ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

次 » »



お試しアマダイ!(2014/03/01)

アマダイ釣行記



 釣行データ
釣行日 2014/3/1(土)
船宿 五エム丸 / 午後アマダイ
竿 イワ(Daiwa) A-ブリッツ タチウオ M-195
リール シマノプレイズ1000 (貸しリール)
仕掛け1 ハリス3号2.5メートル2本針   ステン親子6×7
丸海津13号  ロングライフクッション 1.2m 30cm
発光玉ソフト・ピンク・3.5号  オモリ80号
テンビン ヤマリアK型天秤50cm  
水温 12℃
葉山沖~江ノ島沖 : 濁り  棚80-100m
パターン 大潮2日目  (干潮 10:49 満潮 16:37)
月輝面 -0.2% 月齢29.2
北東、弱い
波高 0-0.5M
天候 曇りときどき雨
船の釣果 アマダイ:0-4枚(竿頭:左トモ)
ほかカサゴ、オニカサゴ、赤ボラ、ムシカレイ等
自己釣果(右ミヨシ2番) アマダイ:1  赤ボラ:2  沖メバル:1

 

 

 

DSCN0742b

アマダイシーズンも終わりかけの3月1日…。

 

遅ればせながら「五エム丸」にてアマダイ初挑戦です^^

 

アマダイのタックルや仕掛けは
これといった決まりがないので悩みますね~ 

 

 

 

 

 

 

というわけでタックル考察

 

まず、アマダイ釣りは一日中誘い続けるということで、

DSCN0733b

竿掛けには「チョイ置きホルダー」を用意したところ、

 

 

 

 

 

DSCN0741b

なんと
ほとんどの方がロッドキーパーを使用していたのでビックリ

 

 

 

 

 

DSCN0349b

誘うときロッドクランプが邪魔になるので
私は好まないのですが…。

 

どうやらみなさんロッドキーパーを使用して
「仕掛け回収時の利便性」を優先されるみたいです^^;

 

 

 

 

 

そして竿は…。

 

 

 

 

DSCN0754c

なんと、竿は完全に2極化しておりましたヽ(`д´;)/

 

 

まず「置き竿」の方がいたのにはビックリ!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ

 

しかも達人が置き竿?!

という事実に2重にビックリしたものですが、
置き竿ならばその竿は「胴調子」。

 

誘わなくても釣れるのでしょうか

達人の様子を興味深く観察していたところ…。

 

やはり置き竿ながらも所々で誘いを入れており、とにかく手返しの早いこと 2分に1回は付け餌のチェックをしていたように思います。

 

もちろん渋いなか置き竿でアマダイもゲット!

オニカサゴなんかも一人で釣っちゃうのですから
さすがとしか言いようがありません

 

 

 

 

 

そして、「誘って狙う方」の竿は
申し合わせたかのようにみな「先調子」。

 

アマダイの主流は先調子…(。-_-。)?

 

私が用意した竿は、
A-ブリッツ タチウオと7:3調子の竿で
一人浮いた感じがしましたが…

 

結論から言うと、
「腕」に課題多くも「竿」に問題はないかと思います

 

 

 

 

 

 

餌を持参

DSCN0744b

できればオニカサゴも釣りたいですよね^^

 

期待十分に「イカ」や「サンマ」の切り身を用意したところ、

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2144b

 

 「オニなら

オキアミで釣れるけど?」

 

と常連の方にバッサリ~O(≧∇≦)O

 

 

 

 

 

 

 

ほとんど鳥の餌になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、

DSCN0736b

付け餌には支給された「オキアミ」を使用。

 

 

 

 

 

DSCN0752b

コマセではないため完全に溶かす必要はなく、
海水にちょっと漬けたら、あとは自然解凍が良いようです。

 

 

 

 

 

 

 

また、

DSCN0762b

オキアミ用に加工液も持参しました。

 

加工が面倒くさいときは、「みりん」のみでも
オキアミの身を適度に引き締めてくれるのでおすすめです^^

 

真鯛釣りで実績ありますョ~。

 

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

実釣で悩むのは棚?仕掛け?

DSCN0761b

ここ最近は急激な水温低下のせいか、ちょっと渋いみたいですね。
調子が良いときは、城ヶ島沖を狙うみたいですが、本日は葉山沖からスタートしました。

 

 

 

 

 

そうそう、
本日はちょっとしたサプライズがありまして^^

 

なんとfaceBookでお知り合いになったTさんが右隣に
座っていたのですが、最初はまったく気づかず

 

 

 

 

上手な方だな~と思って観察していると、

 

 

DSCN0753b

開始早々、慣れた手つきで誘う誘うヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ
「赤ボラ」や「ムシガレイ」を順調に釣り上げています。

 

 

 

 

…しかし私は、

 

 

 

 

 

 

釣れヽ(゚д゚ヽ)な~い(ノ゚д゚)ノ

 

 

Tさんの正体に気づくことなく必死の形相

 

 

何が違うのかと周囲を観察しながら釣っていると、
真っ先に気になったのが「竿の調子」です。

 

Tさんをはじめ、多くの方が「先調子の利」をいかして
オキアミが跳ねるような動作でさそっているのに対し、

 

 

NCO_3574b

私のA-ブリッツ タチウオ7:3調子。

ピッチをつけるにはちょっと柔らかく….。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真似できない…(゚Д゚;)

エビ跳ねない…。

 

 

こうなったら「エビの舞」はあきらめて
考え方を変えるしかありません

 

そうです…。

 

 

 

 

アマダイ狙いで最も重要なのは

「エビの舞」ではなく

 

のはず…!ヽ(`д´;)/

 

 

 

