ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

ごまプリンの沖釣りに行こうよ!

船に乗って初めての沖釣り(船釣り)を楽しもう♪ 「初心者さんにもわかりやすく」をモットーに関東の沖釣り情報を発信しています。

攻略

相模湾のカツオ船に乗りたい初心者さんへ

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3208

8月にようやく解禁となるコマセ釣り、「カツオ・キハダ船」

カツオ釣りがはじまると、多くの船がこのお祭りに参戦し、相模湾のあちこちで船団が見られます。

魚が見つかるまではゆったりとクルージングする、というのがカツオ釣りのスタイル…

続きを読む

カツオ・キハダのクッションゴム

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3123

まずはクッションゴムからです^^
クッションゴムは、その使用を禁止している船宿もあります。
なぜなら、切れると危ないからです。

使用OKな船宿の場合は、「クッションゴムは天秤の上につけるのが暗黙の了解」となっています。

もし、↓こんな風に下につけてしまうと…

続きを読む

青物バスターの有利不利

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3126

カツオ・キハダの使用ビシには、大きく分けて2種類あります。
鉄製のビシ(鉄仮面)と、プラスチック製のビシ(青物バスター)です。

どちらを使用するにしても、その特性上、有利不利があるのですが、
私が初心者さんにおすすめしたいのは「青物バスター」です。

その理由についてご説明します。

続きを読む

2015年カツオ・マグロの針選びとおすすめの結び方

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3110b

針の種類も実に様々です。

ここでは、カツオ狙いで「実績のあった針」を紹介しつつ、マグロを視野に入れた場合の注意点を見ていきます。

続きを読む

カツオ・マグロの特徴から天秤を選ぶ

カツオ・キメジ・キハダ攻略

kamoshiAのコピー

キハダマグロを楽に獲りたかったら、とにかく走らせるのが鉄則です。

針に掛かったら、200mでも300mでも走らせる。そうすれば、キハダマグロは一気にスタミナを消耗します。あとはクタクタになったキハダマグロを巻き上げるのみ。

さて、キハダマグロをたくさん走らせるには…

続きを読む

カツオに最適なサルカンとおすすめの結び方

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3119

万能かつポピュラーな結び方で知られる「ダブルクリンチノット」。

しかし、カツオを釣るなら「ダブルクリンチノット」では頼りないです。

続きを読む

ナイロンハリスがダメならなぜ釣れる?

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3112

ハリスといえばフロロカーボンという時代。確かに、ナイロンと比較すると、フロロカーボンはあらゆる点で優れています。
(中略)

しかし、では何故、ナイロンハリスはなくならないのでしょう。釣具屋に足を運べば、たいていナイロンハリスは売っています。

続きを読む

ダイワ(Daiwa) ゴウインブル(GOUIN BULL) HH-220

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN2694

ゴウインブルHH-220はカツオ・マグロ釣りのために購入したお気に入りの一本です。

実勢価格は3万円台とかなりリーズナブルなお値段設定。それでいて、触ってみればとても楽しい^^ おすすめできる1本です。

ただ、アリゲーター技研の名竿「スタンディングエボ」のように、「グラスソリッド100%」にこだわるハンドメイド竿とはやはり違うわけで…

続きを読む

青物バスター+アルファ

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN3923

ステン缶(鉄仮面)って、仕掛けの落下速度が早いですよね。
号数が同じ80号なら、青物バスターはどうしても不利です。

そんなときは…

続きを読む

オマツリの本当の怖さ

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN4331

オマツリしていても、魚が付いているとそう冷静ではいられませんよね^^;

しかし、お互いに道糸を引っ張りあえば、当然、道糸が船下にもぐり込みます。

PEラインは擦れに弱いので…

続きを読む

真鯛の電動リール選び

マダイ・ワラサ攻略

DSCN4935b

10年前の冬…。

当時、極端に活性の低くなった冬の真鯛を釣るには細ハリスが基本でした。私はヒヨっこでしたから、ハリス3号が関の山。しかし当時の達人はみなハリス2.5号です。

続きを読む

コマセマダイに必要な竿の性能

マダイ・ワラサ攻略

DSCN5268b

コマセ真鯛を攻略する竿の性能、それは、
「跳ねない竿」
この一点に尽きますね!

