ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



コマセ真鯛のビシと天秤

マダイ・ワラサ攻略


 

長ハリスを使用する真鯛釣りでは、仕掛けの落下中に道糸にからむのを防ぐため、アーム長は60センチ前後と「長め」の天秤を使用するのが一般的です。ただ、それ以外の性能は好みのわかれるところ。

 

はじめて天秤を選ぶ場合は
どんなところがポイントになるのでしょう^^

 

 

 

 

アーム型天秤

 

DSCN5298b

 

アーム型天秤こそ基本中の基本。アームの先端に「弾性」があるため、真鯛の鋭い突っ込みを「いなせる」天秤として、むしろ愛用されている方もおられるかと思います。

 

シンプルで使いやすく、値段も安いので、
私の場合はロスト時の保険として携帯しています^^

 

 

 

 

 

チドリ天秤 108c (マダイ表記のあるもの)

 

DSCN3053b

「当たりをダイレクトに感じられる」というのが半遊動式最大の利点です。鋭い魚の引きに「ビシの重さ」が介入しないため、質の良い「手感度」を得やすいのがいいですね^^

私の場合は「手持ち設計」の竿を使用していたとき、好んでチドリ天秤を使用していました。

 

ただ「形状の複雑さ」が少々やっかいです。船が混み合うと、他人の長ハリスが天秤に絡みやすいかもしれません。

 

 

 

 

 

夢の天秤

 

DSCN5295b
別名、誘い天秤。形状記憶合金でできており、アーム部分がぶらぶら動くので「誘い」が効くそうですね。実際、この天秤に変えてから、コマセワーク中のヒット率がぐんと上がりました^^

 

試しに、竿を煽ったときの「アーム」と「付け餌」の動きを想像してみてください。思わず真鯛が「付け餌」を咥えてしまうような動きが想像できるなら、この天秤は向いていると思いますよ^^

 

なお、

 

DSCN5296b

同じ夢の天秤でも
このようにゴテゴテしているものはオマツリしやすいです
シュリンプカラーシリーズの70センチ、太さ1.2φ なんかはシンプルでいいですね^^

 

 

 

 

 

ビシ

 

もし「アミコマセ」を使用する船宿なら目の細かい「サニービシ」がおすすめですが、「オキアミのみ」をコマセとする場合も「サニービシ」をおすすめします。

DSCN5284b

 

サニービシは「オキアミコマセ」を「ポロポロ出す」ことに長けています。真鯛はたくさんコマセを撒いても釣れません。ポロポロと少量のコマセを撒き、上に誘うイメージで、真鯛を本来の棚である「底」から浮かせ、底にいる餌摂りを回避し、通称「プラス2メートル前後」の棚で食わせるのがセオリーです。

サニービシであれば、
上は1/3前後、下は1センチ(以下)というのが個人的なセオリーです。

 

東京湾・相模湾ではLサイズの80号が標準です。BIGはやめましょう。すぐお腹パンパンです^^;

 

 

 

ちなみにこのサニービシ、どうして赤いかご存知ですか?

「赤」という色は海中では補色にあたり、「青緑」と相殺されて「無色」に見えます。魚にいたずらに警戒心を与えずにすみますね。

 

 

 

DSCN5287b

私は昔、さんざんシルバーの鉄仮面を使用しましたが、ある日まったく釣れず、達人にこう教わりました。

 

「シルバーは餌摂り集めるから難しいね。活性が高ければそれでもいいけど。プラスチックないの? …どうしても鉄仮面がいいなら、黒いつや消しスプレー吹くといいよ」といって、黒い鉄仮面を貸してくださいました。

 

さらに、

「青物でも狙うってんなら、話は別だけどさ」
とシルバーの有用性も教えていただきましたが…。

 

 

このときの「教え」が印象的で、
個人的にはサニービシに落ち着いています^^

 

ただし、サニービシは落下スピードが遅いです。人より早くコマセを撒きたいなら、ダイワのプラビシ、シャベルビシ速攻が色も選べて良いと思います。

 

 

え?
ではどうして私はサニービシなのかって?

 

…。

 

「釣れちゃった」から…。

…かなぁ

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top