ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

« « 前 次 » »



プチ・キハダ解体記 ~保存と食味の記録~

カツオ・キハダ料理


 

キメジ?
…キハダ?

 

10㌔のレギュラーサイズとはいえ…

 

 

DSCN5461b

…台所にのせれば立派なマグロ~^^

 

食べるのには1週間かかりそうですね。

釣れちゃった暁には、しっかり「保存」して
長く楽しみたいですね~^^

 

今回は、「水氷」に浸かったクーラーBOXのなかで一晩「放置」し、
翌日に解体を行いました。

 

 

 

 

 

解体

DSCN5462b

はたして…

 

 

 

 

 

 


 DSCN5463b

15センチの「出刃包丁」で…

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5464b

無事解体しきれるのでしょうか…

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5471b

ここまでは問題ないですね^^

 

 

 

 

 

 

 

…というか、

 

 

 

DSCN5469b

「ペンギン」に見えますね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5473b

問題はここです
なんとしても「カブト焼き」は食べたいです。

 

手が滑ると危ないですから、「布巾」を当てて作業します。

格闘すること10分…

 

 

 

 

 

 

DSCN5477b

なんとか半分に割ることができました^^

 

ただ、頭を断ち切るのは相当な労力です
これ以上の大きさなら冷凍包丁を試してみたいところ

 

 

続きまして、ガスコンロに入れるため、
もう少しだけ分解することにします。

 

エラに沿って包丁を入れると、簡単に「カマ」がとれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5481b

ヒレは料理バサミでチョキ チョキ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5484b

身のない不要な部分をカットします。

体高を落とすために、
「延髄の部分」を包丁でくり抜きました。

 

また、「アゴ周辺のゼラチン質」は大変に美味しいので、
「舌」と「アゴ」の間に包丁を入れ、アゴを残してカットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5485b

でけた~^^

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5559b

焼けば「脂の泉」であります…。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5489b

ハラモも…。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5565b

ご飯3杯コース…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5486b

運よく胃袋も空っぽ!

 

 

 

 

 

 

DSCN5530b

分厚い胃袋は
コリコリで本当に美味しいですね^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5498b

ぎゃ~

失敗じゃ~(ノ><)ノ

 

でも酸化しないようパッパと捌いちゃいます^^

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5515b

中落ちは血合いを避けながら
スプーンで掻きだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

 

DSCN5500b

今回は、

「赤身(背身)」「中トロ(腹身)」と切り分け、
さらに「上」「下」「大トロ」と、
計10個のブロックを作りました。

 

血合いは「腐敗」につながりやすいですから、
可能な限り取り除いたほうが良さそうです。

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5505b

キッチンペーパーで身を包み、できるだけ空気を抜きながら、
ジップロック等で密封しました。

 

4~5日で食べれそうなブロックのみ冷蔵庫
それ以外はレマコムの冷凍ストッカーで急速冷凍です。

 

はたしてお刺身の具合は、5日間でどのように
変化していくのでしょうか^^

 

 

 

 

 

 

捌いた日(2日目)

 

DSCN5521b

この日はお寿司で食べました。
部位は「中トロ」です。

 

歯ごたえを感じながらも、
程よく「しっとり」として…

 

なんて美味しいんでしょう…

 

 

 

 

 

 

DSCN5516c

驚いたのは中落ちです。
想像を超える脂の多さにびっくり…

 

 

「寝かせる」ことで、
本当にこれ以上美味しくなるのでしょうか??

 

 



 

 

 

3日目

 

DSCN5538b

部位は「大トロ」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5544b

正直、ここまでとは…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5552b

こちらは「中トロ」の「下」です。

 

明らかに「色つや」が増し、
味も一段と「濃く」なりました。

 

 

 



 

 

 

 

4日目

DSCN5569b

この日にはじめて、

 

 

 

 

DSCN5570b

悪くなっている部分がありました。
赤みは水分が出やすいのかもしれません。

血の部分から腐敗していますね…。

 

やっぱりキッチンペーパーは
毎日取り替えないとダメなんでしょうかねぇ

 

もっとも、
悪くなっているのはほんの一部です。

 

切り捨ててしまえば、

 

 

 

DSCN5576b

「赤身」の「上」

 

深い色…。

 

濃い味わい…。

 

赤身でありながら、
その食感は溶ける「霜降り」のようです…。

 

(人´∀`).☆.。.:*・°

 

 

 

 

 

DSCN5589b

「漬け丼」も試しました。
トロッとした食感がまたいいですね…。

 

 

 

 

 

 

 

5日目

DSCN5597b

「中トロ」の「上」。

 

 

4日目と5日目はほぼ同等の「食味」でしたので、
10㌔サイズの熟成は4日くらいかと思います。(冷蔵庫0~5℃)

 

これでもかと、毎日、
贅を尽くしておりますが

 

それでも「飽きない」のがマグロの魅惑…。

 

また釣りたいですね~

 

 

 

 

 

 

…あ、

 

 

DSCN5789b

これは「カツオ」です^^

 

今時期のハラミはトロですねぇ。

 

だもんで、
他の釣りものをさしおいても、カツオ船が終わるまでは
なかなかやめられないんですよね~^^;

 

 

 

 


web拍手

| 登録タグ:

« « 前 次 » »


スポンサードリンク

この記事へのコメント

Go To Top
Top