ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前



コマセカツオ・マグロの水流を知る【だいぶマニアック】

カツオ・キメジ・キハダ攻略


 

「PEから伝わる魚の水流…」

この文言を動画に入れはじめてから、
カツオ・マグロの水流についてよく質問を頂くようになりました^^

 

「水流ってナニ…」

「どんなふうに感じるの…(꒪⌓꒪)」

 

そこで、私が知る限りの「カツオ・マグロの水流」についてを
当ページにまとめることにしました^^

 

ただし自己流です。

 

ある日、仕掛けの落下中、

 

「ん?このサワサワする違和感はなんだ…?」

 

と、ふと気づいたところから始まっています。

 

あくまで、経験を積み重ねていく過程で、ある程度余裕が生まれたときに感じはじめた「違和感」が最初です。

 

ですのでまだ経験の浅い方がいきなり水流の知識を得ても、むしろ大事なことがおろそかになる可能性があります。水流の知識は知ったから釣れるというたいそうなものではないです。

 

では水流より大事なこととは何でしょうか。

 

コマセで釣るのだからコマセの撒き方です。

 

針とコマセの馴染みをどのように考え攻略するかです。

 

なんだそんなこと、
と思われたら読み飛ばしてください^^;

 

DSCF7561d誤解を恐れずに言うならば付けエサなんて実はどうでもいいです。針から脱落さえしなければ適当な2Lでも喰います。それ以上に重要なのが針とコマセの馴染みです。

 

針をコマセに紛れさせて狡猾な魚を騙し
間違って針を喰わせる
ゲーム
それがコマセ釣りです。

 

…(꒪⌓꒪) キマッタ

 

とくにコマセのイメージが重要な「流しマグロ」の時期になると、マグロの水流がわかる私でも一流のコマセ真鯛師には勝てません。一流のコマセ真鯛師は本当に「流しマグロ」も良く釣ります。それはコマセでの「喰わせる技術」が水流よりはるかに大事であることを意味します。

 

確かに「追いかけっこ」のときは
水流はかなりの戦力になりますけどね…^^;

 

ひとつ、
水流は「コマセ釣り」+αの遊びであることを念頭に
宜しくお願いいたします^^

 



そもそも水流とは?

70368667お風呂に浸かってお湯をかき回すと、かき回したときに発生する水流を肌で感じとることができます。

 

DSC_0062b同様に、魚が泳いだときにも水流が発生しますが、その水流は振動としてPEラインを介し指で感じ取ることができます。

 

これはどういった原理なのでしょうか。

 



水流の原理

watermarkb水流の原理は「糸電話の原理」によく似ています。紙コップ同士を糸で繋ぎ、声という振動を糸を介して相手に伝える糸電話の原理です。

 

このとき、

 

31be00464db8015f795d9cdabbc2fd42糸が張っていないと振動は伝わりません。

 

DSCN0884bコマセ釣りではビシが紙コップに相当します。

 

suiryu2そして糸電話同様、PEライン(糸)は張ってないと振動は伝わりません。ですから指でサミングしながら仕掛けを落とし、仕掛けを落としている最中に「PEラインに触れた指」でビシの振動を感知します。

 

具体例を挙げますと、

・サミングしながら仕掛けを落とす。
・20mで振動を感知。(ここが魚の居場所です)
・20mでビタ止めし、速攻でコマセを撒きはじめ、たとえば3m巻き上げたら、17mが棚となります。

 

こうしてより的確な棚を探り当てるというのが「水流」の遊びです^^

 

以下Q&Aになります。
(当ページのコメント欄、またはFBのコメント欄に質問を頂ければ、わかる範囲で回答を追加させていただきます)

 

Q&A1:水流はどのように感じますか?

人により感じ方が違うので表現が難しいですが、
魚がビシの近くを「サワサワ」と通った感覚です。

 

images条件により大小様々な水流を感じます。たとえば指示棚がカツオ20-30m、マグロ40-50mなど縦に広いナブラであれば、仕掛けの落下中に大小様々な「サワサワ」を断続的に感じます。

 

まれに「サワサワ」どころか「ガッ、ゴッ!」とビシに直接触れたかのような大きな振動を得ることもありますが、これは「濃いナブラがけっこうなスピードでビシのごく近くを通過中」と予測できるためスペシャルリーチ。

 

基本的には手ごたえのある「サワサワ」に当てていきます。

 

もちろん例外もあります。

 

たとえば魚に食い気があって反応が散らばると「サワサワ」は薄くなります。また水深が深くなるほど「サワサワ」はボヤけていきます。

 

つまりどの「サワサワ」が最上の喰い棚かは当ててみないとわかりません。

 

何でもそうですがやればやるほど奥が深くなっていきます^^;

 

Q&A2:エビングでも水流はわかりますか?

残念ながらスピニングリールを扱う釣りでは水流はわかりません。

 

水流を得るにはPEラインをサミングしながら仕掛けを落とす必要がありますが、スピニングリールだとサミングができないからです。

 

Q&A3:カツオマグロ以外でも魚の水流がわかる釣りはありますか?