 

ということで、

DSCN0754b

棚も聞いてみました

 

Tさんはセオリー通りの1m。
置き竿の達人に聞いてもセオリー通りの1m。

 

みなさん着底したら糸ふけをとって、1m巻き上げるところまでは同じ。そこからエビっぽい演出を加えたり、もしくはゆったり誘ったりと、竿先を1mほど聞きあげてはゆったり下げるという動作を繰り返しています。

 

 

 

なあ~んだ棚はみな同じか~

 

 

 

Σ( ̄ロ ̄lll)

 

なのに私だけ釣れないのはなぜ…(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

DSCN0762b

残すところは仕掛け を疑うのみですが、
ここでTさんの仕掛けを盗み見てハッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0726b

Tさんの仕掛けは
枝ス部分が「回転ビーズ」仕様なのに対し、

 

 

 

 

 

 

DSCN0302b

私の枝スは「ステン親子」仕様…。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0756b

そしてTさんが「シモリ浮き」を使用しているのに対して、
私は「ビーズ」のみ。

 

これは…!

 

 

私の仕掛けのほうが
沈んでいるに違いありませんヽ(`д´;)/

 

 

 

 

 

 

さっそく棚を上げてみることにします。

 

着底したら糸ふけを取り、思い切って2m巻き上げ、
そこからスーっと柔らかく竿先を聞き上げると、

 

 

 

 

…ココン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0747b

やっとこさ「赤ボラ」ゲット~^^

 

こんなにも小さな魚に感動するとは本日
渋いかも~ (ノε`*)ププ

 

 

 

 

 

 

慣れてくると、

tana

海底のデコボコ加減にハッとします。

 

船を流しているので水深は常に変化していますから、どの棚で仕掛けを下ろしたかで簡単に1mくらい誤差が出そうです。

 

なるほど、

マメに棚取りをしたほうが釣れる

とはこのことなんですね…。

 

 

 

ここでようやく、

先ほどまではマメに棚取りを

していなかったから釣れなかった。

 

と思うようになります。

 

 

 

 

 

DSCN0759b

そしてベテランの方がオキアミを「抱き合わせ」にして本命をゲットしているのを見て、私も真似することに^^;

 

 

以降、着底したら糸ふけをとって、1.5~2m巻き上げ、ゆったりと1m誘いあげては、ゆったり竿先を下げるという動作を念仏のように繰り返し…。

 

さらには1分に1度、棚を取り直しいると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…ココン

 

 

 

 

クイ、クイ….。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…んあ(ノ°Д°)?

 

 

 

 

 

 

DSCN0764c

おおっ …(゚Д゚;)!

 

 

 

なんと、

DSCN0764b

渋いせいかいつの間にか寝ながら釣っていたようで
アマダイに起こされちゃいました~(ノз`)ペチッ

 

 

 

 

 

 

DSCN0765b

同様にメバルと、


 

 

 

 

 

DSCN0766b

赤ボラを追釣して、

 

 

 

 

 

 

 

DSCN0768b

終了~^^;

 

この釣果はTさんとベテランの方3人分ですから、
どうにも渋い日に来ちゃいましたね~マイッタ

 

Tさんありがとうございました^^

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • Mitsumasa Takano

    毎回の釣行をきちんと記録してるごまさんはエライ!

    • 高野さんこんにちは^^

      ありがとうございます。
      元気いただきました(*^^*)

  • Hiroyuki Nishihata

    いつも楽しませてくれてありがとうございます。
    それはそうと、今後魚の大きさと水深も書いてください。
    その方が想像力が働いて面白いですので・・・・。

    • 西畑さん

      善処します~(^o^;)

      アマダイは目測23センチくらいの
      オチビでした。

  • Hiroyuki Nishihata

    私の場合、接続パーツを使うのはイカのブランコ仕掛け(胴付仕掛け)の時だけですよ。
    それ以外は全部結んでます。その方がエサが自然に潮に馴染みやすいのと、誘いを入れた時にフワッと動くような気がするし、なんかガチャガチャ音がしそうで、魚は金属音を嫌うので警戒するように思います。
    一発大鯛狙いの時は、天秤やサニーカゴ等のサルカンにセキ糸を巻いて音がなるべく出ないようにしてます。
    アマダイって砂に潜ってるから少し下に落とすようにサルカン付けるんかなあ?
    五エム丸さんの仕掛け図には親子サルカンと書いてますね。
    「所変われば仕掛け変わる」ですねえ。

    • 西畑さん

      ところ変われば仕掛け変わる、本当ですね^^

      しかしセキ糸とは徹底してますね!
      サルカンの結接なるほどそう思います。

      進化考察の材料にさせていただきます~(^^)/

  • Hiroyuki Nishihata

    前から思っていたんだけど、関東は何でも親子サルカン使うんですか?
    それともごまプリンさんだけ?
    私は年間を通じてほとんど使わないですが・・・。 ハリス3号では絶対に使わない。船で使うような指導があるの?
    ブリ狙いでも使わない。80号を使う呑ませの底物でもめったに使いません。

    • 西畑さんこんにちは~(^^)/

      アマダイの仕掛けは奥が深いようで、
      見る限りみな違う仕掛けのようです。

      サルカンは、私もイカのときは使いません(*^^*)
      カマスのときは、掛けないと釣れないイメージがあるので
      サルカンを好んで使用します。

      アマダイは、棚がイメージしやすい仕掛けを優先したら、
      自然とサルカンになりました。
      サルカンを使用せずにがんだまを使っていた方もおられます。

      関東というよりは、
      私のサルカン使用率が高いだけかもしれません(^o^;)

Go To Top
Top