどき
怒涛のごとくナブラを追いかけるという

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6909b

昨年さながらのったのであります!ヽ(`Д´;)ノ

 

 

なんと本日は全員ヒットです。

 

ただしサメの被害が尋常ではなく、ちょっとでもモタモタしていると針ごとなくなるか、もしくはカツオゾンビが上がってくるため、「ゴリ巻き」は必須

 

それでいてオマツリでのハリス切れも頻発するため、

 

 

 

 

 

 

DSCN6912b

途中でハリスを14号から16号に変更しました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6862b

また、ど~も動きが早いカツオは「吸い込み」が悪いようなので、ちゅぱっと針を吸い込んでもらうべく「丸掛け」を試しますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

boyon

それでも「竿が跳ねて終了」みたいな食い損ねが多かったため

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6895b

針のサイズもワンランクダウン。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6942b

まあしかし環付き針はやはり

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6945b

デジタルスケールで計量すると非常に重く…

 

 

 

 

 

 

DSCN6585b

ワラサの針と比べればその差は一目瞭然です。

 

もっともワラサより瞬発力のあるカツオですから
これらの針ではだいぶ強度が心配ですが

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6555b

9/12(金)に唯一30㌔のキハダを上げた方の針はなんと「環付き」ですらないヒラマサ系の太軸針14号。(ハリスはなんと12号です…)

 

渋い時はやはり軽めの針が有利なのかも…。

 

 

 

 

 

 

DSCN6951b

というわけで結びに自信があるなら通常のヒラマサ針にするだけでも

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6956b

だいぶ軽くて有利かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6913b

または前回の考察通り、フロート系のアイテムも有効だと思うのです…。(強化チューブはチモトを短くすれば食いに影響はでないと思います)

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6855b

そんなわけで今回のヒットは計7回。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6936b

やや小ぶりではありますが
釣れるってやっぱ楽しいですね~っ(*≧m≦*)

 

なんと本日はボウズなしの最高な一日でした^^

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top