あります。

・ビシを扱うコマセ釣り
・群れで泳ぐ魚
・水深の浅い魚

この条件であれば水流はわかると思います。魚の活性にもよりますがたとえば「剣崎イサキ」はウリボウでも釣れる日にいくと水流バリバリです。

逆に、

・オモリを扱う釣り(オモリはビシと違い伝達装置として弱いようです)
・水深が深い
・釣りものが泳ぎ回る魚ではない

こういった条件だと水流の感知は難しいかもしれません。
たとえば冬のタチウオなど。 



web拍手

| 登録タグ:

« « 前



スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • 柳沢

    マグロちゃん。
    終わったね・・・・・・
    残念だげど、又来年頑張ろーねw
    プリンちゃん!!

    • 柳さんお疲れ様です‼️
      今年のマグロは後引かずスパッといなくなりましたね笑
      来年はもう少し状況が良くなることを願って…

  • 柳沢

    あはは!! コマセテクはプリンちゃんのお・か・げ♪
    まだまだ行きたい気持ちはあるけどー。
    イカ始まるし-
    アジも食べたいし-
    俺の心は邪念だらけ(笑)
    今週、出れたらまた結果報告すんねw
    プリンちゃんファイナル戦健闘を祈る!!
    デカ取れたら、いいね♪

    • コマセにエビングと邪念だらけでファイナル頑張ります(*`Д´*)
      でもまあ
      今年はカツオも沢山遊べましたし
      デカはちと、
      いやだいぶ物足りないですけど、
      潔く散ってきます(*`Д´*)

  • 柳沢

    プリンちゃん~!
    24日水曜出撃してきたw
    プリンちゃん直伝 「水流殺法」炸裂ww
    メボウ2
    水面バラシ1
    その他・カツオ・カツオ・カツオ(笑)
    脂ノリノリでマジ旨い!!
    超旨い!!!!
    ありがとね~。 プリンちゃん♪
    今日あたり出てそうだね!!
    ガンバってねw
    そうそう、まだデカもいるねW

  • はら ひさし

    いつも楽しみに拝見させて頂いております。
    私はワサワサはビシの上のラインあたりを魚が通ったって感覚がずっとしていて(特に今年のキハダ棚にビシ置いてカツオ棚でかなりの数通過中みたいな)、落下中に違和感が指示棚よりかなり上でも違和感信じてビシ止めてますでしょうか?
    落下中の違和感って、水流の変化でビシの落下スピードが変化するのが一番分かりやすいと思うのですが(リール側が順調にライン出している時に限る)、落下中のワサワサはどうしてもビシより上のライン辺りを魚が通過しているようにしか思えないのですが、ビシの辺りを通過しているってどう判断しているのでしょうか?
    違和感やワサワサあった時点で止めるのが一番魚には近いのはわかりますんで今後は あ〜上だ。。 って諦めないで止めようと思いますが。
    宜しくお願いします。

    • はらさんこんにちは^^

      Qビシの辺りを通過しているってどう判断しているのでしょうか?

      Aビシは仕掛け中最大の伝達媒体だと思っています。そのためビシ付近の振動が最大感度で伝わってきていると予測します。

      たとえば声を遠くまで伝達するために両手を筒状にする、または紙を丸めてメガホンのように口に当てると、拡声器のような役割をします。

      糸電話も同じで、紙コップのように拡声器の役割を果たす媒体がないと、声は届きにくいと思われます。

      同様に、中身が空洞で音が響きやすいビシがコマセ釣りのケースでは最大の伝達媒体(拡声器)と判断しており、水流を感じるのはビシ付近ではないかと判断しています。

      もちろん、はらさんが言われるように、道糸の震えや、ハリスの振動などでも水流は伝わると思っていますが、それは原理的にはより上級者向けの感度かなと思っています。

      またジギング中に感じる水流は、一定のリズムでジャークしている最中、ジグが水を切る感覚に微妙な変化が加わることで感知できます。
      これは一定の動作中に感じる比較的分かりやすい違和感です。ビシの落下中も同様に、一定の動作中に感じる違和感として、比較的得やすい違和感と思っています。

  • shinsuke hasimoto

    追記になりますが、カマスの引っ掛け釣りではオモリがカマスに当たってるんじゃないか?と思えるような感触が得られます。水深200m以上でこの感触が伝わってくるので、20mならかなりリアルに感じることができそうとも思えますね。

    • なるほどです❗
      確かに知り合いの方でオモリ直下に針一個だけつけてバリバリ釣る方がいます。また針だけで直接口に掛かることもあるので、
      カマスはカワハギのように実際オモリに興味を示し触ってくるのかもしれませんね!
      ビシでの水流感知はまた違う感覚(微振動)かもしれません^^

  • Akihiro Kikkawa

    全然わからん・・・(=□=;)

    • だいぶマニアックな話となっております(^^;

      • Akihiro Kikkawa

        手感度ではなく指感度といったところでしょうか・・・

        • まさに指感度ですが、糸から伝わってくるものなので全身を無にして感じるイメージです❗

          • Akihiro Kikkawa

            ありがとうございます。「無」ですね。ラインを何百mも出してしまいそうですが、がんばってみます!(笑)
            今度はコマセの撒き方についてご教授していただければ嬉しいです。

Go To Top
Top