「船のショックを吸収する」竿とも言いますね。しかしこう書くと、「それは置き竿にする場合の話でしょ?」と思われるかもしれませんが、そうでも…

続きを読む

漁師結びのワナ

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN5315b

「すっぽ抜けと結び方のコツ」なんて記事を書いておきながら、ホンっっ当にお恥ずかしい話なんですがやってしまいました。

続きを読む

コマセ真鯛のビシと天秤

マダイ・ワラサ攻略

DSCN5295b

長ハリスを使用する真鯛釣りでは、仕掛けの落下中に道糸にからむのを防ぐため、アーム長は60センチ前後と「長め」の天秤を使用するのが一般的です。ただ、それ以外の性能は好みのわかれるところ。

はじめて天秤を選ぶ場合はどんなところがポイントになるのでしょう^^

続きを読む

真鯛の仕掛け選び

マダイ・ワラサ攻略

DSCN5041b

東京湾・相模湾の真鯛であれば、
細すぎず、太過ぎない3号ハリスが最初はおすすめです。
良型がでるような日並みなら4号で対応しましょう。

ところで、真鯛の口のなかに、指を突っ込んだことありますか?

続きを読む

タチウオの天秤仕掛け

タチウオ攻略

DSCN6485b

タチウオもメーター級となると、中型電動リールが悲鳴をあげるほど強烈な引きを味わえますね。そしてオマツリが発生すると、タチウオの大きさに関係なくその鋭い歯によって、道糸が切れてしまうことがあります。
ですから天秤などの仕掛けは…

続きを読む

タチウオ仕掛けの手前マツリ対策「深海結び」を覚えよう

タチウオ攻略

DSCN6483c

手前マツリすると、たいてい三叉サルカン(ステン親子)の前後でハリスが「知恵の輪」のように絡まってしまいます。

「知恵の輪」をほどくのは大変ですね

ならば「知恵の輪」をほどくのはやめましょう^^

続きを読む

タチウオの自作仕掛けにチャレンジ(準備篇)

タチウオ攻略

DSCN6482c

もっと効率よくたくさん釣りたいっヾ(`Д´)ノ
そう思ってはじめたタチウオの自作仕掛け。

仕掛けのバランスは「市販仕掛け」のコピーで十分かと思います。そのうえで、針やチューブ、ファイバー等、オリジナル要素にこだわって….

続きを読む

タチウオの自作仕掛けにチャレンジ(作成篇)

タチウオ攻略

DSCN6729b

  ※素材の準備にかんしては「準備編」をご覧ください。     ↑今回はバランスが良いと感じる市販仕掛けをコピーしつつ、 オリジナル要素を足してみようかと思います。           私の場合、下針1.6m、枝ス0.5m、幹糸1.6mと、…

続きを読む

メダイの仕掛け

メダイ攻略

DSCN0835c

メダイって可愛いですよね~^^
ちょっとぬるぬるしているので敬遠されがちですが、しかしその可愛い顔に見合わぬ「引きの強さ」で釣り味満点!
外道も多彩でじつに「遊び要素」が多く楽しめる釣りものかと思います^^

続きを読む

瞬殺対策おさらい~熱収縮パイプ~

カツオ・キメジ・キハダ攻略

DSCN5260b

マグロに針を飲まれると、口の中で針掛かりしてしまい、その鋭い歯でハリスが切られることがあります。俗にいう「瞬殺」というやつですね。
そこでみな「瞬殺対策」を講じるわけですが…
…ハリスのチモト部分を「保護」するのも一手ですよね!

続きを読む

カワハギHyper極意伝が凄い!!

カワハギ攻略

20170722_204300c

カワハギフリークのみなさま!!

7月15日発売のカワハギ極遺伝の購入は

もうお済みでしょうかヽ(`Д´;)ノ

いや、久々に釣りの本に飛びついた^^;

なぜならー!!ヽ(`Д´;)ノ

続きを読む

【相模湾キハダ】【筋トレ】手巻きスタンディングファイトに筋トレ必要?!

カツオ・キメジ・キハダ攻略 筋トレ

22730401_1994707120744423_3764091241776010425_nb

わたし思うにヽ(`Д´;)ノ

やっぱ毎日パソコンに向かうだけのもやしっ子にはヽ(`Д´;)ノ

筋トレ必要でしょ!( ;`Д´)/

ファイっ!( ;`Д´)/

続きを読む

Go To Top
Top